子育ての疑問!抱き癖って駄目なの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育ての疑問!抱き癖って駄目なの?

この記事では、赤ちゃんの抱き癖についてお話します。日々の子育ての中で、赤ちゃんが泣いて抱っこをしたら、周りから「抱き癖がつくよ」と言われて悩んでいるという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

抱き癖ってなに?

乳児期の子育てをしていて、年輩の先輩ママから、「抱き癖がつくから抱っこの過ぎはよくない」ということを言われた経験のある方、いらっしゃるのではないでしょうか?私も初めての子育ての時、里帰り出産をしたのですが、叔母から「抱き癖がつくからなんでもかんでも抱っこしてはいけない」ということを言われました。初めての子育てなので、「そうなんだ」と受け止めましたが、結局赤ちゃんが泣きだすと可哀想ですぐに抱っこしちゃっていましたね。

 

抱き癖とは、赤ちゃんが泣いて抱っこを求めるのに対して、周りの人間がすぐに抱き上げて抱っこをすることで、赤ちゃんが泣けば抱っこしてもらえるということを学習し、泣くたびに抱っこしてもらえるまで泣き続けるような状況を指します。

 

抱き癖がつかないようにしないといけないの?

(1)そもそもどうして抱き癖はダメなの?
昔の人は家電が充実していたわけでもないので、今に比べると家事の負担は比べ物にならないくらい重労働だったと思われます。また、農家は家のことだけでなく畑や田んぼにもいかなければならず、そんな状態で赤ちゃんが泣くたびに抱っこしていては仕事にならないような状況だったみたいですね。叔母も言っていましたが、赤ちゃんが泣いて抱っこしてあげていたら、甘えて癖がつくという考え方は、赤ちゃんの自立を早める意味もあったのかもしれません。

 

(2)抱き癖なんて気にしない!
現代の子育ては、抱き癖なんて気にする必要はありません。私自身、「抱き癖がつくから赤ちゃんの抱っこは簡単にせず、ある程度は泣かせておくように」と叔母からよく言われましたが、どうしてもすぐに抱っこしちゃっていました。でも、そのことを子育て支援センターで相談したら、「今は赤ちゃんが泣いて抱っこをせがむなら沢山抱っこしてあげたらいいのよ。抱き癖なんて気にしなくていいの。」と言われてすごく救われた気持ちになりましたよ。

 

赤ちゃんは抱っこされることで幸せホルモンが分泌され、お母さんからの愛情を感じ安心できるんだそうですよ。それどころか、赤ちゃんが一生懸命泣いてもお母さんが反応したり、抱っこしてくれないと、赤ちゃんも泣くことを諦めてしまうんだそうです。これがずっと続いてしまうと、よく言う「サイレントベビー」になってしまうんです。感情を表に出さない赤ちゃんなんて、可哀想じゃないですか?だから、抱っこ出来なくても声をかけたりさすったりあやしたりすることもとても重要ですし、抱き癖なんて気にせずしっかり抱き上げて抱っこしてあげたいですね!ちなみに私は長女の子育て中は、抱っこのし過ぎで腱鞘炎になっちゃいました。

 

子育ては最新の情報を!

子育ては、確かに年輩の先輩ママのアドバイスを聞くというのもとても大事なことです。でも、昔は当たり前の子育て方法でも、現代では間違っているとされたりすることって沢山あるんです。だから鵜呑みにするのではなく、納得いかないことや本当かなと思うことであれば、子育て支援センターや小児科などで相談をしてみてくださいね!子育てや医療のプロから直接話を聞くことが出来れば、心強いですよ!

 

まとめ

抱き癖が本当にあるのかどうか、実際のところは、私には分かりません。でも赤ちゃんが抱っこして欲しく泣いているのであれば、出来るだけこたえてあげたいですよね。ただ、あまり神経質になって「抱っこしなければ」と思う必要もありません。私自身、子どもの泣き声が怖くて仕方がない時期がありましたが、子育て支援センターのスタッフの方から「ちょっとくらい泣いてても、放っておいても大丈夫。ここにいるよって声だけかけてあげれば大丈夫。」と言われたことがありますよ。だから、「抱き癖」や「抱っこしなければ」を怖がらず、赤ちゃんに自分なりの愛情を沢山伝えてあげてくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加