子育て中はパパとの関係を良好に!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て中はパパとの関係を良好に!

 

子育て中にパパにもっと手伝って欲しいけれど全くやってくれない、と嘆かれる方は多いのではないでしょうか。確かに子育ては本当に大変ですし、パパに手伝ってもらわなければどうにもならないことばかりです。

 

そんなパパをどうやって子育てに目覚めさせるのか、ちょっと頭を悩ませてしまいますよね。子育て中のパパとの関係をどう良好に築くかが、子どもの発育にもいい影響を与えるポイントになるので、ぜひ参考にしてみてくだい。

 

パパの父性目覚めさせよう

女性は子どもを身ごもって、10ヶ月かけてお腹の子どもを守り、少しずつ母性が目覚めていきますが、男性は赤ちゃんが産まれて突然「パパになったんだから」と言われても、実感が正直わきにくいという話をよく聞きます。主人も実際、「子どもが生まれてもあんまり実感がなかった」と後に白状しました。

 

だから、子どもが生れてもパパが全く手伝ってくれないとか、協力的でないと嘆かれても、何をしていいか分からなかったりするんです。それなら、まずはパパの父性を目覚めさせてあげましょう。

 

 

(1)生まれる前から一緒に子育て教室に参加
妊娠中に何度か母親学級のような産院のイベントがありますが、両親揃って参加するようにしましょう。赤ちゃんがいる生活についてのイメージをしやすくなります。

 

(2)赤ちゃんが産まれたらこれをして欲しいと指示
赤ちゃんが産まれたら、あやしたりミルクをあげたり、オムツを換えたりお風呂に入れたり、寝かしつけたりといったお世話はたくさんあります。それってどうしてもママがやってしまいがちですが、パパに任せる機会を沢山作りましょう。

 

赤ちゃんにたくさん触れて、この子が自分の子どもなんだと体で実感していきますよ。最近では核家族化が進み、里帰り出産をする人も少なくなってきました。それならなおのことパパの手伝いは必須です。

 

 

(3)子どもの成長を細かく共有
日々子どもは成長していきますが、パパは仕事でその成長の瞬間をリアルタイムで見られなかったなんてこともよくありますよね。だから、出来るだけ子どもの笑った顔や寝返りの瞬間など、色んな動画や写真をパパに送ってあげるようにしましょう。

 

 

また、スマホの子育てアプリを共有するのも一つの方法です。子どものちょっとした成長の記録や受診の状況など、夫婦で子どもの情報を共有出来ていると心強いですよね。

 

感謝の気持ちを伝える

子育ては夫婦で行うものなので、パパも手伝いをして当たり前です。でも、仕事に行って自宅でも子育てをしてというのが当たり前という気持ちの前に、「手伝ってくれてありがとう、すごく助かった」という気持ちは伝えましょう。

 

パパだってどこかで「仕事もして帰ってきてまた子育て」というのに対して、どこか疲れや不満を持っているかもしれませんが、奥さんからの労いの感謝の言葉があれば、きっと嬉しさの方が勝りますし、より子育てを手伝おうという気持ちにつながりますよ。夫婦はお互いに思いやる気持ちが大事ですよね。

 

二人の時間を作ろう

子育て中はなかなか夫婦2人の時間を作るというのは難しいです。女性よりも男性の方が、「最近は子どものことばかりで自分のことを構ってくれない」と不満な気持ちを持ったりするんですよね。女性は子どもを育てようと、母の顔になるのは当然ですが、時々はパパとしてではなく一人の異性として、一緒に夫婦の時間を過ごすというのもとても大事なことです。

 

周りにお子さんを預けることが出来る両親や義両親がいる場合には、少しの時間だけでも子どもを預かってもらって二人の時間を楽しみましょう。また子どもが寝た後にゆっくり夫婦の話をしたり、映画を見たりという時間を作るだけもいいのではないでしょうか。夫婦の仲がうまくいくポイントになりますよ。

 

 

パパとママの仲の良さが、子どもの情緒の安定につながる

子どもは親をよく見ているため、敏感に空気を察知します。パパとママの仲が悪いことで、幼稚園や保育園で他のお友達に攻撃的になってしまったり、せっかくトイレトレーニングがうまくいっていたのに失禁が続くようになってしまったり、学校へ行けなくなってしまったり、お腹が痛いと不調を訴えるようになってしまったり、色んな不安のSOSを発するようになってしまいます。

 

まだSOSを発してくれるのであればいいのですが、ふさぎ込みがちになって何も話してくれない、両親に心を閉ざしてしまうということも十分考えられます。子どもたちは両親の仲がいい姿を見て、安心して大きくなっていくので、出来るだけパパとママの関係は良好でありたいですね。

 

 

まとめ

子育ては一人ではできません。ママとパパとの関係が良ければ、子どもの情緒も安定しますし、お互いに思いやりながら子育てが出来れば、夫婦の仲も悪くなりませんよ。時には夫婦水入らずの時間を作りながら、パパの父性を目覚めさせて仲良く子育てを楽しむことが出来るといいですね!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加