子育てにおける父親の役割ってなに?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てにおける父親の役割ってなに?

この記事では、子育てにおける父親の役割はなにかについてお話します。子育ては夫婦協働で行うことが重要となります。でも夫婦がバランスよく機能しなければ、子育てをメインで行っている母親のイライラは募りますし、子どもにとっても父親の存在があまり意味ないものになってしまいます。では、子育てで父親の役割とはどんなものなのでしょうか。1つずつみていきましょう。

 

子育てで父親の役割

(1)最終的な決定権を握っている
我が家では、子育ては専業主婦である私がメインです。でも、なにか決定するときの決定権は主人にお願いしています。子育てに関して、習い事一つにしても子どもがやりたいと言えば、「パパに聞いてごらん」と言って子どもにも父親に聞かせるようにしていますね。家族の中で最終的な決定権のある人という役割を、担ってもらっています。

 

(2)社会でのルールを教える
家の中では子どもたちの行動で気になったことに関して、私が子どもたちに指摘しますが、外に出ると主人が細かく子どもたちの行動を指摘しています。社会に出て働いているからこそ、社会人目線から社会でどうルールを守って生きていくかということを、子どもたちに伝えてくれています。

 

(3)母親の味方でいる
母親の場合、子どもとつきっきりで過ごすことが多いため、子育てが楽しいばかりではなく、ストレスが溜まりやすいです。父親は母親が「自分は孤独だと思わない子育て」ができるよう、サポートをする役割を担っています。母親の愚痴をしっかり聞いて、相談に乗ってあげましょう。

 

(4)どうにもならない時に叱ってもらう
我が家では、一番怖い人が父親です。毎日ガミガミ子どもたちを叱っていると、いつの間にか慣れてしまって、「ママが怒っても怖くない」と言われてしまっています。でも普段温厚な主人に、どうにもならない時にガツンと叱ってもらうと、ものすごく怖いようで子どもたちも態度を改めます。

 

(5)子どもの壁(目標)
特に男の子の子どもにとって、父親は近くにいる頼れる存在であり、目標とすべき存在となります。いつかは父親を超えたい、父親のようになりたい、そう心に秘めながら大きくなるお子さんも多いのではないでしょうか。

 

 

子育ては父親と母親のバランスに気を付けて

(1)両親同時に子どもを叱らない
子育てで父親と母親のバランスは非常に重要です。というのも、母親が子どもを叱っているところに、追い打ちをかけて父親が更に子どもを叱るとなると、子どもに逃げ道はありません。追い詰められてしまいますよね。だから、親はどちらか片方が叱ったら、どちらか片方はフォローに回るようにしましょう。

 

(2)シングルマザーはどうバランスをとる?
近年では、シングルマザーとしてお子さんを育てているお母さんも少なくありません。母親だけでなく、父親の役割も全て自分で担わなければならないというのは、想像以上に大変なことです。でも母親が他に自分の気持ちを吐き出す場所がありさえすれば、大変な苦労はありますが、母親が父親の役割を果たすことは出来ますよ!夫婦そろっての子育てでも、父親の役割が機能せず夫婦のバランスが取れていなければ、子どもにとっても母親にとっても悪影響になってしまうため意味がありません。

 

父親の役割を機能させるために

(1)父親の悪口を言わない
父親の悪口を普段から子どもの前で言ってしまうと、子ども自身も父親に対して悪口を言います。父親の存在を軽く扱ってしまったり、父親としての威厳を保てなくなってしまうので、母親が父親の悪口を言うのは良くありません。子どもの前では父親の悪口を言わないようにしましょうね。

 

(2)父親の凄い所を伝える
父親はこんなところが凄いとか、家族のために頑張って働いてくれているといった、父親の良い所や凄い所を、子どもに沢山伝えてあげましょう。背中で自分の生きざまを見せる父親を、ぜひ陰でサポートしてあげてくださいね。

 

(3)子どもたちへの父親の愛情を伝える
父親は言葉足らずなことが多いです。特に言葉ではなく自分の行動で、子どもに伝えたいという人も多いですよね。でも、子どもにそれが伝わっているかと言えばそうでもなかったりします。そんな時は、母親が言葉で父親が子どもたちを大事に思っていることを伝えてあげましょう。子どもたちは自分が愛されているということを、より明確に感じることが出来ますよ。

 

まとめ

父親は外で働くという家庭が多いため、子育ては母親がメインとなります。父親の役割を上手に機能させながら父親と母親がバランスよく子育てに関わっていくことが重要です。そのためにも、日ごろから子育てについて夫婦で話をする機会を持ちましょう。話をすることで母親のストレス発散にもつながりますし、さりげなく父親をサポートすることで、夫婦協働で子育てをしていくことができますよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加