子供の習い事のやめ癖ってどうしたらいいの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子供の習い事のやめ癖ってどうしたらいいの?

この記事では、子供の習い事のやめ癖についてお話します。子供のやめ癖に悩んでいる方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

子供の習い事のやめ癖にイライラ

子供がやりたいというので、習い事を始めさせても、すぐに「やめたい」というため腹が立って仕方がないという親御さんは多いのではないでしょうか?我が家も長女が習い事を始めてもすぐにやめたがるので、困りました。始めさせるのもやめさせるのも簡単ですが、子供の思い通りに簡単にやめさせるのは、子供にとって良くないんじゃないかと思ってしまいますよね。実際、習い事を始めてもすぐにやめてしまうというのは、子供の成長にも影響をおよぼします。

 

習い事のやめ癖にどう対処すればいい?

(1)話し合う
子供が習い事をやめたいと言ったら、まずは子供とよく話し合いましょう。どうしてやめたいのか、話をしっかり聞く必要があります。頭ごなしに「あなたが始めるっていったんでしょ!ダメ!続けなさい。」では、子供はますます反抗してしまい、行きたがらなくなってしまいますし、「親は話を聞いてくれない」と子供が諦めてしまいます。

 

だから、イライラする気持ちは分かりますが、1つ深呼吸をして「どうしてやめたいの?」と聞いてみましょう。先生との相性が合わないというのであれば、先生を代えてもらえたりしますし、一緒に解決できるところは解決できるかもしれませんよ。

 

(2)気持ちを受け止める
我が家もそうでしたが、長女は「やめたい」となると、体の不調を訴えたり、実際下痢になったりします。もちろんやめたい理由を聞いて、解決出来ることは解決できるよう働きかけますが、理由が「面倒くさい」など、こちらが納得できない理由もあるんですよね。

 

その場合は、親からするとお金を払っているわけですし、頑張ってやり遂げて欲しいという気持ちもあるので、遅刻をしてもいいので休ませずに背中を押すようにしています。一度休むと「言えば休ませてもらえる」という気持ちも芽生えてしまうので、休ませないように話を聞いたりなだめたりしまがら行かせていますよ。

 

(3)期間を決める
とりあえず習い事を始める時に、ここまでは頑張ろうという目標を決めておくことが一番おすすめです。例えば水泳の場合だと、とりあえずバタフライが出来るようになるまでとか、習字だと初段に合格するまでなど、目標に向かって習い事に通うと、子供もその目標を達成するまで頑張ろうという気持ちになれるのではないでしょうか。

 

我が家も長女が合唱を習いたいといった時、目標を決めていませんでしたが、途中で「やめたい」と訴えるようになりました。そこで「とりあえずあと1年頑張ってみよう。卒団するお姉さん達に綺麗な歌声を聞かせることを目標にして、それからまだやりたかったら続けたらいいし、やめたかったらやめなさい。」という話をしましたよ。それからは意欲的に通いました。2年続けたところで結局やめましたが、約束した期間は頑張ったので「頑張ったね」と声をかけましたね。

 

今通っている塾も、通いたいと言い出してからしばらくして「面倒くさいからやめたい」と言うので、親子で話し合い、「とりあえず1年間頑張って算数の授業で毎回手を挙げられるようになる。あとは成績と相談してやめるかどうか決める。」という目標を自分で立てました。今はぐずらなくなり、遅刻せずに毎週通っていますよ。

 

(4)途中で辞めさせない
やめ癖が付くと、子供の成長過程で「やりぬく力」が身につかなくなります。子供自身は、今は確かにしんどかったりどうしてやめさせてくれないんだろうと思うかもしれません。でも、子供にやり抜くことの重要さを伝えましょう。習い事を中途半端に投げ出すと、逃げる癖がついてしまって、本当に子供が頑張りたい時に自信を持ってやりきることが出来ません。まずは子供自身が目標を持って、それを達成するまでは頑張るよう話をするといいのではないでしょうか。

 

習い事をする前にしっかり話をする

子供がやりたいということをさせてあげたいという親御さんは非常に多いと思います。我が家も、経済的に余裕があるのであれば、3人の娘たちがやりたいという習い事はなんでもさせてあげたいです。ただ、やっぱり何でもやらせてみればいいというわけでもないんですよね。

 

もちろん、やってみて「これだ!」というものが見つかることもあるかもしれません。それでも習い事を始めるにあたって何でもイヤになったらやめればいいでは、成長する過程で困難にぶつかった時も逃げ腰になってしまいます。

 

何か一つのことを時間をかけてやり遂げるというのは、子供にとって「自信」や「粘り強さ」といった糧になってくれますよ。だから、習い事をする前に本当にやりたいのか、やるのであれば目標を子どもと一緒に立てて、それを達成するまでは絶対に頑張るという気持ちで始めると、やめ癖を改善することが出来るかもしれません。

 

まとめ

今の時代は子供の習い事が沢山あって、一週間のほとんどが習い事で埋まっているなんて忙しい子供は多いです。親も子どもに本当にやりたいことを見つけてもらえたらという気持ちで、簡単にやめることを容認してしまっていると、いつの間にか子供はやめ癖がついてしまいます。1つのことをやり抜く粘り強さ、やりきったことへの自信は、大人になってからの子供の財産になりますので、ぜひそこも意識しながら、子供の習い事を考えてみてくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加