新子育て安心プランって、なにが新しくなったの?

新子育て安心プランって、なにが新しくなったの?

この記事では、新子育て安心プランについてお話します。何が新しくなったのか気になるという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

新子育て安心プランって、何が新しくなったの?

新子育て安心プランは、2021年度から2024年度終わりにかけて、待機児童解消を目指して立てられている計画です。次の3つが、子育て支援の大きなポイントとして挙げられます。

 

地域の特性に応じたプラン

待機児童解消のためには、地域の特性に応じたプランが必要です。新子育て安心プランでは、子供の保育が必要なのに足りていない地域に対して、整備費用の補助率を上げたり、保育を希望する保護者と保育園のかけ橋が必要な地域に対して、保育コンシェルジュによる相談支援を拡充させることなどが挙げられています。

 

保育士の人材確保

いくら保育士施設を整備して、待機児童を減らすためにたくさんの保育園を開園したとしても、そこに保育士がいなければ運営は出来ません。実際、保育士の人材不足は今でも大きな問題となっていますし、私もよく保育園やこども園で保育士を募集しているけれどなかなか人が確保できないという話を聞きますよ。

 

そこで新子育て安心プランでは、保育士の仕事の魅力を発信して、保育士を育成することに力を入れようとしていますし、保育士の業務負担の軽減も盛り込まれています。

 

地域の子育て資源を活用

幼稚園の空き教室の活用や、ベビーシッターの活用など、地域に埋もれている子育て資源を上手に活用していくことが盛り込まれています。

 

子育ての施策に対して敏感になろう!

新子育て安心プランでは、待機児童を減らすための具体的な取り組み計画が示されていますが、なかなかそういった子育ての施策を意識するということはないのではないでしょうか。難しそうだし、あまり身近に感じられないという方も多いかと思いますが、知っておくと今後子供を中心とした生活をどうしていくのかという展望を描きやすくなりますよ。

 

保育士の資格を取って働くチャンスという風にも捉えられますし、待機児童を減らす取り組みがされるのであれば、子供を保育園に預けて働くことも検討することができます。ですから、子育ての施策に対して敏感になることがおすすめです。

 

まとめ

新子育て応援プランでは、待機児童を減らすための地域性に応じた取り組みが盛り込まれています。自分の自治体ではどんな変化があるのか、よくチェックしてみてくださいね!今後子供を預けて働くとか、保育士を目指すなど、いろんな選択をすることができますよ。