痒いところに手が届く!便利な子育てアプリに注目!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

痒いところに手が届く!便利な子育てアプリに注目!

スマートフォンやタブレットの普及と同時に、沢山の便利な子育てアプリが利用されるようになりました。私も色んなアプリをスマホやタブレットにダウンロードして利用しています。

 

子育てアプリは上手に使うことで、子育てを楽しく便利にしてくれる要素が満載なんです。どんなアプリがあるのか気になる、ちょっと使ってみたいなと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

子育てアプリを使うメリット

(1)知りたい情報をピンポイントで得られる
子育てアプリは細かく細部にわたって分類されているものもあるので、お子さんの成長過程や育児のお悩みに合わせて取り入れることで、知りたい情報をピンポイントで得ることができちゃいます。

 

(2)夫婦で情報を共有できる
子育てアプリの中には、夫婦で共有することが出来るものも多くあります。だからお子さんの日々の成長を夫婦で分かち合うことが出来るため、旦那さんの育児への協力や積極性を高めることが出来ます。

 

 

(3)外出の荷物を減らすことができる
外出先でぐずる我が子をあやすためのアプリをスマホにダウンロードしておけば、あやすためのおもちゃなどを減らして外出することができますよ!

 

便利な子育てアプリは多様!

(1)育児記録
育児記録としてお勧めなのが、“育ログWM”です。
画面上のシールをタップして、簡単に授乳や睡眠などの記録をすることが出来る上に、それをグラフで表示できるのでとても見やすいです。また、メモや写真機能を使ってお子さんの育児記録を書き込むことが出来るので、このアプリ一つで赤ちゃんの生活を管理しながら記録も出来てしまうという優れものです。

 

(2)予防接種のスケジュール管理
子どもは小さいうちに沢山の予防接種を受けなければなりません。そのスケジュールは細かいですし、また忘れた頃に2回目・3回目を受けなければならない場合が多いです。私も2回目を受ける時期を逃して小児科の先生より注意を受けるというのを、何度か経験しました。そんな予防接種のスケジュール管理をしてくれるのが、“予防接種スケジューラー”です。一目で分かりやすいというのがおすすめポイントですね。

 

(3)離乳食レシピ
離乳食を作り始めると、何を作ったらいいか迷ってしまったり、いつも同じものばかりになってしまうというお悩みが尽きないという方も多いのではないでしょうか。“手作り離乳食”というアプリを使えば、条件を絞って検索することが出来るので、赤ちゃんの成長時期に合った離乳食レシピを見つけられます。簡単に作れるレシピがたくさんありますし、どんな食べ物をどの時期に食べさせたらいいかというのも分かるので、とっても便利ですよ!

 

(4)医療
子育てをしていて、子どもの急な体調の変化に焦る場面、沢山ありますよね。“小児救急支援アプリ”は、スマホの画面から当てはまる症状をタップしていくと、症状の緊急度を導きだしてくれます。大阪消防局が開発に携わっているので診断の信頼度も高いですよね。受診するべきかどうか迷った時に利用すると、心強いアプリです。

 

 

(5)知育
知育アプリは沢山ありますが、私は特に“PIBO”がおすすめです。新作の絵本や沢山の人気作家さんの作品を読むことが出来ますよ!また、“アンパンマンとこれなあに?赤ちゃん・幼児”は、アンパンマンが大好きなお子さんにぴったりです。楽しみながら、お子さんの好奇心を育てることが出来ちゃいますよ!

 

(6)ぐずり対策
赤ちゃんの時はレジ袋をガシャガシャさせると泣き止むという話を聞きますが、これは本当です。お母さんのお腹の中にいる時と同じ音がして安心というわけだそうです。“赤ちゃん泣き止み音アプリ”は、そんなお母さんの胎内と同じ波長の音が沢山収録されていますよ。

 

(7)パパ専用の育児情報
育児情報アプリは沢山ありますが、その中でもパパ専用という珍しい育児情報アプリが“パパninaru”です。ちなみに、パパninaruに対してママの間で赤ちゃんの成長に関しての情報が満載と人気なのが、“ninaru baby”なんです。赤ちゃんの成長に合った情報が届くこと、アプリ内で記事の検索が出来るので、自分の知りたい情報をピンポイントでゲットできますよ。

 

(8)自治体による子育てアプリ
自治体によっては、お住いの地域で楽しめる子育てイベントやお役立ち情報をゲットできるアプリを作成しているところがあります。アプリを見せるとお店の利用が割引になったりする場合もあるので、ぜひお住いの地域で子育てアプリを作っていないかチェックしてみてくださいね。

 

(9)写真管理
子どもが生まれると、可愛い瞬間を逃すまいと毎日沢山の写真を撮りますよね。我が家も沢山撮るのですが、結局処理しきれずにデータばかりが溜まってしまい、途方に暮れてしまうことがよくあります。
そんな時に便利なのが、写真管理が出来るアプリです。色んな種類がありますが、私は“Famm”を使っています。写真をアップロードすると、自動的に家族アルバムを作ることができて便利ですよ。県外の実家とも共有して、子どもの成長をみてもらっています。

 

子育てアプリを使うにあたって注意しよう

(1)夢中になり過ぎない
アプリを取り込んだら珍しいし、その機能に魅了されてしまいますよね。スマートフォンやタブレットばかりに目を向けて、お子さんの視線に気づかないなんてことのないようにしましょう。

 

(2)一度に大量のアプリを利用しない
便利だからと、あれやこれやとアプリを取り込んでいては、本当に必要なものを必要な時に使えません。
1つ~3つ程度のダウンロードにしておき、不要になったらアンインストールするようにしておくと、その時必要なアプリを利用することが出来ますよ!

 

(3)お子さんに見せる時は時間を決めて
忙しい時にお子さんにアプリを見せたりさせたりするという方、きっと多いですよね?我が家もよくあります。子どもも楽しいし夢中になって静かに見ていてくれるので、ついつい見せすぎてしまうのですが、あまりに見せすぎるとアプリに依存してしまったり、目が疲れてしまいます。できるだけ時間を決めて利用するようにしましょうね!

 

 

まとめ

子育てアプリは、お子さんの健やかな成長のサポートと、育児を楽しくするために利用するととても心強いのは確かです。でも、子育てアプリに頼りすぎてしまうと、スマホにばかり目が行ってしまいますし、お子さんとの触れ合いの時間も減ってしまいます。またお子さんに見せる際には時間を決めて利用しなければ、お子さん自身もスマホやタブレットに依存してしまうので、使い方には注意が必要です。

 

子育てアプリの中には、無料で利用出来るものもあれば、課金が必要となる場合もあるので、事前によく確認して納得した上で利用するようにしましょう。沢山のアプリの中で、自分にぴったりの便利アプリが見つかると良いですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加