子育て中、保険って入った方が良い?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て中、保険って入った方が良い?

この記事では、子育て中に保険に入る必要はあるのかについてお話します。子どもの保険の加入で迷っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

子育て中、保険って入った方が良い?

昔に比べて、今は子ども医療費助成制度が充実しています。自治体によって差はあるものの、小学校を卒業するまでとか、中学校を卒業するまで乳幼児医療が無料となっていたりするので、医療保険って別に入る必要はないと考える家庭は多いのではないでしょうか。その場合、子ども医療費助成制度が終了する時期かから、医療保険に加入することを考える人が多いようですね。

 

一方で子どもが小さいうちから医療保険に加入した場合、万が一子どもが入院して差額ベッド代や食事代が必要になったり、親が仕事を休まなければならなくなったりした時に、出費の補填をすることが出来ますよ!だから、考え方次第ということになります。保険はもしもや将来に備えてのものです。だから色んな保険を比較して、本当に自分が必要だと思うものがあれば、加入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

私の周りでも、医療保険に加入している人もいれば、学資保険だけに加入している人、子育て中は保険は必要なしという考えで一切何の保険も加入していない人など様々です。夫婦でよく話し合ってみてくださいね。

 

どんな保険に入っておくといい?
医療保険

我が家の子どもたちは、コープ共済に加入しています。ひと月1000円の掛け金ですが、けがでの通院でも保険金を請求できるので、けがの多い幼児期は助かります。先日も長女の足の打撲で通院しましたが、整形外科でサポーターを購入しました。その分も保険金が出ましたよ。もともとは、コープ共済のプラス140円でつけられる個人賠償責任保険が目的で加入しました。子どもが人や人のモノに損害を与えた時、最高3億円まで保障額が出ますし、1世帯の1人が加入すると、家族全員が保障されるものなので、子育て世帯には安心です。

 

学資保険

学資保険は子どもの進学でお金が必要な時に向けて、学費をためるための保険です。我が家の子どもたちは、JAの学資共済に加入しています。色んな学資保険の資料を取り寄せて、当時の返戻率が一番高かったためです。今はもっと内容の充実した学資保険があるので、色んな保険会社の資料を取り寄せて比較してみてはいかがでしょうか。ただし、途中で解約すると払い込んだ保険料の累計額より少ない額しか返ってこなかったりするので損をする場合があります。加入する場合はよく考えて検討してからにしましょう。学資保険をかけるよりも自分で資産運用して増やした方が利率が良いとか、自分で貯金できるのであればかける必要はないかもしれません。

 

傷害保険

我が家は加入しているコープ共済にけがの保障がついているので、傷害保険には加入していませんが、子どもが年中になるころからけがをする機会は増えますだから、子育て中入っておくと安心かもしれませんね。

 

個人賠償責任保険

我が家は加入しているコープ共済に個人賠償責任保険を付けることが出来たので付けていますが、子育て世帯にとってこれはすごく心強いです。子どもはどこで人にけがをさせてしまったり、モノを壊してしまったりするか分かりません。特に自転車を運転していた子どもが、人にぶつかって相手に重い障害を残すような大けがをさせたり死亡させてしまい、何千万円~1億円もの賠償金額の支払いを命じられたというのを新聞で見て、これは決して他人ごとではないなと思いました。入っておくと、万が一に備えられますよ。

 

まとめ

子どもに必要な保険は、子どもの成長に合わせて今必要かどうか考えましょう。特に子どもが小さいうちの医療保険や傷害保険に関しては、子ども医療費助成制度を受けられる間は必要ないとするのもありです。実際、今のところ私も次女と三女の医療保険は請求したことがないので、このままかけ続けるべきか迷っているところです。また迷っているのであれば、ファイナンシャルプランナーに相談してみるのもおすすめですよ!掛け捨ては長い目でみるともったいないですし、よく夫婦で話し合って検討してみてくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加