子育て支援を仕事にしたい!どんな方法がある?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て支援を仕事にしたい!どんな方法がある?

この記事では、子育て支援を仕事にする方法について、お話します。子育て経験を生かして、子育て支援を仕事にしたいと思っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

子育て支援を仕事にしたい

私もそうですが、子育てを通じて子どもとの関わり方を学び、子どもと共に成長していると感じる親御さんはとても多いのではないでしょうか。せっかく経験を通じて学んだ子どもとの関わり方を生かして、子育て支援を仕事にしたいと思われる方も、きっと少なくないですよね。私自身も、子どもを産む前までは子どもが苦手でしたし、どちらかというと嫌いでした。でも、実際に子どもを産んで育てるうちに、赤ちゃんの泣き声を聞いて可愛いと思う自分、子どもの笑った顔をみて癒される自分、赤ちゃんを見てキュンとなる自分にとても驚いています。

 

だから、仕事を辞めて専業主婦となり、子どもの手が離れてきたので、何か仕事を始めたいと思った時、自分の中でも“保育士の資格があれば、子育て支援に関わる仕事ができるのにな”と思ったりしましたよ。おそらく、漠然と私のような気持ちになったことのある方は、結構いるのではないでしょうか。では、子育て支援を仕事にする方法はどんなものがあるのでしょうか?

 

子育て支援を仕事にする方法
ファミリーサポート

ファミリーサポートセンターは、子どもを預かってもらったり、みてもらったりするだけのものと思われている方もいるかもしれませんが、子育てを応援する側(協力会員)にもなることができます。もちろん、子育てを応援する側となると、研修や講義を受けなければなりません。でも子育てをしてきた経験のある方なら、特別な資格が必要なわけではないので、気軽に子育て支援を仕事にすることができますよ。ただし、ファミリーサポートはあくまで会員同士の相互援助活動なので、ある程度の収入を見込みたいという場合には、不向きです。

 

学童指導員

学童保育は、仕事で子どもを見ることができない親御さんに代わって、放課後や休日に小学生の子どもを保育するお仕事です。働くには何か特別な資格が必要なのでは?!と思われる方も多いかと思いますが、実は特別な資格は必要ありません。私の友人もお昼過ぎからパートで学童指導員の仕事をしていましたが、何の資格も持っていませんでしたよ。小学生の子どもと関わるのが好きな方は、楽しく子育て支援を仕事にすることができるのではないでしょうか?

 

子育て支援員

会社によっては、会社に併設の託児所で子育て支援員を募集しているところも多くあります。こども園や保育園でも、子育て支援員の募集を見かけます。子育て支援員は、保育士のサポート的なお仕事をしますが、国が定めた研修を受ければ誰でもなることができます。だから子育て支援を仕事にしたいと思うのであれば、研修を受けてみて損はないのではないでしょうか。

 

資格をとると、子育て支援をお仕事にする幅が広がる

保育士やベビーシッターなどの資格を取ると、子育て支援を仕事にする幅はぐんと広がります。保育士に関しては、筆記試験や実技試験を受けて合格することができれば、保育士の資格を取ることができますよ!また、ベビーシッターも国家資格ではないので無資格でもお仕事をすることができますが、民間の資格を持っておけば仕事がみつかりやすいですし、自分に基礎知識や技術があることを証明することができます。

 

まとめ

子育て支援を仕事にするためには、もちろん専門的な知識も必要です。でも、子育てで培った子どもとの関わり方や悩みの解決といった経験は、とても大きな戦力であり財産ですよ!自分にぴったりのお仕事が見つけられるといいですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加