今やLINEは子育ての必須便利アプリ!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

今やLINEは子育ての必須便利アプリ!

この記事では、子育てで押さえておきたい便利なアプリ、“LINE”についてお話します。イマイチLINEがどう便利なのか分からないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!実際に使ってみると、こんなに便利なんだと驚かれる方も多いと思います。また、同時にLINEを始めるにあたっての注意点についてもお話するので、チェックしてみてくださいね。

 

LINEでコミュニケーション

私自身、LINEの必要性を感じなかったため、LINEデビューは遅かったです。というのも、仕事を辞めて子育てに専念するようになりましたが、引っ越し先でママ友がなかなかできなかったため、メールで十分という気持ちが強かったからです。でも、次第にママ友が出来るようになってLINEデビューをすると、確かに便利だなと思うことがとても増えました。

 

(1)グループLINE
LINEを始めて便利さを感じるのが、グループLINEです。仲の良いママ友でグループを作ったり、子育てサークルに参加するようになると、LINEで情報共有できるのですごく楽です。子育てイベントの情報が入ってくるとすごく重宝しますし、サークル活動や遊んでいる時の様子を写真に撮ったら、アルバムにしておけばグループのメンバーで共有できてとっても便利ですよ。また、今私は幼稚園の役員をしていますが、役員のグループLINEで役員会の日程を決めたりするのもLINE機能で日程調整が出来て有難いですね。

 

(2)無料通話
LINEは無料通話アプリなので、手軽に友人やママ友、家族とコミュニケーションをとることが出来ます。LINEじゃなくて直に話を聞いて欲しい時ってありますよね?我が家は実家が遠方なので、母と電話をする時はLINEです。電話代が浮くのでお互いに喜んでいますよ。

 

またビデオ電話を選択することもできるので、主人が3ヶ月ほど単身赴任をしていた時、娘たちがパパと毎日顔を見て話をするのにとても役にたってくれました。

 

LINEを使った子育てサービスの充実

最近では、自治体でもSNSを使った子育てサービスの充実を図っています。特にLINEは利用者がすごく多いことから、積極的に取り入れている自治体が多いですよ!

 

(1)LINEで子育て情報をゲット
定期的に子育てのイベント情報を発信する自治体があります。住いがある自治体の友達登録をしておくと、子育て情報が入ってくるのでLINEを利用している方はぜに登録しておきたいところですね!また、予防接種や検診スケジュールの通知が来る自治体もあるので、予防接種を忘れて困るなんて人にとってはとても助かります。残念ながら私の住んでいる自治体では、LINEを取り入れていないのですが、LINEでの子育て情報発信を取り入れている自治体に住んでいればきっとお友達登録していると思います。

 

(2)LINEで子育て相談に乗ってくれる
自治体によっては、LINEで子育ての質問や相談をすると、それに対して答えが返ってくるというLINEサービスを取り入れているところがあります。周りに子育ての相談をすることが出来ない人の場合は、気軽にLINEで相談できると、お母さんも子育てで追い込まれて精神的に参ってしまうということになりにくくなるかもしれませんね。また、東京では大人だけでなく、子どもの相談にも乗ってくれます。親に言えないことや、親から暴力を受けていることなどを相談することができるんですよ。

 

LINEでお得

LINEでは、企業と友達登録をすることで、スタンプがもらえたりポイントがもらえたり、割引情報をゲットできたりします。企業の中には、商業施設だったりユニクロ、西松屋、バースデイを始めとする、子育てしていたらよく利用するお店が多くあるので、登録しておくととってもお得ですよ!

 

LINEを使う時の注意点

(1)よく確認して登録
確かにLINEはとっても便利ですが、友達登録をすることで企業側にいくらかの個人情報を渡すということになるので、よく考えて納得・確認したうえで登録をするようにしましょうね。

 

(2)セキュリティに重点をおいて
友達追加は簡単に出来ますが、知らない人や親しくない人とつながってしまうこともあります。面倒でも手動で友達追加をすると、必要ないコミュニケーションをとらなくても済みますし、セキュリティ対策にもなります。

 

まとめ

LINEは非常に便利なため、多くの子育てママさんが利用しているかと思いますが、便利な一方でセキュリティ対策をしっかりしておかなければ、知らない人といつの間にか友達になってしまったりします。安心して利用するためにも、始めにLINEの知識をしっかり持って、セキュリティ対策をしたうえで利用するようにしましょうね!


このエントリーをはてなブックマークに追加