子どもを褒める効果って何??

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子どもを褒める効果って何??

この記事では、子どもを褒める効果についてお話します。「子どもは褒めた方が良いの?叱った方が良いの?そもそも褒めることにそんなに効果がある?」と子育てに悩んでいる方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

子どもを褒める効果って本当にあるの?

子育ての中で子どもを褒めるって効果があるのかなと、不思議に思う方も多いのではないでしょうか。ひと昔は、子どもを褒めるよりも厳しくしつけることに重きを置いた時代がありました。確かに、親に厳しくされてなかなか褒められないからこそ、親を見返してやろうという気持ちで自立心を養うことも出来たのかもしれません。

 

更に時代が進むと、今度は子どもを褒めることに重きを置いた子育てが流行を迎えます。親が子どもを褒めることで子どもが伸びる、確かにそうなのですが、褒めることと甘やかすことが混合された褒める子育ては間違っていると言われる時期でもありました。でも子どもを褒めるって、褒め方さえ意識して注意すれば、子どもにとってとても効果的な成長を促すことができるんです。

 

子どもを褒める効果

(1)子どものやる気につながる
子どもは褒められることによって、もっと褒めてもらいたいという気持ちが強くなり、より頑張ります。我が家の娘たちも、頑張ったことに対して褒めると、「もっと頑張る!」というやる気につながっているのが目に見えます。大人も褒められるとやる気になりますよね?私も職場で上司に褒められると、すごく嬉しくて「次も頑張ろう」というモチベーションにつながったのを覚えています。

 

(2)自信がつく
子どもは褒められることで、自分を肯定し認めることが出来るようになります。それは自分に自信が持てるようになる効果につながります。自分に自信が持てるようになると、物事をポジティブにとらえることができ、自立にもつながっていきまよす。逆に褒められず叱られたり厳しく育てられた子は、自己評価が低く自分に自信が持てないということになりかねません。

 

(3)子どもの良いところを探す癖がつく
子どもを褒めることは、子どもだけに効果があるわけではありません。親も子どもを褒めることで、子どもの良いところや成長を探す癖が付きます。子どもを褒めようと思うと、子どもによく目を向けることになりますよね。子どもにしっかり向き合い、子どもの良いところや成長に気が付きやすくなるので、適切に子どもを褒めることができますよ。

 

何でも“褒める”がいいわけではない

確かに、褒めるというのは子どもの成長につながりますが、何でも褒めればいいというわけではありません。“褒め方”が重要なポイントになってきます。

 

(1)具体的に褒める
とりあえず褒めておけというような、抽象的な「すごいね」は子どもに響きません。何が良かったのか子どもに具体的に伝えて褒めるということは、「親が子どものことをしっかり見ていたよ」ということになるので、より子どもも嬉しくなりますし、次につなげようとします。

 

(2)“褒める=叱らない”ではない
褒める子育てが一時流行りましたが、褒めることに一生懸命で“叱らない”という間違った解釈をしてしまったり、甘やかすことを褒めるとする親御さんが多かったようです。メリハリをつけて、叱らなければならない時には叱りましょう。子どもが人に迷惑をかけたり、社会に適応して生きていくことができなくなってしまうことがありますよ。

 

(3)過度に褒めすぎない
過度に褒めすぎてしまうと、子どもは褒められることが当たり前になってしまい、今の自分で十分という感覚に陥ってしまう場合があります。もっと頑張ろうがなくなってしまうので、向上心がなくなってしまうこともあるんです。

 

(4)成長や個性に合った褒め方を
小学生になったのに、3歳の子が出来たことを褒めるような感覚はよくありません。それこそ過度な褒めすぎになってしまいます。我が子をしっかり見て、こんなことができるんだとか、こんなことを頑張っているんだというところをしっかり褒めるようにしましょう。

 

(5)過程を褒める
3年前に子育て支援センター主催の子育て講演会に参加しましたが、その時の講師の先生が子どもの褒め方を熱心に語っていたのが印象的でした。「よく親は結果に対して褒める傾向があるけれど、結果に重きを置くのではなく、その過程に重きを置いて褒めるように」というのが、すごくしっくりきました。

 

結果を褒めると、子どもも結果が全てだと思ってしまい、苦手なことには手を出さず、得意なことだけを頑張ってしまうようになってしまうことが考えられます。また、結果を褒めると次に何かにチャレンジするとき、子どもが結果に重きを置くあまり、プレッシャーに感じてしまいます。だから、もしも失敗した出来事でも、頑張っていた過程を見ていたということを伝えましょう。

 

(6)他の子と比べて褒めない
他の子と比べて褒めると、自分は他の人よりも優れているという優越感に快感を覚え、すぐに人と自分の優劣をはっきりさせようとするようになってしまいかねません。それよりも、過去に出来なかったことが出来るようになったという感じで、過去の子ども自身と比べての成長を感じさせてあげた方がいいですよ

 

(7)「ありがとう」も効果的
褒めることにこだわらなくても、実は子どもに「ありがとう」と伝えることも、「自分は役にたっている」「自分のしたことが喜んでもらえている」という自信につながり自尊心を高めることができますよ。我が家も子どもが大きくなるにつれて、褒めることももちろんありますが、それ以上に「ありがとう」を伝える機会が増えたなと思っています。

 

「ありがとう」を伝える時にも、こんなことをしてくれて嬉しかった、助かったという言い方をすると、何が良かったのかが相手に伝わります。これもまた、子どもに限ったことではなく、当たり前の存在である家族相手でも友人でも、感謝の気持ちを伝えるというのは人間関係を築くうえでとても重要なことです。

 

まとめ

「褒める」は大人でも子どもでも嬉しいですよね。特に自分の信頼している人から、自分が頑張ったことに対して褒められ認められるというのは、自分の自信につながりますし、今後の活力となります。だから、子どもとよく向き合って、子どもが頑張っている過程や子ども自身を褒めましょう。きっと「褒める」が子どもの成長にいい効果をもたらしてくれますよ!


このエントリーをはてなブックマークに追加