子育てと両立しやすい仕事はどう探す

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てと両立しやすい仕事はどう探す

この記事では、子育てと両立しやすい仕事をどう探すかについて、お話します。子育ても仕事も頑張りたいけれど、出来れば両立しやすい仕事に巡り合いたいというお母さん、どう探せばいいか一緒に考えてみましょう。

 

子育てと仕事は両立しにくい
仕事の時間が制限される

子育てをしていると、出産前のようには働くことが出来ません。出産前は残業を当たり前のようにしていても、子どもが生れて保育園に通うとなると、お迎えの時間までに切り上げなければなりません。そもそも保育園の待機児童が多い地域であれば、子どもの預け先を確保することさえ難しいかもしれないですね。

 

職場の理解がなければ難しい

子育てをしているママさんが多い職場だったり、子育てに対して理解のある職場の場合は問題ありません。ですが、なかなかそんなに理解のある職場ばかりとは限りません。子どもが熱を出したから休まなければならないとか、病院へ連れて行ってから出勤する、保育園や学校から呼び出しがあったので早退するといったこともよくあるので、そこを快く送り出してくれる職場で働きたいですよね。

 

周囲の協力がなければ難しい

女性が子育てと仕事を両立させるには、夫が積極的に子育てや家事に取り組まなければ難しいです。すべてのことを独りでこなそうと思うと、大変な労力が必要となりますね。フルタイムで働こうと思うのであれば、残業もあるでしょうし、なおさらです。

 

また私の母もよく言っていましたが、女性がフルタイムで働こうとおもうのであれば、近くに実家や義実家があって助けてもらわないと、男性と同じように働けないです。だから、女性が子育てと仕事を両立させるには、周りのサポートも必要ですね。なければ、ファミリーサポートや、ベビーシッターを利用するのも一つの方法です。

 

子育てと両立しやすい仕事を探すポイント
子育てママが多い職場

子育てをしながら働いているママさんが多い職場は、困った時はお互い様という考え方が強いので、急なお迎えや遅刻、休みに対しても理解がある場合が多いです。だから、子育てママが多い職場を探すと、子育てと仕事を両立しやすいですよ。

 

私が以前働いていた職場は、子育て経験のあるスタッフが多い職場でした。直属の上司も子育てに理解があったので、急な子どもの休みも「大丈夫だよ、休んであげて!お大事に!」という言葉をいつもかけてもらえて、本当にありがたかったですね。

 

時短勤務制度が利用できる職場

フルタイムで仕事をしようと思うのであれば、時短勤務制度が利用できる職場を探すのも一つの方法です。時短勤務制度は子どもが3歳になるまで、勤務時間が短縮されて1日6時間までの勤務となります。子どもが小さくて、家事や子育てで大変という子育てママにとって、仕事と子育てを両立するのにぜひ利用したい制度と言えますよ。

 

勤務形態をパートにする

私は以前働いていた時は、フルタイムで働いていましたが、長女を出産後にパートになりました。職場が高齢者施設だったので、夜勤や早出、遅出といった不規則勤務が当たり前で、子どもを託児所で見てもらえる時間だけ働くとなると、会社が提案するパートになる他ありませんでした。ですが、パートになることで言い方は悪いですが、これまで役職がついてプレッシャーになっていた責任もなくなり、子育てと仕事を両立させるのに精神的にとても楽になりましたね。

 

もちろん、フルタイムで働きたいというお母さんもいるでしょうし、フルタイムで働くことだって可能です。ただ、選択肢の一つとして、勤務形態をパートで探すというのもありですよ。

 

託児所が併設されている仕事

託児所が併設されている仕事場は、子育てするママのために託児所が併設されているわけですから、ある程度子育てに対して理解のある職場と判断をすることが出来るのではないでしょうか。保育園に送る必要がなく、毎日同じ職場に送迎するのですごく楽ちんですよ!

 

まとめ

特に子どもが小さいうちは、子育てに合わせた仕事を選ぶ必要があります。また、子育ても仕事も家事も全部完璧にしなければなんて思っていては、すぐに疲れてしまうので、頑張りすぎないということも大事ですよ!子育てと両立しやすい、素敵な仕事を見つけられるといいですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加