子育てサークルで親子で楽しく活動しよう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てサークルで親子で楽しく活動しよう!

子どもと一緒に何か活動をしたいけれど、なにかいいものはないだろうかと悩んでいる方、子育てサークルの存在はご存知でしょうか?親子で楽しむことが出来ますし、子育ての悩みを打ち明けたり情報交換が出来たり、有意義な時間を過ごすことができますよ!

 

子育てサークルって何?

子育てサークルは、子育て中の親子が集まって楽しく親子活動を行うものです。お母さん同士の情報交換や親子遊び、季節の遊びなどをサークルに加入している親子で発案して自発的に活動します。

 

子育てサークルに入るメリット

(1)他の子どもとの関わりで成長がみられる
自分の興味のある子育てサークルに加入することで、お友達が出来ます。もちろん月齢の低いお子さんの場合は、お友達という感覚ではないかもしれませんが、同年代の子や年上・年下の子と触れ合うことで、ものすごくたくさんの刺激を得ることが出来ます。

 

 

特に就園前の子どもを自宅保育していると、なかなか同年代の子どもと触れ合う機会は少ないです。我が家も近所の子がみんな保育園に通っていたので、他の子どもと触れ合う機会はとても少なかったですが、サークルに通うようになってからは、この日はお友達に会えるとすごく喜んでいましたよ。

 

(2)楽しみな予定が出来る
我が家は3人娘がいるのですが、下の子が幼稚園に入園するまで6つのサークルに所属してきました。一時期に2つだったり、3つ掛け持ちしていたこともありますが、何週目の何曜日に開催ということがあらかじめ決まっているため、カレンダーにシールを貼って「明日はサークルさんの日だよー」と声をかけると、「シャークルさん、早く行きたーい」と心待ちにしていましたね。

 

(3)親同士の情報交換の場
1人目の子の時には、引越して来たところでしたし周りに全く知り合いがいない状態だったので、サークルに入ってもなんだか落ち着かず何を話したらいいのか分かりませんでしたが、子どもの話題で打ち解けていけました。幼稚園に入園する際の準備だったり、ここの遊び場が良かったという話など、色んな情報を得ることが出来て助かりましたね。

 

 

ただ子育てサークルに、「ママ友を作るぞ!」というスタンスで臨むとちょっとしんどいです。気の合うお母さんと出会えれば、自然に話も弾みますし、サークル以外でも遊ぼうということになりますが、なかなかそういった人に出会えない場合もありますよね。でも焦る必要はありません。子どもと親が楽しむ場と割り切って、その時間を楽しみましょう。

 

子育てサークルはどこで知ることが出来るの?

子育てサークルに興味がある場合は、子育て支援センターや市役所に問い合わせてみるといいですよ。どんなサークルがあるのか教えてもらえますし、サークルの代表のひとと連絡を取ってもらえます。あらかじめ体験させてもらって、サークルに入るかどうか決めることが出来るので便利です。

 

私は引越してから全く知り合いがいなかったこと、市立の幼稚園に通わせようと思っていたことから、校区内で知り合いが出来たらという希望を伝えたところ、校区内の5つのサークルを紹介してもらいました。そのうちの3つに入ることになりましたが、他にも双子のサークルや障害を持ったお子さんをサポートするお母さんのサークルなどもあり、色んな方が利用しやすいです。一度住いのある子育て支援センターや市役所に相談してみるといいですね。

 

どこで活動しているの?

(1)保育園・こども園
地域の子どもの子育て支援の観点から、保育園やこども園が積極的に子育てサークルの活動の場を提供してくれるところは多いです。

 

(2)公民館
公民館で活動する場合は利用料が必要なので、会費が必要となる場合が多いです。事前に確認してから、入会するかどうか判断するようにしましょうね。

 

(3)子育て支援センター
子育て支援センターの1部屋を予約して利用します。集まりやすいので、とっても便利です。

 

どのくらいの頻度で活動しているの?

サークルによって頻度は違いますが、私が所属していたサークルはどれも月に2回程度でした。少なく感じられる方もいるかもしれませんが、案外丁度いいですよ。我が家の場合は、幼稚園の開催するふれあい保育に加えて、複数のサークル活動を掛け持ちしていたので、かなり忙しかったですね。事前にサークルに加入する前に、どのくらいの頻度で行われているのか確認してみましょう。

 

どんなことをするの?

子育てサークルによって、どんなことをするのかという内容は違ってきます。

 

(1)園遊び
保育園やこども園の1部屋を借りて行われる子育てサークルの場合は、園庭遊びをメインにしているところが多いです。私もこれまでに4園の保育園やこども園で開催される子育てサークルに参加してきましたが、園庭で園児と一緒に遊ばせてもらったりしました。

 

 

場所によっては、夏のプールや水遊びにも参加されてもらえたり、クリスマス会・保育園祭りなどに参加させてもらえたりして、とっても楽しく過ごせましたよ。雨の日には中止になるところもありましたが、園内のおもちゃを使わせてもらえるとこともあって、雨でも楽しめるところがよかったです。

 

(2)工作
工作をメインで行うところも多くあります。この場合は、事前に「親子でこんな工作を作りましょう」という話をして、準備して作りますが、ワイワイ言ったり工作を作った後作品で遊んだりしてとっても楽しかったです。

 

(3)季節の遊び
ハロウィン・クリスマス・水遊び・縁日ごっこ・運動会・ひな祭り・端午の節句・お誕生会など、お母さんたちで計画を立てて、みんなで楽しみます。三女の時に所属していたサークルでは、ハロウィンはコスプレをしたり、運動会はパン食い競争をしたり、とっても楽しい時間を過ごせましたよ。

 

 

(3)おしゃべりタイム
サークルの中には毎回集まったら子どもたちは遊んで、傍らで親はおしゃべりを楽しむスタイルのところもありました。公民館で活動していたサークルの時には、公民館に利用料を支払うため会費として月に300円支払っていましたが、そこから子どものおやつや親のコーヒー代、お誕生日プレゼントや行事の経費などをまかなっていました。

 

お茶を飲みながらおしゃべりできてとってもほっこりしましたし、素敵な時間でしたね。お金を支払ってもみんなで楽しめましたし、最後の最後に余ったお金は年度末のプレゼント費用に充てられて還ってきたので、全く損をしたなと思うようなことがありませんでしたよ。

 

 

(4)工場見学・職場見学
地元の警察署やバス会社、消防署では見学を受け付けてくれるので、警察署では白バイに乗せてもらったり、バス会社ではバスに、消防署では救急車やはしご車に乗せてもらえました。男の子は大興奮でしたし、親も普段なかなか体験できないことなので楽しかったです。また、飲料工場や、醤油工場も近くにあるので、工場見学をさせてもらってお土産をもらったりしましたよ。子どもたちも目を輝かせていましたね。

 

まとめ

子育てサークルは、子どもが色んなお子さんと触れ合う貴重な機会です。お母さん同士も色んな話が出来ますし、ストレス発散の場になりますよ。親子で楽しく活動して、楽しむことが出来るといいですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加