子育てコーチングで子どもの能力を伸ばそう

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てコーチングで子どもの能力を伸ばそう

子育てをする中で、自分の力でしっかり問題を解決して、自信を持った子に育ってほしいと願う親御さんはとても多いのではないでしょうか。お子さんが自分の力で問題を解決し、自信を持った子に育つかどうかは、親御さんとの日々のコミュニケーションが重要となってきます。

 

つまり子育てコーチングを知っているか、知っていないかでお子さんとの関わり方もお子さんの育ち方も違ってくるんです。では子育てコーチングって一体どういったことをするのか、みていきましょう!

 

子育てコーチングって何?

コーチングと言う名前だけを聞くと、なにか特別なトレーニングかなと思ってしまいますが、全くそんなことはありません。親子の会話を通して、お子さんの「やる気」と「自信を育てて自己肯定感を高める」ことが出来るんです。この過程が子育てコーチングです。 

 

子育てコーチングは、簡単な工程です。
次の(1)~(3)の工程を親子の対話の中で繰り返し行います。

 

 

(1)親から子への問いかけ
まず親が子どもに「どうしてこうなったんだと思う?」と問いかけます。テストの点数が悪いことや、子どもが失敗してしまったことでもなんでもいいです。この時責め立てず穏やかに問いかけるのがポイントになります。
この問いかけは、お子さんが面と向かっている問題に対して、どう取り組むかという目標を立てるきっかけづくりにもなるので、親も冷静であるべきです。問いかけを重ねるうちに、次第に子ども自身がどうするべきか目標に辿りつくよう持って行くことができるといいですね。

 

(2)子が考える
親の問いかけに対して子どもは考えますが、ここで親が責め立てたり早く回答を促すようなことをしないようにしましょう。子どもが考える時間は、親は根気強く待ちましょう。

 

(3)子が答え、親が傾聴する
子どもから答えが返ってきたら、親はその答えを傾聴します。耳を傾けて、子どもの回答に対してうなずき聞いている姿勢を示しましょう。この“傾聴”は単純なように見えて、実はすごく重要です。私自身も学生の時に対人援助の授業で学びましたが、傾聴をしてはじめて相手に「この人は自分の話を聞いてくれる人だ」ということが伝わります。

 

 

話を聞く時に適当な相槌を打たれたり、なにかをしながら話を聞かれると、話をする気にもなりませんよね。相手の目をみて、相手の話に合わせて相槌を打ち、相手の話時にオウム返しして、表情も話に合わせて変えることも効果的です。お子さんにしっかり話を真剣に聞いているよ、共感しているよということを伝えるようにしましょうね。

 

子育てコーチングのメリット

(1)コミュニケーション力がアップする
コーチングは親子のコミュニケーションを通して、お子さんに考える力を身に付けさせます。親子でたくさんのコミュニケーションを取ることで、人と会話することだけでなく、自分の考えをまとめて伝えるという力がアップしますよ。

 

(2)問題解決へのプロセスを身につけられる
コーチングで自分で問題となる原因を分析する力がつけば、子どもが何か問題にぶち当たった時、自分で原因を分析して解決することが出来ます。問題が解決すれば、自信持つことが出来るので自己肯定感も高くなりますよ。

 

 

(3)物事を色んな角度から考えられる
子育てコーチングの過程で、親子で話し合いをすると色んな視点が見えてきます。それくらい、いろんな角度から原因を分析していくので、柔軟な視点を持つことができるんです。考え方の可能性もひろがりますね。

 

コーチングで注意したいこと

(1)感情的になるのは厳禁
子育てコーチングはお子さんと話し合うことが基本となることから、親が感情的になると台無しです。お子さんが自発的な成長をしようとする前に、「怒られる」とビクビクしたり構えてしまいます。だから感情的にならないようにしましょうね。

 

(2)親の考えを押し付けない
ついつい子どもの口からこちらの思うような言葉が出てこないと、色々口を出したくなりますが、そこはグッと耐えましょう。コーチングはあくまで、子どもが自分で考えることに意義があります。あれこれ親の考えを押し付けてしまうと、全く意味がありませんよ。

 

(3)子どもの考えを否定しない
お子さんがなんとかたどり着いた考えや答えに対して、否定をするのはやめましょう。お子さん自身、自分の考えを否定されるのはとっても辛いですし、すっかり自信もなくなってしまいます。また、親に言っても否定されるだけだという気持ちになってしまいますよ。

 

 

まとめ

普段の子どもとのコミュニケーションで問題ないと思っていても、実はお子さんに対して圧力的だったり、無意識のうちに何かしながら話を聞いていたりします。お子さんがグンと成長できるようなコミュニケーションをとるという意味でも、子育てコーチングを取り入れてみてはいかがでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加