在宅勤務中の子育て、ここが難しい!うまくいくには?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

在宅勤務中の子育て、ここが難しい!うまくいくには?

この記事では、在宅勤務中の子育てをうまくいかせるためのコツについて、一緒に考えていきたいと思います。コロナウイルスによる緊急事態宣言によって、在宅勤務となった方も多かったと思いますが、子育てをしながらのお仕事はとても大変でしたよね。いつまた起こるかもしれないこのような事態を、どう乗り切ればいいのか、良かったら参考にしてみてください。

 

在宅勤務の子育て、ここが難しい!

(1)仕事への集中は無理
子どもが幼稚園の年中よりも上の年齢の場合は、ある程度1人で遊んだり勉強をしたりということが可能なので、仕事に集中する時間もいくらかは取ることができます。でも、子どもが小さい場合には、仕事に集中することは不可能です。というのも、子どもが小さいうちは、何をしでかすか分かりません。「遊んでいるから今のうちに」と思って仕事に集中していたら、気が付いたら危険なことをしていたなんてことはしょっちゅうです。結局仕事の傍らで子どもにも意識を向けていなければならないため、仕事に集中することは難しいですよね。

 

(2)Web会議もままならい
コロナでの緊急事態宣言中、私はもともと自宅にいましたが、主人も在宅勤務をしていた時期がありました。その間に、毎日Webミーティングがあるのですが、年長の娘はとにかく家の中でうるさかったので、静かにさせるのが難しかったですね。主人のイライラも目に見えて分かったので、なんとか少しの時間だけでも静かにさせなければと、年長の娘とカードゲームをしたり絵を描かせたり付き合うのが大変でした。これが自分もWeb会議があろうものなら、きっと子どもがパソコンにうつりたがりますし、横から入ってきたり、もっと小さな子どもであれば泣いて中断されたりと大変なことだなとゾッとします。

 

(3)仕事のONとOFFを区別しにくい
朝、外に働きに行って、子どもも保育園や学校へ行っていて、家族が夕方に家に帰ってくるという生活は、仕事と家でのプライベート時間のONとOFFの区別がしっかりつくので、気持ちをきりかえやすいです。でも今回のような緊急事態宣言での在宅勤務になると、子どもも家にいて子育てをしなければならないし、3食ご飯を作って家事もして、仕事も集中できないながらもして、夜になってまた翌朝というルーティンとなるので、気持ちを切り替える時間がないです。これは、精神的にとても辛いですよね。ストレスもたまりますし、仕事の進捗も気になるし、参ってしまいます。

 

少しでも上手くいくためには

(1)時間配分を考える
どうしても集中してやっておかなければならない仕事は、早朝か子どもが寝ている間に組み込みます。
この時間にこれだけはということを決めておくと、メリハリがつきますね。

 

(2)職場とのコミュニケーション
在宅勤務になる場合、他にも自宅で子育てしながら在宅勤務をする同僚もたくさんいますよね。でも、同僚の中には会社に出勤する人もいれば、同じ在宅勤務でも、子どもが大きいので問題なく在宅勤務が可能な人、子どもがいない人だっています。みんなに、「子どもに手をとられることがあるので、ぬけるかもしれない」ということをしっかり伝えておきましょう。大変な時期だからこそ、みんなで乗り越えなければなりませんし、それに対して「申し訳ない」「ありがとう」といった気持ちを伝えることで、ギクシャクすることも防ぐことができますよ。大変な時だからこそのコミュニケーションですね。

 

(3)子どもの生活スタイルを崩さない
在宅中心の子育てだと、つい子どもの生活スタイルも崩れてしまいがちですが、そうなってしまうと、子どもが寝た後にやろうと思っていた仕事が出来なかったり、グダグダになってしまいます。そう考えると、特に子どもの睡眠は重要ですね。保育園と同じようにお昼寝の時間をさせるといったことも必要になってきます。「必ずしなければ」はしんどいので、出来るだけ生活スタイルを崩さないということに意識を置くといいですよ。

 

(4)子どもの時間を充実させる
我が家では自粛期間に入ったと同時に、子どもの時間を充実させるために色んなものをネットで注文しました。羊毛フェルトのセットや、ジグソーパズル、スライムを作るのに必要な材料、絵の具、画用紙、色紙、お菓子作りの材料、これらはほんの一部ですが、子どもたちがとにかく集中して何か出来ることを自分で選んでくれればと思って用意しました。段ボールやトイレットペーパーの芯など、工作に使えそうなものもとっておきましたよ。

 

また、動画配信サービスも契約して、いつでも見たいアニメを見ることが出来るようにもしましたね。「アラレちゃん」や「犬夜叉」とか、私たち親が昔見ていたアニメを一緒に見ることもあって、なんか不思議な感覚でした。子どもたちが集中する時間に、「ママもいま、お仕事頑張るからね」と30分集中するとか、そんな感じで日々過ごしていましたよ。

 

(5)夫婦で協力
夫婦そろって在宅勤務の場合は、あらかじめその日のスケジュールを照らし合わせて、Web会議の時間に子どもをみてもらうとか、食事をどちらが作るか決めておくと、負担になりません。我が家も主人が在宅勤務中は、夕食を作ってくれて、その時間に私もパソコンを開いたりしていましたよ。夫婦で子育てや家事を分担できると、お互いにイライラも減ります。

 

(6)仕事のONとOFFを区別する
在宅勤務による時間配分を考えることによって、17時に仕事を終えたら家族の時間とか、朝は家族みんなで散歩をするとか、家族の時間もしっかり区別して確保しましょう。グダグダになってしまうと、やっぱり何もかもが中途半端な感じがしてスッキリしませんし、それで子どもやパートナーにあたってしまうことにもなってしまいますよね?仕事のONとOFFをしっかり区別することが出来るといいですね。

 

まとめ

コロナウイルスによる緊急事態宣言で余儀なくされた自粛期間生活は、子どもの長期休校や在宅勤務などこれまでの私たちの生活スタイルを一変させるような大きな出来事でした。でもこれから先、またいつ在宅勤務をしながら、一日中在宅で子育てをしなればならないか分かりませんよね?これから会社も変われば、私たちの生活の仕方も少しずつ変化をしていくことが予想されます。そんな中でも、安心して家族が生活していくことができるといいですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加