子供の習い事は何歳からがいいの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子供の習い事は何歳からがいいの?

この記事では、子供の習い事は何歳からがいいのかについてお話します。子供に習い事をさせるのに適した年齢が気になるという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

習い事は何歳からがいいの?

習い事を何歳からさせるかは、家庭の考え方や子供の性格によって違いがあるので、一概に「何歳からがいい」と言いきることはできません。

 

子どもが自分でやりたいと言った時

我が家では、子どもの習い事に関しては、子どもが自分でやりたいと言った時が始め時ということにしています。というのも、我が家は子どもが3人いますが、経済的に好きなだけ習い事をしていいよとは言えないという事情があります。それだったら、子どもが本当にこれをやりたいとぶつかってきたら、それを快くさせようということになりました。3B体操をそれぞれ3人ともやりたいと言ったのが4歳の時で、それから3人とも頑張っています。

 

長女は小学2年から、次女は小学1年から合唱をやりたいと始めましたが、小学4年になって長女はやめてしまいました。その代わり、算数が出来ないことを克服したいと塾に通い出しましたよ。三女は、ピアノをやってみたいけど遊ぶ時間が減るのが嫌だからまだしないと言っています。

 

子どもが興味を持ちだした時

子どもがまだ自分で「これをやりたい」と判断をすることが出来なくても、興味を持ち出したことがあれば、親としては「伸ばしてやりたい」と思いますよね。その場合は、子どもが興味を持っていて相性が良さそうなら、やらせてみてもいいのではないでしょうか。もちろん、それがきっかけでずっと長く続けることができる習い事になってくれるかもしれません。

 

オリンピック選手やいろんな世界で名を馳せている人たちも、3歳前後から習い事を継続していたりもしますよね。親の押し付けはよくありませんが、子どもの様子をみながら背中を押すのもありではないでしょうか?

 

0歳から

最近では習い事をさせる際に、0歳から参加出来るベビー教室を利用する親御さんはとても多いです。親子での参加となるため、親子のコミュニケーションを目的にしている方も多いのではないでしょうか。

 

3歳から

私の周りでは3歳を目安に、子供に習い事をはじめさせる親御さんが多いです。コミュニケーションをとることができるようになる年齢で、イヤイヤ期も落ちついてくるので習い事を始めやすいのかもしれませんね。

 

自分から始めた習い事は簡単に辞めさせない

習い事を何歳から始めるにしても、親としては子供に一度始めた習い事を簡単に辞めたりせず、粘って頑張り続けてもらいたいものです。親が良かれと思って、子どもの判断が出来ない時期から始めさせた習い事に関しては、子どもが大きくなるにつれて「辞めたい」と言えば、よく話し合いをして、一緒に考える必要があります。でも、自分で言い出した習い事に関しては、自分でやると決めたのだから簡単に投げ出して辞めるようなことは絶対にさせたくありませんよね。

 

我が家も長女が習い事のやめ癖があるので、その都度短期目標を決めてここまでは頑張ろうという話をして、背中を押してきました。イヤイヤ通っても本人のためにはなりませんが、それでも目標を一つでも達成してから辞めるようにしなければ、辛かったら辞めたらいいという諦め癖が付いてしまいそうで心配なんですよね。

 

だから、自分でやると決めた習い事に関しては、短期的な目標を都度に立てて達成感を味わいながらモチベーションを上げていくと良いのではないでしょうか。辞めると言い出したときでも、何が嫌なのか話をよく聞いて、とりあえずここまで頑張ってみようという目標を立てるのがおすすめですよ。

 

習い事は無料体験をしてみて!

習い事をする場合は、何歳から始めるにしても、無料体験を利用してから始めた方がいいです。せっかくやりたいと興味を持っていることでも、教室の雰囲気や担当教師との相性が悪ければ続けられません。この教室ではいまいちの反応だったけど、こちらの教室では楽しそうという場合があります。まだ自分で判断できない乳幼児でも、教室や担当教師との相性があるので、ぜひ一度は体験コースを利用してから、どうするか決めるのがおすすめですよ。

 

まとめ

子どもに習い事をさせる場合は、何歳からでなければ意味がないということはありません。子どもの性格や、家庭での習い事への考え方によって、子供に習い事をさせる時期を考えるのが一番です。何歳から習い事を始めるにしても、子どもがやりたいといったことを、全力で応援してあげられるといいですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加