子育て中の家庭に聞きたい!ゲーム機は何歳から買い与える?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て中の家庭に聞きたい!ゲーム機は何歳から買い与える?

子育てをしていると、「ゲーム機が欲しい」というお子さんの要望を耳にする日がやってきます。ひと昔前までは、ゲーム機=男の子の遊びというのが一般的でしたが、最近ではゲーム機は老若男女問わず夢中になる遊びとなっています。

 

でも「ゲームは色々弊害がありそうだな」と思うと、いつ子どもに買い与えたらいいのか迷ってしまいますよね。この記事では、そんなお悩みを解決すべく、どのタイミングで買い与えたらいいのか、購入にあたって事前にしておきたいことも併せてお伝えしていきます。

 

ゲームは何歳から?

特にゲームは何歳からやってもいいという規定はありませんが、子どもにゲーム機を買い与える場合は、お子さんが親との約束事を守れるようになってからが一つの基準となります。約束事を守ることが出来ない年齢の場合は、ゲームを中断するのも一苦労です。親もごねられるのが嫌で、ゲームのやり過ぎを黙認してしまったり、結局無理やり取り上げることになってしまいます。また、やるべきことをやってからゲームをするという習慣をつけるためにも、宿題をするようになる小学生になってからの方がおすすめですよ。

 

 

我が家の長女がゲームを欲しがったのは、小学校1年生の冬です。以前からお友達の家でやらせてもらって、すごく興味はあったみたいですが、どうしても欲しいという意思表示はなかったので、特に親からすすんで買ってあげようということは考えませんでした。でも、結果的にゲームを購入するにあたって一緒に約束事を決めて、お互い納得した上で買い与えることが出来たので、小学生になってからゲームを購入して良かったですよ。

 

ゲームをさせるにあたって約束決めが重要!

ゲームは子どもにとって魅力的ですし、依存しやすいアイテムです。ゲームを与えるのであれば、始めにしっかり約束事を決めなければ後になって守れと言っても守りませんよ。子育てをする上でも、約束事は守ってほしいと願う親御さんはきっと多いですよね。始めに一緒に約束事を確認しておき、守らなかったらゲームは出来ないといったことまで決めておくと、お子さんもゲームをし過ぎるということになりません。

 

我が家は、普段の子育ては主人よりも私のほうが子どもたちとの関わりが大きいのです。でもこういった子育てに関しての子どもとの約束事は、必ず主人を交えて決めています。子どもたちも、“怒ったらパパは怖い”というのをよく理解しているので、下手に約束を破れないということは分かっているようです。ゲーム機を購入することをきっかけに、家族みんなで約束事を決めて、守ることの大切さを伝えることができるといいですね。

 

約束決めのポイント

(1)時間
ゲームに夢中になっていると、あっという間に時間は過ぎてしまいます。子どもが「もうちょっとだけ」と言うので、つい「しょうがないな」と何時間もさせてしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

1時間なら1時間とあらかじめ決めておき、時間が経ったら毅然とした態度で終わりを告げましょう。また、2時間・3時間とする場合には、必ず途中で目を休めさせるようにした方がいいですよ。目が疲れやすくなってしまいます。

 

 

(2)宿題をしてから
我が家では、ゲームは宿題や自主学習をしてからと決めているので、長女は必ず宿題・自主学習をしてからゲームをします。学業をおろそかにしないことが、ゲームを購入する際の約束の一つだったので一生懸命頑張っていますよ。先に宿題を終わらせておけば、お子さん自身も後が楽ですし、親もガミガミ後から言わなくていいので精神的に楽ですね。

 

(3)ゲーム機の持ち出し
我が家は任天堂switchを買い与えましたが、このswitchはテレビにつながなくても、ポータブル仕様となっており、本体画面で遊ぶことが出来ます。購入したての時は「お友達と外でゲームをしたいので持って行っていい?」と聞かれましたが、もしも壊したら修理はしないよということを伝えると、壊したら困るから家で遊ぶと言って持ち出したいと言わなくなりました。

 

外でお友達が壊してしまっても、詳しい状況が分からないし親御さんとのやり取りもややこしかったりするので大変です。だから、あまりゲームは家から持ち出さないほうがいいですよ。

 

(4)オンラインの利用
最近のゲームはオンライン登録をすることで、知らない人と一緒にゲームを楽しむことができます。我が家も長女のハマっているゲームが、オンライン登録をしなければ楽しくないということで、オンライン登録をしました。オンライン登録をするにあたって、興味本位で知らない人とやり取りせずに、学校のお友達で親御さんが良いよと言った子とだけフレンド登録をして、一緒にオンライン上でゲームを楽しむという形をとっています。

 

 

インターネットの普及している時代ですし、いい機会なのでオンラインの便利さと同時に、知らない人とやり取りする怖さも一緒に伝えるようにしていますよ。

 

まとめ

子育てをする中で、子どもにゲーム機を与えるタイミングはとっても迷いますよね。確かに、ゲームに依存しすぎたりゲームの内容によっては、子どもに悪い影響を及ぼすのではないかと心配になります。でも、事前のゲームをするための約束事をしっかり決めておけば、お子さんも約束を守って楽しく遊ぶことが出来ますし、ゲーム機によっては“見守り設定”を利用して、子どものゲーム選択に制限をかけることも可能です。子どもでも安心して遊ばせられるゲーム機を選択するというのも、とても大事なことですね。せっかく子どもが喜ぶアイテムなので、家族みんなで楽しく利用しましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加