子育てと仕事を両立させるための工夫

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てと仕事を両立させるための工夫

子育てをしながら仕事をしているママは世の中にたくさんいると思います。でも、仕事と子育てを両立させるって本当に大変なことなのです。

 

仕事をしながら子育てをしているママのスケジュールはいっぱいいっぱいです。そして、仕事と子育ての合間を縫って、食事を作ったり、買い物をしたり、習い事の送り迎えをしたり、学校行事へ参加をしたりなど毎日大忙しです。余裕なんてありません。

 

子供が病気になった時や怪我をしたときは突発的にお迎えが必要になりますし、仕事のスケジュールも滞って上手くいかなくなったりします。

 

ワーキングママが陥りやすいのが、家事やしなくてはならないことに必死になって自分ひとりで抱え込んでしまうということです。パパや子供にお手伝いしてもらうことよりも、自分がやった方が早いと思いがちなのです。そして、山積みのやらなければいけないことを前に、自分を追い込んでしまうのです。

 

 

限りある時間の中で仕事と子育てを両立させるためには、ママはきちんと時間を管理したり、ひとりで頑張りすぎずに周りに助けを求めたりする必要があります。

 

ママが全部やってくれるのが当たり前だとパパや子供が思ってしまうと、ママが体調を壊したり急用でどうしようもないとき家庭内がまわらなくなってしまいます・・・。

 

 

そうならないためにも、日頃から子供たちには積極的にお手伝いさせたり、パパには保育園の送迎など出来ることをやってもらうなどの協力体制を作っておく必要があるのです。

 

 

では、仕事と子育てを両立するための工夫についてお話します♪

朝型生活を心がける

朝早く起きて、朝食やお弁当づくりのついでに夕食の準備までしておくと、帰宅後が楽です。働くママには睡眠時間の確保がとても大事なので、朝早く起きる代わりに夜は早く寝るようにしましょう。

 

料理や買い物の時短

帰宅途中や送迎ついでに買い物を済ませたり、ネットスーパーや食材宅配サービスを利用する。

 

 

家事短縮アイテムに頼る

食器洗い乾燥機や衣類乾燥機、ロボット掃除機などの家事短縮アイテムを使う

 

おおいに手抜きする

夕食をスーパーのお惣菜に頼ったり、時短家電に頼ることを手抜きだと思わないこと。頑張っている自分や家族との時間のために必要なことだと思うようにしましょう。

 

ながら作業を心がける

入浴ついでにお風呂を掃除したり、テレビを見ながら粘着式ローラーで髪の毛をとったり、負担にならない程度のながら作業をしましょう。

 

自分の事は自分でさせる

パパや子供には自分で出来ることは自分でさせるようにしましょう。

 

 

すべきを捨てる

子供のために手作りの料理を食べさせなくてはいけないとか、掃除をして綺麗な環境にすべきと自分を追い詰めるのはやめましょう。考え方を柔軟に保つ必要があります。

 

時間の長さではなく質で子供と向き合う

子育てと仕事の両立をしているママは子供と過ごす時間の短さに罪悪感を感じてはいけません。短い時間で楽しく一緒に過ごす努力をしましょう。家事の時短で出来た時間をつかって、一緒にお風呂に入ったり、寝る前に絵本を読んだりも出来ますよね♪

 

 

子育てと仕事を両立しているママはがんばりすぎないことが大事です。完璧を目指さずに柔軟に周りの人や物に頼りながら、忙しい毎日を乗り切りましょう!

 

このちょっとの工夫で余裕が出来、子供と過ごす時間や自分を労わり、家族が笑顔になる時間が出来ます。少しずつ生活を改善していきましょうね♪


このエントリーをはてなブックマークに追加