家事の中で出来る節約術を教えて!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

家事の中で出来る節約術を教えて!

この記事では、家事の中で出来る節約術についてお話します。毎日の家事の中で、少しでも節約につなげたいと思っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

食材の買い物で出来る節約

家事の中でも、食材の買い物で出来る節約は、かなりの部分を占めるのではないでしょうか?

 

底値を知る

節約の基本、商品の底値を知っておくと、買い物の時この値段以上は買わないという基準ができます。新聞を購入していなくても、チラシをアプリでチェックしたりすることが出来るので、併用すると便利ですよ。また買い物していくうちにこの店は日用品が安い、この店はポイント還元が高い、この店はこの曜日が安いといった情報がインプットされてくるので意識してみてくださいね。

 

食材のストックを管理

食材のストック状況を分かっておかないと、安いからとどんどん食材を買っても食べきれずに捨てることになりかねません。一番の無駄ですよね。だから、食材のストックを十分把握してから購入するようにしましょう。買い物前に確認するのもいいですし、時間がなければアプリを活用してストック管理をすると、買い物の時チェックできますよ!1週間に1度、冷蔵庫整理をするのもおすすめです。

 

コンビニでの買い物は最小限に利用

コンビニの商品は少し割高になりやすいので、便利でも出来るだけ買い物の利用は控えるのがおすすめです。ついつい行くと、美味しそうな新商品とか見つけて買っちゃいますが、コンビニ生活では節約が難しいですよ。出来るだけ手間でもスーパーやドラックストアなどを利用しましょう。

 

エコバックは必ずカバンに忍ばせて!

エコバックは必ずカバンに1個は忍ばせておくのがおすすめです。いつどこで買い物をするか分かりませんし、今は買い物袋1枚からお金がかかります。ほんの5円とか思っていても、節約は地道な努力が必要です。“チリも積もれば山となる”ですよ!我が家も車のダッシュボードの中、主人のビジネスバックの中にミニサイズのエコバックをそれぞれ忍ばせていますし、子供たちも1つずつミニサイズを持たせています。

 

無駄買いをしない

無駄買いをしないためには、本当に必要なものだけを買うことが重要です。お財布の中に必要な金額しか入れないとか、まとめ買いをして買い物に行く回数を減らすなど、自分に合った方法で無駄買いを防止しましょう。

 

調理の節約

調理は家事の中でも、地道な節約ができます。

 

揚げ物はフライパンがおすすめ

我が家は揚げ物をする時はフライパンです。少量の油でも、コロコロ転がしながら十分揚げることができますし、油を捨てるときにも少量しかないので楽です。揚げ物をよくするので、少量の油で済むというのは、我が家の節約ポイントですね。

 

お弁当に使えそうなおかずは取り置き

お弁当に使えそうなおかずは取り置きして、シリコンカップに入れて、密閉容器に入れて冷凍しておくと、そのままお弁当に入れておいてもおいしく食べられます。お弁当を作ることができれば、お昼ご飯の節約になりますよ。

 

野菜の皮や芯も調理!

ニンジンや大根など、きれいに洗えば皮も食べられる野菜はたくさんあります。だから、皮を捨てずに金平にすると、立派な一品が出来上がりますよ!また、捨ててしまいがちなブロッコリーの芯も、茹でるととっても美味しいのでぜひ食べてみてくださいね!

 

洗濯の節約
お風呂の残り湯を使う

お風呂の残り湯を使って洗濯をすると、水の節約になりますよ。我が家もお風呂の残り湯を使っていますが、かなり節約になっています。

 

洗濯機を省エネなものに買い替える

洗濯機によっては、エコモードがついているので、それを利用して洗濯をするのもおすすめです。我が家はエコモードを使うと、お風呂の残り湯が使えないので、どうしてもお風呂の残り湯を使いたいがために私はエコモードを使っていません。また、洗濯機によっては節水機能に優れていて、少しの水できれいにできるものもありますよ。

 

電力プランによっては夜中のうちに浴室乾燥した方がお得

浴室乾燥の機能がある場合、電力プランによっては夜中の電気料金がかなりお安くなります。そこを利用するのもおすすめですよ!浴室乾燥があるとすごく便利ですが、電気代が気になるところですよね。電気を使う時間帯が夜の方が多い場合は、プラン自体の見直しをして利用した方がお得になります。

 

掃除の節約
掃除機をかける前に、床のものを片付けて

掃除機も結構電力がかかるので、出来るだけ手早く済ませたいですよね。その場合は、床のものを片付けてスムーズに動けるようにしておくと、掃除機をかける時間を短縮することができますよ。

 

端切れをカットして使おう

我が家では、古くなった肌着や服を捨てる前に、カットして拭き掃除用の道具にしてしまっています。トイレや玄関周り、台所にも置いておいて、汚れを拭いたらそのまま捨てることができて便利ですよ。いちいち専用のお掃除シートを買う必要がなくなるので、節約になります。

 

食事の後片付けの節約
洗う順番に注意

食事の後片付けは、シンクに食器を運んだら、お米がこびりついたものは水につけてふやかして置きます。そして油汚れの激しいものに関しては、古くなった布をカットしたものや古くなった子供の靴下などで拭き取ると、洗剤やすすぎの水も節約できますよ。あとは油汚れの少ないものから洗って、最後に油汚れのひどいものや、鍋などの大きな調理用具を洗うと、何度も洗剤をつけたりする必要がないので節約になります。

 

食器洗い機があれば活用

食器洗い機があるのであれば、使った方が節水効果があります。我が家は食器乾燥機しかないのですが、夜間の電力が安いプランなので、夜の11時以降に使用していますよ。

 

まとめ

家事で節約できることってたくさんあります。たかが10円や100円の節約しか、家事ではできないと思っていても、それが毎日のこととなると、結構な金額にもなってくるのではないでしょうか?毎日の家事だからこそ、ぜひ意識してやってみてくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加