子育てしながらキャリアを活かした仕事はできる?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てしながらキャリアを活かした仕事はできる?

最近では、妊娠・出産をしても変わらず自分らしくキャリアを活かした仕事をしたいという女性は多くいます。でも、実際にそんなことは出来るのかなと不安に思われるかも多いのではないでしょうか。この記事では、子育てをしながらキャリアを活かした仕事はできるかについてお話しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね

 

子育しながらキャリアを活かした仕事をするには

(1)職場の理解
キャリアと仕事を両立させるには、職場の理解がとても重要です。子育ては子どもが小さいうちはどうしても子ども中心の生活となるため、仕事を途中で抜けたり休んだり、遅刻したりしなければならないことがあります。そこを理解してくれる職場でなければ、なかなか仕事と子育ての両立は難しいといえます。キャリアを積んでいきたい、もしくはキャリアを活かした仕事を継続していきたいと思うのであれば、まずは職場の上司や同僚に話をしましょう。

 

(2)誠実な仕事への取組み
キャリアを生かした仕事を継続したり、キャリアを積んでいきたいと思う一方で、自分は子育てをしているのだからと、時短就業を当たり前だと思った態度や、周りへの配慮に欠ける態度は反感を招きます。仕事に誠実に取り組み、同僚や上司への感謝の気持ちを常に忘れないようにしましょうね。

 

(3)ご主人の理解
なんと言っても、子育てとキャリアの両立をさせるにあたっては、ご主人の理解は不可欠です。これなしには、キャリアを活かした仕事と子育ての両立は出来ません。保育園への送迎・家事・家での子育てをしっかり分担して行わなければ、両立はあり得ないですね。だから事前にご主人とよく話し合って、役割分担を決めておきましょう。

 

(4)周りの助け
夫婦だけではなかなか共働きをすることは難しいです。夫婦の両方が仕事の都合で、子どもの保育園の送迎が出来なければ困ってしまいますよね?そんな時には、周りに実家や義実家があればもしもの手助けを依頼しておきましょう。また、近くに実家や義実家など頼れる人がいない場合には、ベビーシッターや地域のファミリーサポートに登録しておけば助かります。あらかじめ近くで利用できるサービスがないか、チェックして登録しておけるといいですね。

 

キャリアを活かした仕事をするには事前の準備も重要

(1)子どもに負担がかからない方法を選ぶ
キャリアを生かした仕事をしたいと思っても、妊娠前と全く同じ環境で同じように仕事ができると思ったら、なかなかそうはいきません。自分の納得いく形で仕事が出来ないのであれば、別の職場にうつるとか、独立するといったことも考える必要があるかもしれませんね。

 

(2)子どもの預け先の確保
保育園や小学校の学童など、キャリアを活かした仕事をするためには、子どもを安心して預かってもらえる場所を確保しなければなりません。延長保育をお願いできるところが確保できるといいですね!

 

(3)病気の時の預け先
子どもが病気になると、仕事を休まなければならない場合がありますが、長期にわたって休むことが出来なかったりしますよね。そんな時のために、病児保育サービスを受けられる保育施設を探しておくのがおすすめです。

 

(4)周囲との話し合い
会社の上司や同僚をはじめ、ご主人やサポートを依頼する予定であれば実家・義実家にも自分の気持ちをしっかり伝えて話をする必要があります。

 

子育てと仕事のキャリアは違う

キャリアは頑張ったら頑張った分だけ認められて積んでいくことができますが、子育てはなかなかそうはいきません。子育ては頑張っても認められなかったり、人間相手のことなので自分の思い描くような子育てが出来ないことの方が多いです。そこで自分はダメな人間だと落ち込んでしまったり、思い通りに行かないことに対してイライラしないように気持ちをコントロールすることが大事です。

 

まとめ

子育てしながらキャリアを活かした仕事をすることは出来ますが、そのためには十分な準備と周りの理解が必要となります。頑張るお母さんの姿を見せることは、子どもにとってもいい影響がありますし、お母さん自身も子育てだけでなく自分らしく自分のやりたい仕事をすることで、人生のキャリアアップにもつながります。無理をせず周りの人の協力を得ながら上手に両立させていきましょうね!


このエントリーをはてなブックマークに追加