子供の不適切なYouTube動画の視聴はどう対処したらいい?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子供の不適切なYouTube動画の視聴はどう対処したらいい?

YouTube動画を見る子供はすごく多い一方で、「子供にこの内容を見せてもいいのかな?」と戸惑われる親御さんは多いのではないでしょうか。この記事では、子供の不適切なYouTube動画の視聴にはどう対処したらいいかについて、お話します。子供のYouTube動画の視聴で悩んでいる方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

YouTube動画は便利だけれど、不適切なものも多い

我が家の子供たちもそうですが、YouTube動画にくぎ付けとなる子は非常に多いです。子供が小さいうちは、親が動画を選んで、ちょっと家事をはじめとする用事をしたい時に子供に見せるとおとなしくみていてくれるため、守りアイテムとして使える素晴らしい存在でもあります。

 

でも子供が大きくなるにつれて、子供が自分で動画を選んで親が知らないような内容の動画もどんどん見るようになってしまいますよね。我が家も子供たちと一緒にテレビでYouTube動画を見る時には、「この内容は子供たちが見ても大丈夫?!」というストーリーだったりするので、戸惑ってしまいます。

 

子供への不適切YouTube動画とはどんなもの?

子供への不適切YouTube動画をどう判断するかですが、人によっては考え方が違うかもしれません。我が家では、「子供が見て動画の内容を当たり前だと思って欲しくないもの」に関しては、不適切だと思っています。

 

食べ物を粗末にする・食べ物で遊ぶ

子供に人気のYouTube動画の中には、食べ物で遊んだり粗末にするような動画があります。子供が食べ物を粗末にしたり遊んだりするのは当たり前、なんてことは覚えて欲しくないですね。

 

物を粗末にする・物を壊す

子供に人気のYouTube動画の中には、物を粗末にしたりわざと壊したりするような動画もあります。我が家の娘も、真似して面白がってわざとおもちゃや物を壊そうとした時期がありましたが、見ていてとても腹立たしかったです。親が働いたお金で買ったものをそんな風に扱ってはいけないということを、何度も言って聞かせました。

 

暴力的な描写が含まれている

子供の視聴するYouTube動画によっては、暴力的な描写が含まれている場合もよくあります。暴力的といっても、殴ったりけったりするだけではありません。精神的、金銭的、性的な面からみても、暴力的な動画はよくあります。子どもの人格形成や、生活に影響を与えるのではないかと、心配になってしまいますね。

 

子供の不適切YouTube動画の視聴はどう対処する?
YouTubeKidsから始める

始めから制限のないYouTube動画を見せてしまうと、途中からYouTubeKidsに切り替えようとしても、子供は物足りなくなってしまいます。でも初めてYouTubeを見せるのであれば、子供向けのYouTubeKidsから始めるのがおすすめです。YouTubeKidsは制限がかかっているので、子供向けのYouTube動画しか見ることができません。だから、安心して子供にYouTube動画を見せることができますよ。

 

親がフォローする

子供が親の目から見て不適切と判断できるようなYouTube動画を見る時は、親がそこでフォローを入れることが重要ではないかと思います。我が家も、娘たちは日々いろんなYouTube動画を見ていますが、中には親が見ていてこれは良くないのではないかというものも多いです。そんな時は、「これを見てどう思う?」と聞いて話し合ったり、「食べ物や物を粗末にするのはもったいないね」という話をしたりもします。YouTube動画を使って、逆に問題を提起して話し合う感じですね。これは、我が家ではかなり重きをおいています。

 

そもそも子供に「見てはいけない」という時点で、どうしてダメなのか話をしなければ、結局子供は親に隠れて見ます。それならば、いっそのこと一緒に見て、このどこに問題があるのか一緒に話をしたりするほうが、よっぽど子供に響きます。不適切だからとシャットアウトするだけでは、子供は結局理解できないままですし、どこかで不適切な動画に触れる日はきますよ。

 

また不適切な動画の中には、複雑でリアルな現代社会が描かれていたりするので、子供にも「こういうことに気を付けて」というのを伝えやすいなと思います。特に、長女が小学校の高学年になったから余計にそう思うのかもしれません。YouTube動画を見せっぱなしではなく、子供と一緒に親が見てそれに対しての話し合いをするというのは、家庭でのコミュニケーションにもつながります。

 

まとめ

子供が大好きなYouTube動画は、不適切な内容の動画も多く含まれています。子供が見て「当たり前」と思われたくないのであれば、親は見せる責任として、ぜひ親子で一緒に見てフォローをいれましょう。子供が小さいうちは、YouTubeKidsから始めるのが望ましいですが、通常のYouTube動画を解禁するのであれば、親が内容を把握できて一緒に見ることが出来る環境を作ることが理想的ではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加