コロナ渦で結婚式を挙げる際のポイントは?

コロナ渦で結婚式を挙げる際のポイントは?

この記事では、コロナ渦で結婚式を挙げるポイントについてお話します。結婚を考えているけれど、コロナ渦で結婚式を挙げられるのか不安に思っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

コロナ渦で結婚式は出来る?

コロナ渦で結婚式が挙げられないことに悩むカップルが非常に多いですが、コロナ渦でも結婚式は挙げられます。コロナが蔓延しだした当初は、人が集まることや県をまたいでの移動などに対して注意が必要でしたし、実際今も注意が必要です。ですが、コロナ対策をしながらの生活の中で、少しずつ制限がありながらも日常生活を取り戻しつつあります。結婚式も同様です。

 

  • 適切な参列人数の提案
  • 仕切り(アクリル板)の活用
  • フェイスシールドの着用
  • 円卓同士の距離を空ける

 

結婚式場では、新郎新婦がコロナ渦でも安心して結婚式を挙げられるよう、上記のような様々な対策が取られています。その他にも検温や手指消毒、マスクの着用など基本的な感染対策も当然行われていますよ。

 

コロナ渦で結婚式を挙げる際に心掛けたいことは?
結婚式場に任せっきりにしない

結婚式場のスタッフは結婚式場のプロですが、コロナ渦というこれまでにだれも経験したことのないような状況の中、手探り状態で少しでも新郎新婦にとっていい形で結婚式を挙げられるよう配慮してくれています。ですが、それに甘んじて任せっきりにしてしまうと、実際結婚式当日になって気になるところが色々出てきてしまうかもしれません。

 

ゲストに安心を届けられる結婚式に

結婚式に参列するゲストは、コロナ渦の中で参列してもいいものか少なからず迷います。それでも、自分たちにとって大切な新郎新婦の新しい門出を祝いたいということで参列してくれるわけですから、少しでもゲストに安心を届けられる結婚式にする必要があります。

 

納得できる形での挙式

結婚式場によっては、コロナ渦だからといっても、中止をするならキャンセル料がかかったり、延期をするのもお金がかかったりするところがあります。結婚式場も経営が苦しくなってしまうわけですから、仕方のないことですが、それでは無理にでも結婚式を挙げなければならないということになってしまいますよね。

 

コロナ渦での挙式に不安があるのであれば、まずは式場に問い合わせて延期が可能なのか、また中止をする場合にはキャンセル料がどれくらい発生するのかよく話を聞きましょう。その上で、結婚式を今挙げるのか、挙げる場合はどうすれば安心してゲストにきてもらえるのか考えていくようにしてみてくださいね。

 

まとめ

コロナ渦の中で、結婚式を挙げること自体に対して、消極的になっている方は多いかと思います。ですがwithコロナが主流となりつつあり、感染対策をしながらこれまで通りの生活に戻していこうという流れになってきています。自分一人では悩むことも、旦那さんや結婚式場のプランナーさん、友人、親族などたくさんの人が支えてくれます。一生に一回の特別な日だからこそ、後悔のない素敵な結婚式が出来るといいですね!