子ども部屋っていつから必要?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子ども部屋っていつから必要?

この記事では、子供部屋がいつから必要なのかについてお話します。子供部屋をどうしようか悩んでいる方は良かったら参考にしてみてくださいね!

 

子供部屋っていつから必要?

子供が生まれるのをきっかけに子供部屋を作ったけれど、よく考えたら子供が小さいうちは必要なく物置になってしまっているという方は、かなり多いのではないでしょうか。私の友人も、子供が生まれるタイミングで家を建てて、その際に子供部屋を作ったけれど全く使わないという話をよく聞きます。我が家では子供部屋は、個人的には子供が「部屋が欲しい」といった時からかなと思っていました。

 

最近ようやく子供部屋を用意しましたが、それまでは、あえて子供の部屋を作らずに居間の隣にある1階の一室をプレイルームとして使っていたんです。でも子供が大きくなり、2階でも遊ぶことができるようになったら、2回にプレイルームを移し、子供がベッドで自分たちだけで寝たいと言い出した昨年の冬から、子供部屋を作りましたよ。長女が小学3年生でした。

 

周りは小学生になるのを機に、デスクやベッドをそろえて子供部屋を用意するという人がとても多いです。確かに、いい機会ではありますよね。

 

今、子供部屋って本当に必要?

最近よく「子供の学習机は必要ない」ということが言われるようになりました。それに伴い、小学生の間は子供部屋をわざわざ作らないという考え方の人も多いようですね。リビングで勉強した方が、親の目も届くし自分の部屋で勉強するよりもはかどるという子がとても多いです。実際、東大生を始めとする有名大学生の多くもリビングで勉強していたということが研究データで発表されてから、リビングでの学習は一気に注目されるようになりましたよね。もちろん、成長と共にプライバシーを求めて子どもも個室を欲しがるようになります。実際私もそうでした。

 

私が子供部屋のようなものを与えてもらったのは、たぶん小学6年生の頃だったと思います。自分だけの部屋がすごく嬉しかったのをよく覚えていますよ。今子供部屋が必要かどうか迷う場合は、子供の声に耳を傾けて、本当に必要な時を見極めてからでも十分遅くない気がしますね。その方が、その年齢に合ったデスクを始めとする家具をそろえることができるので、子供もより愛着を持ってこれからの成長する時期を子供部屋で過ごすことができます。

 

子供部屋を作る際のポイントは?

(1)一度はリビングを通る場所に!
我が家は建売の家を購入したので叶いませんでしたが、子供部屋を作る際に、子供がリビングを必ず通って子供部屋に行くことができるような造りにするのがおすすめです。コミュニケーションをとることができます。子供がいつ帰ってきたのか分からないというよりも、子供が帰ってきて「おかえり」ということができる方が安心ですよ。

 

(2)夢の部屋にしない
テレビを置いたり、子供の希望するままに子供部屋を作ってしまうと、子供は部屋から出てこなくなることが考えられます。もちろん成長と共に自分の時間を過ごすようになりますが、小学生のうちから部屋にテレビやゲームがあって、自分の欲しいものがなんでもそろっている夢の部屋にするのは、家族のコミュニケーションが早いうちから減ってしまうことが予想されますよ。

 

まとめ

子供部屋をどのタイミングで用意するか迷うところではありますが、子供の状態を良く見て子供の希望を聞きながら、どうするか決めるのがおすすめです。我が子にぴったりの素敵なお部屋が出来るといいですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加