働く妻と専業主婦の幸福度の違いとは?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

働く妻と専業主婦の幸福度の違いとは?

この記事では、働く妻と専業主婦の幸福度の違いについて、考えてみたいと思います。働く妻と専業主婦、どちらが良いのかなと悩んでいる方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

働く妻の幸福度が高い場合
金銭的な余裕=心の余裕

自分で働き稼いだお金があることによって、ある程度自分で自由になるお金がありますし、心にも余裕がうまれます。また、メリハリつけて働く妻と家での自分を分けることが出来ると、気持ちのオンオフの切り替えが出来て若々しいイメージがありますね。

 

社会とのつながりがある

働く妻は社会とのつながりがあり、自分の存在価値を見出すことができやすいです。私の友人も専業主婦でしたが、働き出してすごくキラキラしています。10年近く専業主婦で家の中の狭い世界でしか暮らしていなかったけれど、社会でいろんな人とつながることがすごく刺激的だと言っていますが、確かに彼女はとてもあか抜けて綺麗になりました。社会とつながることで、こんなに違うんだなと実感しましたよ。

 

夫と対等な立場

働く妻は、自分自身が働くことで、夫と対等な立場に立てるのではないでしょうか。もちろん、専業主婦でも家のことをするのが自分の役割としていれば、夫と同じ立場ということになりますが、男性側からするとまだまだ「自分の稼いだお金で家族を養ってやっている」という感覚を持っている人は多いです。だから、夫と対等な立場というのは理想的でも、なかなかそうではないのが現状ではないでしょうか。

 

働く妻の幸福度が低い場合
家にいて家族のことをしたい

働く妻の中には、働きに出たくて出ているわけではないという人もいます。家のことをしっかりして、子どもと関わる時間を十分に持って、家を守りたいという人にとっては、働く妻という観点からの幸福度は低いかもしれませんね。

 

自分ばかりに家事や育児の負担がのしかかる

働く妻からすると、自分ばかりが家事や育児の負担を強いられていると感じると、ちょっと幸福度が低くなるかもしれませんね。自分も働いているのだから、夫も家事や育児に協力をするのは当たり前というのはその通りです。

 

専業主婦の幸福度が高い場合
認められている

家事や育児を夫から認められている専業主婦は、幸福度が高いと言えます。どうしても、家事や育児は当たり前のこととしてとらえられがちなので、褒められたり認められるということが少ないです。だから、認められている専業主婦は幸福度が高いです。

 

家にいることが苦痛ではない

専業主婦は家の中で家事や育児をこなします。もともと家にいることが苦痛ではない、むしろ外に出て人と関わりながら働くということの方が苦痛という方にとっては、専業主婦の方が幸福度が高いと言えます。

 

自分のペースで生活できる

専業主婦の場合は家の中で自分のペースで家のことをすることができます。もちろん、子供が小さいと子供中心の生活となりますが、ある程度大きくなってくると、自分のペースで生活をすることが出来るので幸福度が高いのではないでしょうか。

 

専業主婦の幸福度が低い場合
本当は外に出たい

本当は、外に出て自分も働きたいけれど、夫が許してくれないとか、子育ての協力者がいないので働きに行くことができないという人もいます。本当は外に働きに行きたいと思っている専業主婦の幸福度は低いのではないでしょうか。

 

孤独

育児や家事を頑張ってもだれからも認めてもらえないとか、周りに相談をする人や友人もいないという場合は、孤独を抱え込んで育児や家事をするのが苦痛と感じてしまっている方は多いです。孤独の中で専業主婦として奮闘しているという方は、幸福度が低いと言えるかもしれませんね。

 

お金に余裕がない

どうしても外に働きに出られない事情があり、それでもなかなか自分の自由になるお金がないとなると、幸福度は低いのではないでしょうか。専業主婦でも十分収入があれば、心に余裕もありますが、「夫が稼いだお金」という感覚を持っている方にとっては、もう少し自分の自由になるお金があればという気持ちにもなりますよね。

 

まとめ

働く妻と専業主婦の幸福度は、人によって感じ方が違います。どちらの立場でも、幸福と感じている人はとても多いでしょうし、幸福でないと思うこともあるのではないでしょうか。働いている時は、もっと家で自由にしたいと思っても、いざ専業主婦になると時間を持て余して家にいるのが合わないと感じる人も多いですよね。どちらもそれぞれの幸福度の感じ方があるので、人それぞれですが、日々の生活の中で自分が幸福だなと感じることが出来ることを積極的に見つけるというのも、大事ですよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加