子育ての中で、子供への注意の仕方にコツってある?

子育ての中で、子供への注意の仕方にコツってある?

この記事では、子育ての中での子供への注意の仕方についてお話します。子供に対してどう注意していいか分からないとお悩みの方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

子供への注意の仕方が難しい

日々の子育ての中で、子供を注意したいのについ感情に的になって必要以上に怒ってしまったり、注意しているうちにあれやこれやと色んなことを追加で叱ってしまい、上手に子どもに何が言いたいのか伝えられなかったりという方は多いのではないでしょうか。私も子供への叱り方は、つい感情的になったり色々追加してしまったりしてしまうので、子供にうまく伝えられないことが多いです。では、子供への効果的な注意の仕方のコツとはどんなものでしょうか。

 

子供への注意の仕方のコツ
感情的にならない

感情的に注意してしまうと、子供は叱られたと萎縮してしまい、注意された内容については頭に入ってきにくくなってしまいます。感情的にならないというのは難しいですが、冷静に注意するようにしましょう。

 

その場で

子育ての中で子供を注意しなければならない場面に遭遇したら、「後から」ではなくその場で注意しましょう。あとからでは子供は忘れてしまいますし、効果は薄れてしまいます。

 

他のことを蒸し返して言わない

子供を注意する時、つい過去のことを蒸し返して「あの時もああだった」というようなことを言ってしまいがちですが、1つのことを注意するようにしましょう。色々言われても、子供の中に残りません。

 

引きずらない

その場で注意したら、その後は引きずらないようにしましょう。不機嫌な態度を取り続けてしまうと、子供も気を遣いますし、どうしていいか分からなくなります。子供を注意したら、そこで気持ちを切り替えて接するようにするのがおすすめです。私はこれが難しくていつも主人に注意されていましたね。

 

褒めてから注意

子供に注意したいことがある場合は、何か関連付けて先に褒めることがあると、子供に対して効果的に注意できます。「机の上を綺麗にしてくれてありがとう!鞄も片付いているともっといいんじゃないかな?」など、先に子供を褒めてから注意することで、子供は褒められたことによってまず自分が認められたという気持ちが前提にあるため、注意も聞き入れやすくなります。

 

否定的な注意の仕方はNG

子供が就園前、親子で子育て支援センターに通っていた時、スタッフの方が「ダメだよ」と言わないことがすごく印象的でした。おもちゃを放り投げた子に対して「大事だよー!おもちゃ、大事にしようね!」とか、少し高さのあるところから飛び降りようとしている子に対して「落ちたら痛いよ。危ないよ。」といった声をかけ、「ダメ」と抑え込むことは一切なかったです。「ダメだよ」というよりも、「こうした方が良いんじゃないかな?」とか「こうなるからこうだよ」いった風に、肯定的な注意の仕方の方が、子供も理解しやすいです。

 

親がまずお手本になる

子供を注意するのはなかなか難しいですが、親がまずはお手本になるような行動をとりましょう。親がしていることを真似して注意されても、子供も納得いきません。つい自分のことは棚に上げて注意しがちですが、子供は細かいところまでよくみています。ですから、子育ての中で自分自身の行動にも注意しながら、子供を注意するようにしましょうね。

 

まとめ

子供の注意の仕方は難しいです。注意の仕方を間違えたままだと、子供は何を注意されているのか分からなかったり、親に対して不信感を持ったり、不満を抱えたまま成長してしまいます。少しでも子育ての中で子どもの成長にとっていい関わり方が出来るよう、注意の仕方には気をつけてみてくださいね。