子育て中に離婚を考えるなら…

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て中に離婚を考えるなら…

子育てしながら、子どものために離婚をしないでおくべきか、した方がいいのかと悩まれる方は、実は結構多いかと思います。でも実際のところはどうなのでしょうか。この記事では、子育て中に離婚を考える場合には、どんなことに取り組まなければならないのか、実際子育て中の離婚ってどうなのかについてお話します。ちょっと気になるなという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

子育て中の離婚ってどうなの?

(1)離婚では勇気と覚悟が必要
子育て中の離婚は、勇気と覚悟が必要です。自分1人だけなら、新しい生活を始めることに対して前向きに離婚を進めることが出来ます。でも子どもを連れての離婚となると、子どもを自分一人で育てる覚悟を決めなければ、離婚してから「離婚するんじゃなかった」と思っても取り返しがつきません。私の周りでも、子育て中の友人が子どもを連れて離婚したり、離婚の話になったけれど夫婦で話し合いを重ねて離婚を選択しなかった人もいます。

 

この両者の決定的な違いは、覚悟のあるなしではないでしょうか。このまま結婚生活を続けても、子どものためにも自分のためにもならないと確信があり、一人で子どもを育てる覚悟があるのであれば離婚を決めます。逆に、離婚が頭をちらつくけれど経済的に一人で子どもを育てるのは不安が残るし、ローンを組んで買った家も手放さなければならないと思うと、離婚に踏み切れず迷いがあるという場合は、離婚を回避します。それくらい離婚は勇気と覚悟が必要なんです。

 

(2)子どもは親をよくみている
子どもは親をよく見ています。よく子育ては両親揃っていなければという人もいますが、実際に子どもが育つ中で両親が毎日喧嘩をしていがみ合っているところを見続けるのはどうなのでしょうか。一緒に暮らしていても目を合せないし、言葉も交わさない、お互いに無関心な両親を見て、幸せなのでしょうか。

 

更に極端なことを言えば、お父さんがお母さんに暴力をふるっているとか、逆にお母さんがお父さんをののしり暴力をふるっているところなんて見たくもないですよね。子どもは親をよく見ているので、親が思っている以上に状況を把握していますよ。

 

(3)離婚して良かったという声は実際多い
離婚するまでは、お互いにいがみ合い一緒にいるだけで非常に辛かった夫婦関係が、離婚することで他人になり、子どもと自分の生活だけに専念すればいいので非常にスッキリしたという話は良く聞きます。夫婦はもともと赤の他人同士ですが、子どもと自分だけだと血が繋がっているし、気ままに楽しく生活できると感じる人は多いのかもしれませんね。

 

離婚は想像以上に労力がかかる

子どもがいない状況での離婚の場合、次の4つを取り決めなければなりません。

 

 

(1)財産分与
結婚していた間の夫婦の財産は、公平に二人で分配しなければなりません。

 

(2)慰謝料
夫や妻の不貞行為が原因であれば不貞行為の相手に慰謝料を請求することができます。

 

(3)婚姻費用
離婚が成立するまでの生活費を、夫婦それぞれの収入に応じて分担する必要があります。

 

(4)年金分割
結婚していた間に納付された年金保険料に関して、離婚時に夫婦でその納付記録を分けます。

 

更に、子どもがいる夫婦の場合は、次の3つも取り決める必要があります。

 

(1)親権
両親が離婚する場合、子どもの親権をどちらが持つか話し合いをしなければなりません。どちらも譲らない場合は裁判となります。

 

(2)養育費
子どもがいる離婚の場合は、親権を決めると当時に子どもの養育費をどう分担するかについても話し合います。養育費は子育てに必要な費用です。親権者にならなくても、親である以上は養育費を負担する義務がありますよ。ただ、次第に支払わなくなるケースも増えています。

 

(3)面会交流
子どもがいる離婚の場合、親権をもたない親でも子どもと面会する権利があります。だから離婚時に、今後どのように子どもとの面会を実現するか、頻度や形態を決めます。

 

 

離婚後の子どものケア

(1)子どもの姓
両親の離婚後に子どもの姓をどうするかよく考えましょう。学校で姓が変わることによって両親が離婚したことが周りに知られたり、クラスメイトから何か言われたりするのは子どもも辛いです。これまでと同じ姓を名乗ることもできるので、よく子どもとも話し合いましょう。

 

(2)寂しさ
これまで毎日一緒に生活してきたもう一人の親が離れて暮らすことになるとなれば、子どもも寂しさを感じます。我が家の長女は、主人が3ヶ月間単身赴任をしただけでも、非常に精神的に不安定な状況に陥りました。離婚して離れて暮らしても、離れて暮らすパパやママはいつでもあなたのことを思っている、あなたのことが大好き、いつでも会えるよと言うことをしっかりお子さんに伝えましょう。

 

また、離婚してもお互い親であることは変わりがないので、子育てを共同で行うことが出来る関係にあると子どもも安心できますよ。ただし、離婚理由がパートナーの暴力などの場合は、離婚後も子育てを協力して行うというのが、なかなか叶わないことが多いです。子どもの精神的な不安定さへの配慮として、学校の担任の先生や、実家の両親など色んな人のサポートが得られるようにしておきましょうね。

 

ひとり親家庭への支援

離婚してひとり親家庭になった場合、国や自治体から支援を受けることが出来ます。各自治体によって、ひとり親支援制度の内容は違いがあるので、ぜひ自治体に問い合わせてみてくださいね!住宅手当や交通費の減額制度、医療費支給や、子どもの保育サービス券など出たりするところがあるようですよ!国からの支援としては、ひとり親家庭に「児童扶養手当」が支給されます。

 

まとめ

子育て中の離婚は、とにかく夫婦でよく話し合い、後悔しないようにすすめる必要があります。必要な場合は、間にお互いの両親や弁護士に間に入ってもらわなければならないこともあるかもしれません。それくらい、一大事です。離婚は夫婦関係の終わりではありますが、新たなスタートでもあります。新しい生活の始まりを気持ちよく始めるためにも、前向きに夫婦だけでなくお子さんとも話し合ってスタートできると良いですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加