節約してもきりがない!家計はどこを見直す?

節約してもきりがない!家計はどこを見直す?

この記事では、家計はどこを見直すべきかについてお話します。日々の節約に励んでいるけれど、思うように節約できずどうしていいのか分からない、家計のどこを見直していいのか分からないという方は、良かったら参考にしてみてください。

 

家計のどこを見直すべきかわからない!

家計を見直したいけれど、どこをどう見直したらいいのか分からないという方は多いのではないでしょうか。日々の節約をして自分で切り詰めても、目に見えての効果がない場合、やる気もなくなってしまいますし、途方に暮れてしまいます。では、どこを見直していけばいいのでしょうか?

 

どこを見直す?
食費

なんとなく毎回どんぶり勘定で買い物をしている人も多いかもしれませんが、毎週の予算を決めて冷蔵庫やストック品の管理をしっかりすると、無駄が見えてきます。一度書き出してみるといいですよ。

 

光熱費

例えば電気代はアンペアを見直して変更するだけでも、基本料金が変わります。また、シャワーを節水ヘッドに変更するとか、水の出が勢いよく出ないようにすることで、水道料金も変化がありますよ。ガスに関しては、オール電化に切り替えることで安くなる場合もあります。もちろん、お金はかかりますが、長期的に見て節約効果があるかもしれません。

 

我が家も後からエコキュートを取り付けましたが、ガス代がこれまでの三分の一になったうえ、電気代もお得な深夜の時間帯にお湯を沸かしてくれるので、大きな変化はありません。子供がみんな女の子なので、長期的に見てお風呂代やシャワーなどかかることを見越してエコキュートを導入しましたが、今のところよかったなと思います。

 

通信費用

今やインターネット社会ですから、自宅でインターネットを利用することができる環境を整えている人がとても多いです。スマホを購入する際に携帯会社が勧めるプランを利用することで、お得な料金でインターネットを利用することができますよ。また、最近では格安スマホが人気を集めています。大手の携帯会社に比べて格段に安い値段で月々利用することができますので、利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

保険料

家計の大きな見直しができる項目として、保険料が挙げられます。無駄にかけているものはないかどうか、ライフスタイルに合わせて変更をしないと、もったいないです。保険の見直しは時間もかかるし手間もかかりますが、他社と比べるというのは重要です。色んな会社の資料を取り寄せて、乗り換えた方がお得に利用できるところがないか探すのもいいのではないでしょうか。

 

ファイナンシャルプランナーに相談するのもおすすめ

本格的に家計を見直したいという場合は、ファイナンシャルプランナーに相談をするのも一案です。プロの目線で家計を細かく分析して、どこをどう見直すべきかというアドバイスをしてもらえますよ。

 

また、自分でファイナンシャルプランナーの資格を取るというのもおすすめです。自分の資格として強みになりますし、家計に関してのスペシャリストになることができます。家計についてもっと知識を深めて資格を手にしたいという方は、良かったらファイナンシャルプランナーの資格を取るかどうか検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

家計を見直すことで、少しずつでも節約になります。どこを見直すべきかわからない場合は、プロであるファイナンシャルプランナーの力を借りるのもおすすめですので、ぜひライフスタイルの節目には定期的に家計を見直してみてくださいね。