子育て中、“お金がない”は言っちゃダメ?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て中、“お金がない”は言っちゃダメ?

この記事では、子育て中に子どもに「お金がない」を口にすることはどんな影響があるのかについて考えてみたいと思います。「つい言っちゃっているな」と心当たりのある方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

子育て中の“お金がない”は、金銭感覚を養うための言葉?

子育ての中で、“お金がない”は、どこの親御さんも遣われるのではないでしょうか。私も父がよく「お金がないから買わない」というのを言っていました。だから私も本気で「お金がないんだな、うちは」と思っていましたよ。夫も「お金がない」と言われて育ったと言っていますし、周りの親子のやり取りを聞いていても、大人は「お金がないから」と冗談めかして子どもに言っていたりします。

 

お金があるからなんでも買ってあげるというのでは、金銭感覚を養うことが出来ませんし、お金がないから買うことが出来ないんだよという我慢を覚えさせるという意味で、子育ての中で「お金がない」はよく使われるワードと言えますね。

 

子育て中、“お金がない”はどんな影響を及ぼす?
“お金がない”ということを、引け目を感じることがある

子育て中、子どもに「お金がない」とダイレクトに言ってしまうと、子どもは子どもなりに気を遣います。というのも、子どもは素直に親の言うことを受け取るので、子どもに向かって「お金がない」と言い続けると、子どもは「うちにはお金がないんだ」と受け止め、お金がないことを引け目に感じてしまう可能性があります。

 

だから、いくら金銭感覚を養うためとはいえ、あんまり積極的に遣うべきではないような気もしますよね。我が家は裕福なわけではないですが、子どもに「お金がない」は言ったことがないです。でも子どもたちはよく私が「これ買おうか」というと、「お金遣っちゃって大丈夫?」と聞いてくるので、なんだか情けない気持ちになってきます。

 

どうして「お金がない」なんて子どもの前で言ったことがないのに、こんなにお金のことを気にするのかな?と思うのですが、「お金がない」と直接言っていなくても、私の日々の「パパが大事に稼いだお金だから、簡単になんでも買わないよ」という言動が関係しているのかもしれません。「簡単に遣えないお金=お金がない」に結びついているのかもしれませんね。

 

将来にどう影響する?

子育て中に“お金がない”と子どもに言うことで、子どもの将来にも少なからずの影響があります。まず、“お金がない”ということに引け目を感じて、自分はしっかり貯蓄をしようというしっかり者タイプですね。まさに、親の狙いが的中するパターンです。

 

そしてもう一つは、“お金がない”と言われて我慢して育ったので、自分で稼いだお金を好きなだけ遣って散財するパターンです。幼少期の反動ですね。子どもの性格によってどうなるかは分かりませんが、お金の大事さを伝えるのであれば、何か他の言い回しを考える必要もあるかもしれません。

 

“お金がない”以外に何かいい言い回しは?

“お金がない”ということで、子どもに金銭感覚を養ってもらいたいと思っているのであれば、お金の使い方を教えることが重要なのではないでしょうか。欲しいものがあるのであれば、それに向けて自分でお金を貯めるとか、お金を渡す際に「すべて使う必要はない」ということを伝えるとか、「本当に必要か買う前によく考えるようにアドバイスをするなど」色々金銭感覚を養うための方法はあります。

 

「子どもに親が買い与える」から「子どもが自分の欲しいものを考えて自分で買う」ということへのシフトチェンジをするのに、いい機会であるとも言えますね。また、もっと子どもが小さな時期になんでも買い与えるのではなく、我慢させたくて“お金がない”を言い訳にするのであれば、「次のクリスマスにサンタさんにお願いしようか」とか「お誕生日にね」といった、先の楽しみを作って我慢につなげてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

子育て中、“お金がない”は何の気なしにつかってしまいがちな言葉ですが、子どもからすると結構ショッキングな言葉です。「うちにはお金がないんだ」という気持ちを心に秘めて、本当にやりたいことを我慢したりすることもあるかもしれません。だから、あんまり気楽に遣わない方がいいかもしれませんね。金銭感覚を身につけさせたいと思って「お金がない」を遣うのであれば、ちょっと言い回しを考えてみてはいかがでしょうか!


このエントリーをはてなブックマークに追加