おすすめの双子の育児本を教えて!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

おすすめの双子の育児本を教えて!

この記事では、おすすめの双子の育児本についてお話します。双子の子育てで育児本を読んでみたいと思っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

双子の子育ては壮絶!

双子の子どもがヨチヨチ歩いているのを見ると「かわいいなー」と思っちゃいますが、実際に育てているお母さんは大変なエネルギーを使っています。私の友人にも何人か双子を育てているお母さんがいますが、共通して言っているのが「乳0歳~3歳までの記憶はほぼない」そうです。それくらい、壮絶なんでしょうね。授乳もおむつ替えも抱っこも寝かしつけも沐浴も全部2倍なんて、喜びも2倍なんでしょうが、大変さを考えると想像を絶します。

 

おすすめの双子の育児本はこれ!
コウノトリが二羽飛んできた:~がんばれパパ!!双子育児奮闘記~

著者:ミハイロ 出版社:日本文芸社
この本は、双子の子育てに奮闘しているお父さんが書いていますが、面白いです。双子の兄弟の子育てが、コミカルな漫画で楽しく描かれているのですが、双子の子育てをしている親御さんは「あるあるー!」「わかるー」と共感できるのではないでしょうか。

 

読んで、笑い飛ばして、すっきりできる本ですね!実際は本当に大変なんでしょうが、双子を育てていない私は、面白すぎて吹き出してばかりでしたよ。とても楽しく読めました。双子の子育てに疲れている親御さんに、ぜひ共感しながら笑い飛ばしてもらいたい育児本です。

 

ピカ待ち☆ふたご絵日記

著者:pika 出版社:永岡書店
この本は、もともとブログで人気を集めていた記事が、書籍化された育児本です。始めにご紹介した「コウノトリが二羽飛んできた」がコミカルで双子の子育てで疲れた体に水分を与える育児本ならば、この本は双子の子育てで疲れた体に水と栄養を与えてくれる育児本です。

 

とにかく、双子の子育てで知りたいことが、自らの体験を交えて細部にわたって書かれているので、参考にしやすいです。また、双子の子育ての大変なところばかりではなく、成長への喜びや楽しさも描かれているので、読んでいてほっこりします。

 

漫画も織り交ぜてあるので、とっても読みやすいですし、双子の子育てをしていない私も日々の子育てで活かせることがたくさん書かれていて参考になりましたよ!この本の著者である、pikaさんのブログに救われたという双子の子育てママさんは非常に多いです。ブログもの覗いてみましたが、ほのぼのして楽しく読めました。

 

双子妊娠がわかったときに読む本 ツマとオットの子育て奮闘記

著者:工藤啓・彰子 出版社:バリューブックス
この本も、実際の双子子育てを経験した方が書いた本です。この本が、先に挙げた2冊と大きく違うのが、双子の妊娠が分かった時から使える情報が満載の育児本なんです。また初めての子どもが双子だったというケースではなく、なんと上に二人のお兄ちゃんがいて、三人目の子どもが双子だったという体験記でもあります。

 

兄妹がいる場合の双子の子育ての仕方も、実際の体験として書かれているので、同じ状況にある方にとってはありがたいのではないでしょうか。この本は文字がほとんどなので、読みにくいなと感じる方もいるかもしれませんが、体験者だからこその細かい子育て情報が詰まっているので、読んでいて想像しやすいです。良かったら読んでみてはいかがでしょうか?

 

育児本だけにとらわれないで!

育児本は確かに便利です。見ていると勉強になりますし、「なるほど」と思うものも多くあります。でも育児本をお手本にしてしまうと、育児本のようにいかなかったとき、「自分の子育ての仕方が悪い」とか「我が子はおかしいんだろうか」という気持ちになってしまいます。ただでさえ大変な双子の子育てに、さらに精神的な追い込みをかけるのはよくありません。だから、育児本はすべての人に当てはまるわけではないということをよく覚えておきましょう。

 

まとめ

子育ては一人でも大変なのに、双子で2倍となると、お母さんの子育てエネルギーの消費も激しいです。育児本を上手に活用しつつ、経験者の子育てテクニックを気軽に取り入れながら、子育てしてみてくださいね。そして、経験者に共感してたくさん癒されてください!


このエントリーをはてなブックマークに追加