シングルマザーが実家で子供と暮らす際のメリット・デメリット

シングルマザーが実家で子供と暮らす際のメリット・デメリット

この記事では、シングルマザーが実家で子供と暮らすメリット・デメリットについてお話します。離婚してシングルマザーになったけれど、実家に帰って子供と暮らすかどうか迷っているという方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

シングルマザーが実家で子供と暮らすメリット
子育ての負担が減る

シングルマザーが実家で子供と暮らすメリットとして、子育ての負担が減るということが挙げられます。実家には自分の親は兄弟が住んでいるため、子育てをする上で助けてほしい時に助けを求めることが出来る環境になります。

 

仕事で保育園への迎えが間に合わない時に、お願いして代わりに子供の迎えに行ってもらったり、子供がかえってきて一人になることがない環境を作ったりすることができます。子育ての負担が減るというのは、とても大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

 

経済的な負担が減る

シングルマザーが実家で子供と暮らすメリットとして、経済的な負担が減るということも挙げられます。もちろん、自分たちが生活する分の食費や光熱費、家賃などを負担する必要はあります。ですが、一から全ての家賃や食費、光熱費などを支払うことを考えると、家族への交渉次第では経済的な負担を減らすことが出来る場合が多いです。

 

シングルマザーが実家で子供と暮らすデメリット
家族に負担がかかる

実家で子供と暮らすことによって、シングルマザーになった娘と孫を快く受け入れてくれる親や兄弟もいますが、そうでない親や兄弟もいます。また、始めは良かったけれど、一緒に暮らすうちに、一緒に暮らすことに対してストレスを感じたり、負担に感じたりするケースも多いです。

 

衝突が増える

ちょっとしたすれ違いなどから、同居を始めた家族と衝突することも増えます。あまり干渉してほしくないのに、実家の両親や兄弟が子育てや私生活に対して口を出してきたり、すれ違いが増えてきたりすると、お互いの関係が悪くなってしまいます。私の友人も、シングルマザーになって実家に帰ったけれど、親の干渉がひどくて一緒に暮らすのがストレスになり、結局家を出て子供と一緒に暮らしているというお母さんが居ますが、ある程度の距離感がある方が関係がいいといっていましたね。家族によっては、距離感が近すぎると衝突が増えてしまうケースもあるということを覚えておきましょう。

 

上手に実家で暮らすためには?
家族のサポートを当たり前と思わない

家族のサポートがあるのを当たり前だと思ってしまうと、態度は次第に横柄になってしまいますし、いかに家族とは言えいい気持ちはしません。自分の親や兄弟なんだから、サポートしてくれて当たり前とは思わないようにしましょう。

 

実家の家族に感謝の気持ちを伝える

家族のサポートを当たり前と思わないということに通じますが、実家の家族にサポートをしてくれる感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。いつも助かっているということを伝えたり、時々家族の好きなものをプレゼントするなど、自分なりに感謝の気持ちを伝えられると、家族ともいい関係が築けますよ。

 

自分でできることは率先してする

家族がいるからと甘えてばかりではなく、自分でできることに関しては率先してするようにしましょう。子供もお母さんと過ごせる時間を楽しみにしているでしょうし、自分の体力に余力があるのであれば、自分ばかりを優先させずに、率先してできることはやるようにしてみてくださいね。ただ、頑張りすぎはよくありませんので、しんどい時や自分の時間が欲しい時は、家族に相談し自分の時間も作るようにしましょう。

 

合わない時には距離をとるのも必要

シングルマザーが実家で子供と一緒に暮らす場合、どうしても家族とうまくいかないと思うのであれば、距離を取って家を出るというのも一つの方法です。近くにいすぎるからこそうまくいかないこともあるかもしれません。距離を取ることで関係性が上手くいくこともありますので、やむ負えない場合は家を出て距離を取るというのも一案です。

 

まとめ

シングルマザーが実家で子供と一緒に暮らすことはメリットも多くありますが、デメリットもあります。ただ、家族だから甘えられる部分ももちろんありますが、親しき中にも礼儀ありです。やってもらって当たり前ではなく、子育てへの協力への感謝はしっかり伝えるようにしましょうね。