ウイスク検査をするメリットってあるの?

ウイスク検査をするメリットってあるの?

この記事では、ウイスク検査をするメリットについてお話します。学校から子供にウイスク検査を受けさせてみてはどうかと提案されて迷っているという方や、ウイスク検査をするメリットを知りたいという方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

ウイスク検査って何?

ウイスク検査とは、子供の発達障害についての知能検査です。対象年齢があり、5歳から16歳11か月までとされています。

 

  • 言語理解…言葉の理解力や表現力、推理力、語彙力
  • 知覚推理…空間を認知したり、目で見たものをどう使えるか
  • 処理速度…単純作業を正確にどのくらいのペースで行えるか
  • ワーキングメモリ…入ってきた情報を、必要なものと削除するものに整理する能力

 

ウイスク検査は、積み木を重ねたり、絵を覚えて正しい順番に並べたり、数字を覚えて答えるなどの検査を通じて、上記4つの能力の知能指数を出します。

 

ウイスク検査を受けるメリットは?

ウイスク検査は発達障害かどうかを判断するための検査ではないです。我が子に障害があるのかどうか知りたいのであれば、病院など専門の機関で検査を行って診断を受ける必要があります。ウイスク検査はその子の得意な分野と苦手な分野を知るための検査です。どんな手助けがあれば、その子が暮らしやすくなるのかということを知るヒントとなります。

 

子供に合った学習の方法や、指導の方法を見つけられる

ウイスク検査で、どの分野が苦手なのかが分かれば、子供に合った学習の方法やどう指導すれば効果的かという方法を見出すことができます。お互いのストレスも減りますよ。

 

子供自身を深く理解して関われる

実は不得意な分野があるのに、それをできないと決めつけて改善させようとつい叱ったりしまいがちですが、実は苦手な分野でこう関わればうまくいくということが分かれば、人間関係も円滑になります。

 

自信をつけさせることができる

周りの人間が、ウイスク検査の結果をもとにどう子供と向き合えばいいのか分かれば、「どうしてできないの」など、本人の自尊心を傷つけるような言葉を発することもなくなりますので、子供に自信をつけさせやすくなります。

 

どこで受けられるの?

ウイスク検査は、医療機関や教育センターで受けることも出来ます。ですが、病院に直接言って検査を希望しても、なかなか検査してもらえないことも多いです。まずは子供の言動で、不安に感じているのであれば、まず小学校の担任の先生に相談をみてみましょう。適切な期間を紹介してもらえたりしますよ。

 

自治体で行っている場合は、無料で受けられることも多く、医師の診断は無くても、検査結果からどういうケアをすれば子供が生活しやすくなるかを考えることが出来ます。ですから、まずは担任の先生に相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ウイスク検査は、発達障害かどうかを明確にするための検査ではありません。子供の得意な分野と苦手な分野を知ることで、子供を理解しつつ適切なサポートをすることが出来るようになりますよ。