子育て中に父親にぜひやって欲しいこと!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て中に父親にぜひやって欲しいこと!

子育ては母親が主体となる場合が多いです。でも、父親にも子育てをしてもらいたいと心に秘めている方は沢山いるのではないでしょうか。子育て中に父親にやって欲しいことを、ぜひご主人に伝えてみましょう。言ってみたら案外すんなりやってくれるかもしれませんし、それで子育てがちょっと楽になるかもしれませんよ!それでは、子育てでどんなことを父親にやって欲しいか、考えてみましょう。

 

母親に出来ない遊び

日頃、子どもに付きっ切りで遊びに付き合うのは母親が多いですが、仕事で忙しい父親にぜひ休日やって欲しいのが子どもの相手です。特に、闘いごっこや高い高いなど、身体を使った遊びを母は体力も高さもある父親にお願いしたいですね。また、私は主人に子どもたちを公園に連れて行って欲しいなと、よく思っていました。

 

子どもたちが外に出かけている間に掃除をしたり、ちょっと一息ついて自分の時間を持つことが出来たので、ちょっとしたその時間がすごく嬉しかったですよ。子どもも、パパとのお出かけは喜んでいましたし、私とは違った遊びが出来るので嬉しいみたいです。

 

家事を率先して行う

母親は子育てだけと向き合っているわけではありません。とくに日本ではお国柄から、まだ女性が子育ても家事も主となって行うという傾向が強いです。だから子育ても家のこともなんでもやらなければならない母親は、本当に大変なんです。専業主婦の場合は、自分は家のことを守って、父親は外でお金を稼いでくるというスタイルでいいかもしれません。でも最近主流となっている共働きの家庭では、そんなことは言っていられません。家事も夫婦分担が基本です。

 

専業主婦の私は、主人が時々休日にご飯を作ってくれるとすごく嬉しいですし、掃除機をかけてくれたり、お風呂を掃除してくれるだけでも感動です。もともと主人の助けはないものと思っているので、余計に自分からやってもらえると嬉しさが増しますね。だから自分にできる家事を率先してやってもらえると、すごく父親の好感度があがります。子どもたちも「パパのご飯美味しい」と特別感があってすごく喜びますよ。

 

子育ては夫婦協働

子育てに関しては、父親と母親が一緒になって取り組む必要があるので、母親任せが当たり前という考えは今どきナンセンスですね。積極的におむつを替えたり、ミルクをあげたり、お風呂に入れたり、休日一緒に遊んだりという姿勢は常に見せてほしいものです。もちろん仕事で忙しいというのも分かりますが、女性側も家での家事や子育てにくたくたです。だからお互いにいたわり合って、子育てを楽しく助け合って行いたいものですね。

 

まとめ

子育て中の子どもとの関わりの主となるのは母親ですが、父親にやって欲しいことはたくさんあります。我が家も、もっと外に遊びに連れて行ってくれたらいいのにとか、言われる前に気が付いたらやってよ!と思うことがよくありますが、やってくれるだけ有難いと思うようにしています。共働きで子育てをしている家庭は、家事も子育ても分担してしなければ成り立ちませんが、しっかりお互いに話し合う時間を持つというのが大事なことなのではないでしょうか。父親にぜひやってほしいこと、ぜひ話し合ってご主人に伝えてみてくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加