子育て中、上の子に我慢ばかりさせている!どうしたらいい?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て中、上の子に我慢ばかりさせている!どうしたらいい?

この記事では、上の子に我慢ばかりさせていることについて考えてみたいとおもいます。下の子に手がかかり、上の子に我慢ばかりさせているのではないかと気になっている方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

子育て中、上の子に我慢ばかりさせている

子育てしていると、よくぶつかるのが“上の子に我慢ばかりさせている”というお悩みです。我が家も三人の子どもがいますが、それぞれ2歳ずつ離れていて、ついつい上の子に我慢ばかりさせてしまったかなと思う時期がありました。我慢にも色んな我慢がありますが、欲しいものを我慢できるようになるといった、成長過程で必要な我慢は、社会でもたくましく生きていくことができるようになるための我慢です。

 

「我慢出来て偉かったね」と褒めたり励ましたりすることで成長につながります。でも下の子に手がかかるので、上の子の自分を見てという欲求や甘えたいという気持ちを我慢させるというのは、子どものこれからの成長で悪影響を及ぼすことが考えられるので、注意が必要ですよ!

 

我慢ばかりさせ過ぎると、子どもの成長に影響がでる

子育ての中で、上の子に我慢ばかりさせていることに気が付かず、何のフォローもしないでいると、子どもはどんどん「いい子でいなければ」とか「自分はお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだからわがままは言ってはいけない」といった具合に自分を抑え込むようになってしまうことが危惧されます。これを親が「聞き分けの良い子に育った」という受け止め方をしてしまうと、いずれ子どもの成長過程で、突然その我慢が爆発してしまうかもしれません。また、心のバランスが取れなくなり、心の病気を発症してしまうかもしれませんよ!

 

上の子に我慢ばかりさせている”を払拭するためには?
子どもの話を傾聴する

上の子の自分を見てという欲求や、甘えたいという気持ちを我慢ばかりさせていると思っている方は、子どもの話を傾聴しましょう。傾聴は何かしながら話を聞くのではなく、子どもに向き合って耳を傾けてじっくり話を聞くことです。相槌をうったり、子どもの言った言葉を繰り返すことで、あなたの話をちゃんと聞いているよということをしっかり伝えてあげてください。すると、子どもは自分だけのことを見てくれている、愛されているという気持ちになれます。

 

上の子とだけの時間を過ごす

普段の子育てで下の子にかかりきりになることが多くても、時々は上の子だけと過ごす時間を作りましょう。子どもはお母さんやお父さんを独り占めできるって、すごく嬉しいみたいですね。我が家の次女は小学2年生ですが、上と下に挟まれて結構我慢を感じていることが多いみたいです。そんな時、次女とだけ一緒に出掛けたりすると、「ママと2人だけってすごく嬉しい」と喜んでくれます。二人だけの時間で色んな話をしたり、特別な時間を過ごすことで子どもは満たされます。ぜひ上の子とマンツーマンの時間を作ってあげてくださいね!

 

“お兄ちゃんなんだから”“お姉ちゃんなんだから”はNG

上の子に“お兄ちゃんなんだから”“お姉ちゃんなんだから”と声をかけるのはNGです。上の子は別にお兄ちゃんやお姉ちゃんになりたくてなったわけではありません。それなのに、これまで自分だけをみてくれていたはずのお父さんやお母さんの目が、突然現れた妹や弟にいき、自分のことは後回しになっていると感じると、お父さんやお母さんは自分よりも妹や弟の方が大事なんだという気持ちになってしまいます。また、“お兄ちゃんなんだから”“お姉ちゃんなんだから”という言葉にプレッシャーを感じて、自分の気持ちを押し殺してしまう癖がついてしまうかもしれませんよ。

 

愛情を求める我慢はさせない!

成長の中で我慢することは確かに大事なことです。でも、自分を見て欲しいという欲求や、甘えたいという気持ちを我慢させることはしたくないですね。我が家も、子育ての中で姉妹みんなが抱っこを求めれば、一人ずつ順番に抱っこをするようにしましたし、今も上の子も下の子も同じように毎日「大好きだよ。とっても大事だよ。」と抱きしめるようにしています。愛情は求める分だけしっかり返してあげることを心がけましょう。

 

まとめ

上の子の“自分を見て欲しいという欲求や、甘えたいという気持ち”を我慢ばかりさせているという実感のある方は、ぜひお子さんにあなたのことがとっても大事で大好きということをいっぱい伝えてあげてください。子どもは誰でも親に褒められたいですし、子どもによってはいい子でいなければと自分にプレッシャーをかける子もいます。子育ての中で、子どもの様子を気にかけながら、我慢ばかりさせていないか、アンテナを張り巡らせてあげてくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加