子供の補助輪なしの自転車の練習はいつから?

子供の補助輪なしの自転車の練習はいつから?

この記事では、子供の補助輪なしの自転車の練習はいつからしたらいいのかについて、一緒に考えてみたいと思います。子供の自転車の練習をいつから始めようか迷っているという方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

子供の補助輪なしの自転車の練習の時期に迷う

我が子には補助輪なしの自転車の練習なんてまだ早いと思っていたけれど、周りの同年代の子が補助輪を外して自転車に乗るようになっているのを見ると、焦ってしまうという親御さんはとても多いのではないでしょうか。ただ、補助輪なしで自由に自転車に乗れてしまうと、子供が自分でどこかに行ってしまって危ないのではないかと思ってしまう気持ちもよくわかります。我が家も自宅の周りが公道なので、自由に乗られると怖いなと思ったら、なかなか踏み出せない一方で、周りの子が次々に乗れるようになっているので焦る気持ちもありましたね。

 

子供の自転車の練習はいつから?

子供の自転車の練習はいつからするのがいいのか、これは各家庭の方針や子供によって個人差があります。我が家では、長女は年長になってから、次女は小学校へ入学する前に、三女は年中の時に補助輪なしの自転車の練習を始めました。実際のところ、長女の時は年中の時に周りの子どもたちが補助輪なしで自転車に乗っていたので、親が焦って練習を始めました。でも本人にやる気があまりなく怖がっていたためなかなか進まず中断しました。

 

でも、年長になってから、周りの子のように自分も乗れるようになりたいと言って、練習を再開したところ、乗れるようになりましたよ。長女のことがあったので、次女は本人のペースに任せていたら、結局小学校の入学前に乗ってみたいと言いだしました。三女は姉たちを見ていたので、年中の時には興味を持ってあっという間に乗れるようになってしまいましたね。

 

周りには、3歳で補助輪を外して自転車に乗る子もいましたし、小学生になって初めて補助輪を外す練習を始めたという子もいたので、家庭の考え方や子供のペースに合わせて練習を開始したらいいのではないでしょうか。

 

自転車の練習はペダル外しがおすすめ

自転車の前に、ペダルの無い自転車のストライダーを経験して自由に乗れるようになると、子供はすぐに自転車にも乗れるようになると言いますが、これは本当です。私の友人の子供も、ストライダーを乗っていた子たちは、次々にあっという間に自転車に乗れるようになっていましたよ。我が家は物を増やしたくなくてストライダーの購入はしませんでしたが、その応用で、自転車のペダルを外して練習させました。

 

まずはサドルを一番低くして、子供がしっかり両足が地面に付く状態にしておきます。あとは、ペダルを外して足で地面を蹴り、足を離しながら自転車にバランスを取りつつ乗ることができるようになることを目指します。それを繰り返してできるようになったら、再びペダルをつけて自転車に乗る練習をするだけです。

 

我が家は、子供が安全に乗れるように近所の自転車屋さんでペダルのつけ外しを依頼しましたが、プロにつけ外しをしてもらえると安心して自転車に乗せることができます。すると、本当に上手に乗ることができるようになりました。特に三女は顕著にその効果が出ましたね。1日もかからずに乗れるようになりびっくりしましたよ。良かったら試してみてくださいね。

 

自転車に乗れるようになっても、親が必ず傍で付き添って

自転車に乗れるようになっても、子供一人で乗らせるのは危険です。特に就学前の子供は、絶対に親が近くで見守りながら安全運転が出来ように、見守る必要があります。我が家は小学1年生になった三女も、まだ1人で自転車に乗って遊びに行かせるのはとても怖いですね。

 

ヘルメットを必ず装着する、自転車は左側、信号が青でも点滅しだしたら止まる、必ず左右や前後ろを見て確認してから道路を横断するなど、子供に覚えさせることはたくさんあります。せめて就学前までは、自転車に乗れるようになったからといって、子供が勝手に自転車に乗って出かけるということのないよう、よく言い聞かせるようにしましょうね。

 

まとめ

自転車の練習は、各家庭の方針や子供のペースで決めましょう。子供が早くに体得できればその分慣れますが、安全に運転できるよう指導しなければとても危険です。自転車の練習は乗ることができるようになることがゴールではなく、自転車に乗って安全に運転することができるようになって初めてゴールです。根気強く付き添って、安全に子どもが運転できるよう見守りましょう。