子育てコーチングで、子どもとよりよい関係を築こう

子育てコーチングで、子どもとよりよい関係を築こう

この記事では、子育てコーチングについてお話します。子どもとよりよい関係を築きたいけれど、なかなかうまくいかず困っているという方や、子育てコーチングについて知りたいという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

子育てコーチングって何?

子育てコーチングの目的は次の3つです。

 

  • 親と子の対等な関係
  • 子どもが自分で考える力を身に着ける
  • 子どもの能力を引き出す

 

子育てコーチングは、特別な子育て法ではありません。その方法は非常にシンプルで、「子どもの話を聞く」「子どもに質問をして、子どもに考えさせる」ということです。親は子どもの話を聞いているつもりでも、つい口をはさんだり、何かをするついでに話を聞いたりということをやりがちですが、それは子どもの話を聞いているということにはなりません。

 

また、子どもに考えさせようという気持ちはありつつも、つい親の意見を通すよう誘導する受け答えをしてしまうという方も多いのではないでしょうか。それでは、子どもは反発したり、どうせ自分の意見は通らないというあきらめの気持ちになったり、自分で考えることをしなくなり自分の意見を持てなくなってしまいます。
子育てコーチングは、親子の対等な関係を築きながら子どもが自分で考え、自分の能力を引き出すということに重きをおいています。

 

子育てコーチングで、子どもがどう変わる?

 

自主性が身に付く

子育てコーチングで、「どうすればいい?」「どうしてそう思う?」など、子どもに自分で考えて行動をさせることを習慣づけることで、自主性が身に付きます。親が言うからするというのでは、いつまでたっても受け身のままです。ですが、自分で考えて行動することが出来れば、自発的に考えて行動出来るので、世の中を生きていく上での強みになります。

 

自信がつく

子育てコーチングでは、否定的な言葉をかけません。子どもが考えて行動することで、達成感が得られますし、それを親や周りの人間から認められて「ありがとう」や「頑張ったね」といった言葉をかけられることによって、自信を持つことができます。自信を持つことは、自己肯定感が高くなければできませんし、子どもの成長において非常に重要です。

 

どうやってコーチングを学べる?

コーチングについてもっと詳しく学びたいと思われる場合は、次の方法があります。

 

  • 書籍
  • 講座
  • ネット

 

子育てコーチングは、たくさんの書籍が販売されていますので、気になる書籍があれば手軽に手に取ることが出来ます。講座を受けて直に学ぶことも出来ますが、中には高額な講座もありますので注意が必要です。出来るだけ、口コミや評判を確認してから申し込みをする方がいいですよ。基本としては、子どもの話に耳を傾け、子どもに自分で考えるための言葉をかけるだけですので、意識して日々の子育ての中で始めるだけでも違います。

 

まとめ

子育てコーチングは、子どもとの関係も良好にしてくれます。ついつい子どもの言うことを最後までじっくり聞いてあげられないとか、子どもに命令口調で話をしてしまうという方は、言葉のかけ方を変えるだけでも子どもの自主性を伸ばすことが出来ますので、少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか。