子育て中に転職するならここを押さえよう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て中に転職するならここを押さえよう!

この記事では、子育て中に転職を考えるなら、どんなことが必要かということについてお話します。子育て中に転職すべきかどうか考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

子育て中は働き方を見直す必要がある

子どもを出産する前までは、自分の都合だけで仕事をすることが出来ましたが、子どもが生れて子育てが中心となりだすと、働き方を見直さなければ子育てと仕事の両立が難しくなる場合が多いです。

 

(1)子どもと関わる時間
仕事の内容によっては、激務で朝早くから夜遅くまで働かなければならなかったり、休日も出勤しなければならない場合があります。子どもと過ごす時間がないということで、転職を考える方は非常に多いです。

 

(2)保育園の送迎
出産前までは、出勤・退社の時間を仕事の都合に合わせることが出来ていても、子育てが始まると保育園の送迎の時間に合わせなければなりません。それに応じて転職を考える方も多いです。

 

(3)職場の理解が得られるか
子育てする女性が多い職場の場合は、転職しなくても仕事と子育てを両立させることが出来ますが、子育てに理解を得られない職場の場合は、転職を考えなければならなかったりします。

 

子育て中に転職するメリット・デメリット

(1)メリット
子育て中に転職することで、子どもと関わる時間を確保したり、子育てをしながら働きやすい環境を得ることが出来ます。また、心機一転で新しい気持ちで仕事に取り組むことが出来ますよ!

 

(2)デメリット
転職は慣れ親しんだ職場を離れるわけですから、勇気が要ります。更に、長く勤めれば勤めるほどもらえる退職金も変わってくるので、計算すると辞めるのはもったいない場合もありますよ。また、新しい環境に慣れるまで気を遣いますし、気も張るため大変に感じることが多いです。

 

子育て中に転職する際に必要なこと

(1)情報収集
転職に関しての情報収集をしっかり行いましょう。仕事の内容だけでなく、必要な資格、終業時間、子育てママが働きやすい環境かしっかり把握しておかなければ、転職してみてこんなはずではなかったということになりかねません。転職サイトも充実しているので、のぞいてみるといいですよ。転職サイトによっては、担当者が付いて親身にアドバイスをくれたり、面接に同行してくれたりといったサービスもついているので必見です。

 

(2)夫との話し合い
転職の際には、ご主人と良く話をしましょう。
子育ては夫婦で行わなければならないので、転職した際の保育園への送迎や家事の分担など、しっかりと話し合いましょうね。

 

(3)転職まで職場とよく話し合う
転職について漠然としたイメージしかない場合は、職場でもしっかり上司と話をしましょう。できれば転職をしないで、これまでと同じ職場で働きたいと思うのであれば、その旨を伝えてみるといいですよ。こうすれば子育てをしながらでも働くことが出来るけれどという案を、積極的に上司に話をしてみてくださいね。それでもどうしても双方が納得できる働き方が出来ないのであれば、転職まで円満に働くことが出来るよう仕事を頑張りましょう。

 

(4)転職を前向きにとらえる
転職したくないのに、転職をしなければならなかったというネガティブな考え方では、モヤモヤとした気持ちをもったまま転職しなければなりません。子育てのせいで自分の好きな仕事が出来なくなったなんて思いたくないですよね?それならば、転職をステップアップと前向きにとらえましょう。前向きにとらえることが出来ないのであれば、転職を考えずどうすればこれまでと同じ職場で働くことが出来るか考え、他のサービスを利用しながらでも働き続けた方が良いですよ。

 

(5)助けを求められる人を見つける
転職して子育てしながら働きやすくなったといっても、急なお迎えが必要だったりどうしても休めない日だってありますよね?そんな時のために、実家や義実家、ファミリーサポートやベビーシッター、病児保育サービスなどもしもの時に頼ることが出来る場所を見つけておきましょう。お友達という選択肢もありますが、出来れば身内や公的なサービスを利用した方が、相手に負担がかからないのでおすすめです。

 

まとめ

子育て中に転職を考える人はとても多いです。
出産前といざ子育てが始まってからでは、何とかなるだろうと思っていたことが、何とかならなかったり難しいなと感じる面が見えてきます。転職をするということは、エネルギーが要りますが、どうすれば子育てと仕事を両立できるのかよくご主人や会社とも話し合って、心機一転で転職が出来るといいですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加