子育てしながら仕事を上手くこなすコツってあるの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てしながら仕事を上手くこなすコツってあるの?

子育てをしながら働くワーキングママさんは沢山います。私も次女の妊娠中に仕事を辞めるまでは、ワーキングママの一人でしたが、仕事をしながらの子育てはとっても大変です。

これから産休・育休を終えて仕事を再開されるワーキングママさんも多いかと思いますが、ぜひちょっとしたコツを押さえて無理なく充実した生活を送ってくださいね!

周りのサポート
(1)ご主人や実家・義実家
子育てしながら仕事をするということは、想像している以上に大変なことです。一人で全てこなそうと思うと、精神的にも肉体的にもとっても疲れてしまいます。ご主人と家事や育児を分担できるところはするようにしましょうね。私は共働きの時、主人が激務でほとんど家事も子育ても頼ることが出来ずとても大変でした。

“ワンオペ育児”というやつです。あらかじめ、ご主人と話をよくすることをおすすめします。また、実家・義実家が近くにある場合は、子どもが病気になった時や保育園のお迎えなど、甘えられる時は甘えるようにしましょう。実家・義実家に甘えた後は、「当たり前」ではなく、感謝の気持ちを伝えましょうね!


(2)ファミリーサポート
ファミリーサポートに事前に登録しておくと、子どもを保育園に迎えに行ってほしいとか、習い事への送迎をして欲しい、子どもを何時まで預かって欲しいということを、ファミリーサポ―トのサービス提供者に有償でお願いすることが出来ちゃいます。事前にサービス提供者の顔をみてお互いに面識を持ってサービスを利用することが出来ますし、事前に講習を受けた地域の方たちなので、安心して利用出来ますよ。

(3)病児保育
仕事をする際には、病児保育をしている小児科や保育園に登録をしておくと、子どもが病気で保育園を利用出来ないけれど仕事もどうしても休めないという時、とっても助かります。


(4)職場の同僚・上司
職場で理解を得られなければ、子育てをしながら働くというのはとても大変なことです。子どもが3歳になるまでは、時間短縮で働くことができる制度があるので利用すると、少し家事や子育ての負担も減ります。ただ、これが「使って当たり前の制度」という態度では、周りの人間も気持ちよく「早く子どもを迎えに行ってあげなよ」と送り出すことができません。

「当たり前」ではなく「感謝」の気持ちを持って同僚と付き合うようにしましょうね。仕事も大変ですが、誠実に一つ一つ向き合い頑張っている姿を同僚にアピールしましょう!

家事を出来るだけ楽に
(1)家事代行サービス
週末にまとめて家事をするという人も多いかと思いますが、時々は休日もしっかり休んでリフレッシュしないと疲れてしまいます。そんな時には家事代行サービスはいかがでしょうか。とっても便利ですし、ピカピカになりますよ。


(2)便利な家電製品を利用
周りのワーキングママさんは、自動お掃除ロボットや食洗器、全自動洗濯乾燥機を上手に使いこなしています。それくらいとっても便利な家電製品は沢山あります。家事の負担を少しでも減らして、仕事の合間にお子さんとの時間を作ったり、自分の休息タイムに充てるようにしましょう!

完璧を求めない
特に完璧主義なママさんの場合は、どうしても家事も仕事も子育ても完璧にこなさなければという気持ちになってしまいますよね。でもその完璧主義、心が疲れちゃうのでいけません。


(1)自分を褒める
どうしてもなんでも完璧にしなければとか、あれもこれもと思うと、頑張りすぎてしまいます。ちょっと立ち止まって、「仕事も家事も子育ても私頑張ってるな」と褒めてあげてください。

(2)リフレッシュタイムを作る
空いている時間だからこそ家事をとか、やり残している仕事を!と思っていると、結局気持ちが追い詰められてしまいます。だから、リフレッシュタイムは大事にしましょう。休日にお子さんをご主人や実家・義実家で少し預かってもらって、自分の時間を過ごすなど自分の時間を大事にすると、気持ちがリフレッシュされてまた明日から頑張れますよ!


(3)「ま、いっか」の精神で
出来ないことに目を向けてしまうと、どうしても気持ちはどんどん沈んでしまいます。終わったことに対して落ち込んでしまうより、「ま、いっか」の精神で次に生かす、その方がずっと生産的で効率的ですよ!

まとめ
働きながら子育てをするというのは、やってみるととっても大変です。でも、すごくやりがいもあるんですよね。「この子のために」という気持ちが支えになります。生活にメリハリもつくので、会社で働く時間と子育ての時間を割り切ることが出来て、お子さんとの関わり方もすごく充実した時間を過ごすことが出来ますよ。

気持よく仕事も子育ても出来るようにするためには、なんと言っても周りのサポートが重要です。会社の同僚や家族、周りの便利なサポートを活用しながら、頑張り過ぎず仕事に子育てに臨んでくださいね。お子さんも充実した素敵なキラキラママを近くで見て、とってもいい刺激になりますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加