子育て中の疑問!幼児期に英語は必要?みんなどうしてる?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て中の疑問!幼児期に英語は必要?みんなどうしてる?

周りのお子さんの中には、早くから英語教室に通っているという子も多くないですか?こんなに早い時期から英語を習わせるメリットってあるのか・それともこれが当たり前なのか、迷ってしまいますよね。幼児期に英語が必要なのかどうか、ちょっと考えてみましょう。

 

習い事で英語を選択するメリット

(1)早くから英語に触れて抵抗をなくす
現在、小学3年生から英語が必修科目になりました。長女も小学3年生ですが、小学校でアルファベットを習ったと言って、一生懸命書いたり、ALTの先生と話をしたと嬉しそうにしています。

 

私たちの時代とは全く違います。私たちが中学1年生の時にしていたことを、小学3年生からするわけですから、大変ですね。文部科学省では、高校の英語の授業をオールイングリッシュするよう推奨していますし、早くから英語に慣れておくと抵抗なく英語の授業に取り組めますね。

 

(2)幼児期の耳がポイントになる
早期幼児教育として英語が勧められるのは、幼児の耳の良さが挙げられます。耳が良いので、耳にそのまま英語の音が入ってくるんです。だから英語の発音や英語に親しみを持つことが出来ますよ。

 

 

(3)将来の選択肢を広げる
今急速にグローバル化が進んで、英語を話せて当たり前と言う時代も目前に迫っています。英語が出来ないからと自分の未来を諦めることの内容、早いうちからサポートしてあげるというのも大事なことですね。

 

何歳から?

(1)早ければ早いほどいい
子どもの英語習得は、早ければ早いほどいいなんてことを聞きますよね。英語を子どもに早い時期から教えるのは、「聞く」「話す」部分が主です。小さい子どもは耳から入ってきた音をそのまま吸収するので、英会話を聞く部分が発達します。また、話す際も耳から入ってきた言葉をそのまま話すことができるので、「聞く」「話す」部分は早い時期から始めた方がいいというわけです。

 

英会話教室や英語教材によっては、“0歳から赤ちゃんに聞かせる英語”というものが沢山あります。ただここで注意したいのが、続けることに意義があるということです。続けなければせっかく覚えた英語も忘れちゃいますよ。

 

(2)3歳~5歳
3歳になると、イヤイヤ期も終わり習い事を始めるのにちょうどいいというお母さんが多いですね。5歳にもなると、「これをやってみたい」という意欲的な姿勢も見られるので、英語だけでなく習い事を始める良い時期と言えますね。私の周りにも3歳から英会話教室に通っている現在8歳のお子さんがいますが、とにかく耳がとてもいいです。話せる子は英語を話しますし、話すのが得意でなくても、聞き取りがとっても上手な子も多いです。

 

 

(3)小学校3年生までが勝負?
以前英会話教室の体験が自宅で500円で利用出来るというのを2度利用しましたが、その際に英語を習わせるなら、小学校3年生までが勝負だと言われました。小学校3年生を過ぎると、ネイティブの英語を発音しようと思っても、耳から入ってくる英単語をその発音通りに発音するのが難しくなってしまうそうなんです。

 

もしかすると、英会話教室に何とか通わせようとするための発言だったのかもしれませんが、それでもやっぱり小学3年生の長女と年中の三女が同じ英語番組を見て発音しても、三女の方が上手です。そういった面からも、早期幼児教育として英語は出来るだけ早い年齢から習わせる方が良いのかもしれませんね。

 

 

英語に触れる機会を作るには

英語を話せるようにさせたいという場合は、教材だけでは話せるようにならないという話を、英会話教室のスタッフの方から聞きました。確かにネイティブの英語を耳にし、それを口に出してコミュニケーションを取ろうとする姿勢があって、初めて話せるようになるんだろうなと言うのは想像がつきました。

 

でも、我が子の場合は「やりたくない」の一言だったので、結局英会話教室には通っていません。それでも、英語に少しでも触れさせたいと思い、日常の中に色々取り入れてみました。

 

(1)英語の教材
最近ではディズニーやベネッセなどから高額ながら長く使える英語教材が販売されています。芸能人も子どもに使っていますとか言われると、なんだか良さそうに見えてしまいますよね。我が家はそんな高額なものは購入出来なかったので、毎月送られてくるこどもちゃれんじの英語教材をさせていました。DVDを繰り返し見せていましたが、今では誰も見ていませんね。我が家の娘達には合わなかったのかもしれません。

 

 

(2)英語の知育アプリ
我が家では、スマホやタブレットに英語の知育アプリを入れて子どもに遊ばせています。始めは無料で利用出来るものが多いので、無料の内容で遊びながら学ばせていますが、使ってみてもう少し深めたいという場合に、課金でプラスアルファのダウンロードをしています。
ネイティブ英語に簡単に触れることが出来て、子どもも喜んでいますし、お金もかからないので便利ですよ。

 

(3)Eテレの英語番組
毎朝小学生の娘たちが起きたら、7時前にやっているEテレの英語番組を見せています。平日毎日やっていますし、10分程度なので飽きることなく続けられるのがすごくいいですよ!

 

 

まとめ

今の時代は英語が話せて当たり前という風潮になりつつあります。英語学習の低年齢化が進んでいる事からもよく分かりますよね。子どもは柔軟性があるので、英語を吸収する能力も高いです。でも大人の気持ちばかりが先行されて「英語をしゃべれるようにならなければ」という押し付けの気持ちは、子どもにとってもプレッシャーになってしまいます。

 

小さい頃からお子さんに英語を耳にする機会を与えてあげることを続けると、お子さんも自然に英語を身近に感じますし、親御さんも一緒に楽しく英語に触れあうというのがお子さんの楽しいにつながりますよ。楽しんで少しずつ年月を重ねて英語に親しみ、興味を持つことができるといいですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加