日々の子育てにモンテッソーリ教育を取り入れるには?!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

日々の子育てにモンテッソーリ教育を取り入れるには?!

この記事では、世界中から注目され続けている“モンテッソーリ教育”についてお話します。子育てしているとよく耳にする“モンテッソーリ教育”を、子育ての中に活かしたいけれど、どうやって取り入れたらいいか分からないという方は、非常に多いかと思います。

 

“モンテッソーリ教育”を日々の子育てに取り入れるために、おすすめしたい本もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

モンテッソーリ教育って何?

モンテッソーリ教育は、教育者であったマリア・モンテッソーリが確立した教育法です。「子どもが自分を育てる力」に着目し、子どもの自主性を育てること、そのための環境と自由を意識したメソッドが、モンテッソーリ教育です。

 

モンテッソーリ教育は“自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる”ことを、目標としているんですよ!
参考資料:日本モンテッソーリ教育綜合研究所

 

日々の子育てで実践できるの?

モンテッソーリ教育は科学的な視点から子どもたちを観察し、確立された教育法です。このモンテッソーリ教育を取り入れている幼稚園や保育園、さらには専用の教具もあります。だから日々の子育てで実践するなんて、ちょっとできないんじゃないかと思われるかもしれません。

 

確かに、専門的なモンテッソーリ教育は特殊な感じがしますよね。

  • 感覚教育
  • 言語教育
  • 算数教育
  • 文化教育
  • 日常生活での体験

 

上記に挙げた、モンテッソーリ教育のメソッドだけでも、一見なんだか小難しそうで専門的に感じます。でもモンテッソーリ教育の基本は、今私たちがしている子育ての中にも活かすことができるんです。

 

モンテッソーリ教育を取り入れるには?

モンテッソーリ教育で重視したいのが、“子どもの自主性を育てる”ことです。そして自主性を育てるために必要なのが、“環境”となります。子どもは環境を整えることで、普段つい親がやってしまいがちな先回りがなくても、自分から行動して自分のことをすることができるんです。
では、その実践はどうすればいいのでしょうか?

 

モンテッソーリ教育を子育てに活かしたいと思っているのであれば、モンテッソーリ教育に関しての著書が沢山あります。だから、その中でも自分が取り入れやすそうな本を、選択するのが一番です。また最近ではモンテッソーリ教育を取り入れた知育教室や幼稚園・保育園も多くあるので、事前に見学したり資料を取り寄せて入園を検討するのもいいですね。

 

日々の子育てに取り入れるならこの本!

私がモンテッソーリ教育関係の本で、一番実践向きだなと感じたのが、「0~6歳の子育てで気づきたい100のこと モンテッソーリ子育て~はじまりはお家から~」(文化出版局 / 監修・藤原愉美)です。「モンテッソーリ教育」と聞くと、一見堅苦しそうに聞こえますが、この本は実際に子育てにどう活かせばいいんだろうというお悩みを解決してくれる面白い本ですよ。

 

(1)子どもが手伝える環境
私もそうなのですが、子育ての中でどうしても大人は自分の仕事の効率化を図りたいために、子どもの「お手伝いしたい」を受けれることができない場合が多いです。自分の気持ちや時間に余裕がないと、なかなか快くさせてあげられないですよね。でも、このしたい時にさせるとうのは、子どもの自主性につながります。

 

我が家は三女がいままさにお手伝いしたいブームの到来なので、お米を研いだり掃除をしたり、なんでもやろうとしてくれます。初めは「今は何もない」と言っていたのですが、大人になって少しでも家のことを手伝ってほしいという自分の野望を叶えるためにも、三女にお願いすることにしました。

 

そのために、彼女が自由に使える端切れやフロア掃除のワイパーを彼女の手の届くところにおいて置いています。自分の気が向いた時に、掃除をしてくれていますよ。長女、次女の時にはやらなかったので、もったいなかったなと後悔しているくらいです。

 

(2)子どもが片づけられる環境
子どもにおもちゃを片付けないとガミガミ起こる前に、おもちゃが帰って休む場所を作ってあげると、子どもは喜んで片づけるようになります。おもちゃを決まった場所へ片づけるためには、子どもが分かりやすく片付けやすい場所を作っておく必要がありますよ。大人が片づけやすいではなく、子どもがおもちゃをポンっと入れやすい大きなボックスや、小物を入れる蓋つきの缶などがおすすめです。そして、決まった場所に置くというのがポイントになりますよ。

 

(3)子どもが脱いだ靴をそろえる環境
子どもが自主的に靴をそろえる環境づくりとして、玄関の床に靴のかかと部分にシールを貼っておくと、子どもは自然に自分でそのシールに合せてそろえておくようになります。我が家も、どれだけ口で言っても聞かなかった靴そろえが、玄関の床へ靴のかかとの位置にシールを貼っておいたら毎日楽しそうにそろえるようになりました。更に、他の家族の分もそろえてくれて助かっていますよ。

 

(4)子どもが自分で着替えやすい環境
子どもが大きくなってくると、自分の着たい服を次から次へとタンスから引っ張り出すので、服が散乱して嫌!というお母さんはとても多いです。ちなみに私もその一人です。だから、ついタンスを子どもの目の届かない高さにしてみたり、クローゼットの中にしまい込んだりしてしまいがちですし、それを「工夫」と思い込んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

これは、子どもの「自分から着替える」を妨げてしまいます。自分で自分の好きな服を引っ張り出して着るのは、子どもの楽しみにつながりますし、自主性につながりますよ。子どもが迷わずタンスから服を出せるように、子どものタンスの引き出しにシールを貼ると、子どもも迷いません。後ろと前をいつも間違えて着る子の場合は、後ろか前にワッペンやボタンなど目印をつけてあげるといいですよ。

 

(5)すぐに諦めず、粘り強い子にする環境
我が家の子どもたちはすぐに諦めモードになってしまうので、何とかしたいのですが、すぐに諦めないで粘り強い子にするためには、まず成功体験を沢山させるのがおすすめです。小さな目標を決めてゴールをさせる、この積み重ねで子どもは自信がどんどん付きますし、集中力も身につきます。

 

同時に、子どもが失敗を恐れない環境を作ることも重要になります。私もつい言ってしまいがちなのですが、「どうしてできないの?」というような追い詰める親の発言は、子どもの失敗への恐怖を増長させてしまいます。我が家の長女がまさにそうで、猛省しています。親も忍耐を試されますが、失敗しても焦らず見守ることがまず重要です。

 

負けず嫌いな子に関しては、指摘することで恥ずかしさや感情が爆発してしまうので、見て見ないふりをするというのも大事ですよ。また、諦めてしまう子には励ましも時に必要となります。

 

(6)子どもが作業に集中する環境
当たり前のことなのですが、宿題一つするにも、周りでテレビがついていたりオモチャがあるとついそちらに集中してしまって、宿題は進みません。だから、物事に集中して取り組む場合は、子どもが取り組みやすい環境を整えてあげましょう。テレビを消したり、余計なおもちゃを片付けたりするのがおすすめです。

 

未就学児の場合でも、何かに集中して遊ばせたいと考えるのであれば、選択出来るものをあらかじめ限定して選ばせやすいようにしておき、遊びたいものを選んだらその他の余計なものはしまっておくのが望ましいです。物事に真剣に向かい合う癖がつきますよ。

 

(7)子どもが自分で選択し、決定する環境
子育ての中で子どもには自分で選ばせていると思っているお母さんは多いと思いますが、本当にそうでしょうか。子どもには、小さなころから自分で選択して決定する環境を整えることで、自分で意思決定をする癖がつきます。

 

「お母さんが決めたから」「お母さんが言ったから」では、自主性は育ちません。まず初めは小さな選択から始めましょう。「これとこれ、どちらがいい?」とかささいなことでかまいません。

 

まとめ

モンテッソーリ教育は、科学的な視点から子どもたちを観察し、確立してきた独特の教育法です。一見難しそうではありますが、かみ砕いてみると、子どもが自立してたくましく前を向いて突き進んでいくための子育て方法であると言えます。ぜひ、日々の子育てに取り入れることができることから、試してみてくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加