夫婦喧嘩が子育てに及ぼす影響ってあるの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

夫婦喧嘩が子育てに及ぼす影響ってあるの?

子育て夫婦に限らず、夫婦喧嘩をしたことがある家庭はとっても多いのではないでしょうか。逆に夫婦喧嘩をしたことがないという家庭の方が、ものすごく少ないですよね。子育て真っ只中の夫婦が夫婦喧嘩をすることで、子どもにどんな影響を及ぼすか知っていますか?

 

たかが夫婦喧嘩ではありません。子どもにとって、夫婦喧嘩は大変深刻な問題となるので、夫婦喧嘩が絶えないという子育て夫婦の皆さんはぜひ参考にしてみてくださいね。それでは1つずつみていきましょう。

 

夫婦喧嘩が子育てに及ぼす影響

(1)子どもが精神的に情緒不安定になる
両親がお互いにののしり合って喧嘩をしている姿なんて、見たくもないですしショックは大きいです。大好きなお父さんやお母さんが大きな声で怒鳴り合っていると、恐怖でしかありません。特に子どもが小さい時は、子どもにとっての家庭の中という小さな世界を中心に回っているので、夫婦喧嘩が頻繁に行われるほど、恐怖や緊張、不安はどんどん大きくなりストレスとなっていきます。更には、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を引き起こすことにもなりかねません。

 

 

(2)子どもが暴言や暴力で解決しようとする
夫婦喧嘩を見て育ったら、他者との関わりで威圧的に相手を屈させようとします。両親がそうしているのだから、そうやって解決したらいいんだと思うのは当然のことですよね。子どもは親を映す鏡です。夫婦喧嘩を見て、暴言や暴力で解決するようになってしまうかもしれませんよ。また、夫婦喧嘩を目撃してそのストレスから自分を守ろうとする自己防衛のため、他者に対して暴力的になる場合も多いです。

 

(3)子どもが恋愛・結婚に対して希望が持てない
夫婦喧嘩が絶えない家庭で育つと、子どもは恋愛や結婚に対して嫌悪感を示す場合があります。好き合って結婚したはずなのに、お互いをののしり合い大きな声で怒鳴り合うなんて、結婚にも恋愛にも希望なんて持てないですよね。

 

(4)子どもが自分の存在を否定する
夫婦喧嘩をする両親を見て、自分がいるから喧嘩をするんだと思ってしまうお子さんもとても多いです。自分の存在を否定したり、自分は親を喧嘩させるダメな人間だといった自己肯定感の低い子になってしまいますよ。

 

 

(5)子どもが周りを気にしすぎて他者の顔色をうかがう
夫婦喧嘩が絶えない家庭で育つと、両親の顔色をうかがう子になりやすいです。そうなると、自然に周りの大人の顔色をうかがったりします。「いつまた怒りだすんだろう」という恐怖や不安にいつもおびえた生活を送ることになるので、そのストレスは大変なものです。

 

(6)子どもの身体の成長にも影響がある
夫婦喧嘩を子どもに見せることで、子どもは大変なストレスを感じます。ストレスが原因で眠れなくなったり、良質な睡眠を取ることが出来ずにいると、成長ホルモンの分泌が制限されてしまい、子どもの身体の成長にも悪影響となる場合があります。

 

夫婦喧嘩は虐待?!

最近では児童虐待に対して厳しく取り締まられるようになってきましたが、夫婦喧嘩も虐待に当るって知っていましたか?私の友人が、夫婦喧嘩で警察を呼ぶ事件に発展しましたが、その際に派手にやり合ったそうで、子どもの目の前でお互いに暴力をふるってしまったそうです。

 

かけつけた警察から、「子どもの前で夫婦喧嘩をしたり、更には暴力をふるい合う場面を見せることは虐待だ」という厳重注意を受けていました。夫婦喧嘩で子どもに恐怖を与えるような場合、「心理的な虐待」とみなされ児童相談所に通報されるそうですよ。

 

友人夫婦が暴力をふるい合う現場を目撃した子どもたちは、ものすごくショックを受けていたそうで、しばらく情緒不安定な状態が続いていました。やっぱり心の傷としてずっと残っていってしまうのではないでしょうか。夫婦喧嘩はどこの家庭でも当たり前にあることですが、せめて子どもの前ではしないように心がけましょう。

 

 

夫婦喧嘩をした後のフォローが大事

他人同士が同じ屋根の下で暮らすわけですし、夫婦喧嘩はどこの家庭にも必ずあることなので、決して夫婦喧嘩をするなというわけではありません。喧嘩をすることで絆が深まることもありますよね。我が家ももちろん夫婦喧嘩をすることはあります。ただ、子どもの前で夫婦喧嘩をしないことは心掛けたいですね。

 

そして例え夫婦喧嘩をしてしまった場合でも、子どもの前でしっかり仲直りをしてスキンシップを取るなどのフォローをすることで、子どもも安心できますよ。良く言えば、子どもの前で喧嘩した後の仲直りの仕方を間近で見せることができますね。また子ども自身は親の夫婦喧嘩は自分のせいだと思ってしまう傾向にあるので、「ごめんね、あなたのせいじゃないよ。大事だよ。大好きだよ。」と抱きしめてフォローをしましょう。これが子育て夫婦が子どもの目の前で夫婦喧嘩をしてしまった際に、とっても大事です。

 

まとめ

ズバリ夫婦喧嘩は子どもに悪い影響を与えます。普段ニコニコ優しいお父さんとお母さんが、怖い顔で大きな声を出して怒鳴り合ったり、暴力をふるったりする姿は、子どもにとって大変な衝撃と恐怖です。夫婦喧嘩自体は絶対になくなるものではありませんし、違う人間同士なので絶対に避けられません。

 

ただ、その夫婦喧嘩を子どもの前でしないとか、子どもに見せないという努力は出来ますよね?子どもの心や体の成長にも関わることですし、お子さんのことを思って、夫婦喧嘩はこっそりやってくださいね!そしてちゃんと仲直りまでして子どもの前に戻りましょう。また、夫婦喧嘩を子どもの前でしてしまった場合には、必ず子どもにフォローをしましょうね!


このエントリーをはてなブックマークに追加