おしゃぶりに頼るのはダメなの?上手な使い方を教えて!

おしゃぶりに頼るのはダメなの?上手な使い方を教えて!

この記事では、子育て中におしゃぶりに頼るのはダメなことなのかについてお話します。おしゃぶりを利用したいけれど、赤ちゃんにとって良くないのかどうか知りたいという方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

おしゃぶりに頼るのはダメなの?

赤ちゃんにおしゃぶりをすると、落ち着いているように見えるし、お母さんのストレスも減るため日常的に頼ることが多いという方は多いのではないでしょうか。一方で、赤ちゃんにおしゃぶりをするのは良くないという考え方の人もいますよね。我が家はおしゃぶりを購入して持っていましたが、子どもが嫌がってつけることはほとんどなかったです。実際、おしゃぶりに頼るのはダメなことなのでしょうか?

 

おしゃぶりに頼るメリット
赤ちゃんが落ち着く

おしゃぶりを口にすることで、赤ちゃんはお母さんの母乳飲んでいるような感覚になり、安心することができます。不安な気持ちになっている赤ちゃんをすぐに抱き上げたり母乳を与えることができないという時には、赤ちゃんが安心できるアイテムとして効果的です。

 

お母さんのストレス軽減

赤ちゃんが泣き出すことでイライラしたりストレスが溜まったりするという場合は、おしゃぶりを上手に利用すれば赤ちゃんの泣き声でイライラするという状況を防ぐことになり、ストレスを軽減することができます。

 

口周りの筋肉を鍛え、鼻呼吸習慣づける

おしゃぶりをすることで、口周りの筋肉を鍛える効果や、鼻で呼吸する習慣を身に着けることができます。

 

おしゃぶりに頼るデメリット
コミュニケーションの機会が減る

あかちゃんがおしゃぶりを加えると、落ち着いて静かになりますが、その分意識してスキンシップをとらないと、親は「赤ちゃんが泣いたらとりあえずおしゃぶり」になってしまいがちです。「赤ちゃんがどうして泣いているのか」ということも、考えなくなってしまうことになりかねません。

 

出っ歯やかみ合わせの悪さの原因になる可能性がある

おしゃぶりを使い続けることによって、出っ歯になってしまったり、かみ合わせが悪くなってしまうことが考えられます。

 

おしゃぶりは上手に利用しよう
泣けばすぐにおしゃぶりはNG

赤ちゃんが泣いたらすぐにおしゃぶりせず、赤ちゃんがどうして泣いているのかスキンシップをとりながら探りましょう。たっぷりスキンシップをとりながらどうしてもという時に利用するのがおすすめです。

 

2歳までには卒業する

長期的におしゃぶりを使い続けることで、出っ歯やかみ合わせの悪さの原因となってしまうため、出来るだけ2歳までには卒業しましょう。1歳には歯がどんどん生えてきますので、1歳を過ぎたら出来るだけ時間を決めて使用した方がいいかもしれませんね。長期間にわたって常時使用となると、卒業しにくくなります。

 

消毒も忘れずに

おしゃぶりを使う上で意外に忘れがちなのが、「消毒」です。赤ちゃんが口に入れるものですし、外しているタイミングで、煮沸消毒や電子レンジを使った消毒など、自分のやりやすい消毒方法で生活に保ちましょう。

 

まとめ

おしゃぶりは赤ちゃんにとってもお母さんにとっても、上手に使えば子育ての強い味方になってくれるアイテムです。ですが使い方を間違えてしまうと、かみ合わせや出っ歯、親子のスキンシップに問題が出てしまうので、十分に注意して使うようにしましょうね。