夫婦仲がうまくいかない!解決方法はある?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

夫婦仲がうまくいかない!解決方法はある?

夫婦仲がうまくいかないことを悩んでいる方は、とても多いのではないでしょうか。確かに、夫婦仲がうまくいかないことから、離婚を選択する夫婦は非常に多いです。

 

この記事では、夫婦仲がうまくいかない時の解決方法についてお話します。夫婦仲がうまくいかず、離婚を考えているという方は、離婚を選択する前に参考にしてみてくださいね!

 

夫婦仲がうまくいかない

愛を誓いあって結婚したはずの夫婦ですが、元々は赤の他人同士です。生活習慣・育った環境・性格・価値観・考え方、それぞれが違いますよね。全く同じなんてことはありえません。だから夫婦仲がうまくいかないってことは、一度は誰しもが経験するのではないでしょうか。

  • パートナーの態度が冷たい
  • 連絡がない
  • 自分に対して思いやりがない
  • パートナーの行動で知らないことが多い
  • セックスレス
  • 価値観が違う
  • 自分のことばかりで相手のことを思っていない
  • マンネリ化が当たり前になっている
  • 暴言を吐かれたり、暴力を振るわれる
  • 自分のことを理解してくれない
  • 義実家との関係が悪い
  • 家事や子育てを手伝ってくれない
  • 話を聞いてくれない
  • パートナーが何を考えているのか分からない
  • 子育ての方針が合わない
  • 家に自分の居場所がない、居心地が悪い
  • パートナー不倫をしている

 

うまくいかないと感じるきっかけとして、いくつか上記にあげましたが、心当たりのある方は多いのではないでしょうか。

 

夫婦仲がうまくいかない原因は何?

夫婦仲がうまくいかない原因は色々考えられます。

 

(1)子どもが生れた
子どもが生れると、妻はこれまで旦那一筋だったのが、一気に子どものことが最優先になります。それを面白く思わない男性は結構います。子どものことはもちろん可愛いけれど、自分のことも構って欲しいと思っている男性は意外に多かったりしますよ。

 

 

(2)相手に求めすぎている
夫(妻)なんだから、父親(母親)なんだからと一方的に自分の理想像を相手に押しつけ過ぎてしまうと、相手にとって負担であり窮屈です。特に男性の場合は外へ働きに出ている分、家に帰らないという選択肢を取る人もいますよね。

 

逆に女性側は子どもがいると外へ出て行くという選択肢を取りづらく、家の中でモヤモヤした気持ちを帰ってきた夫にぶつけざる負えない状況になるのではないでしょうか。夫婦仲がうまくいかなくなるのも当然ですね。自分の価値観を押し付けすぎるのはよくありません。

 

(3)仕事や子育てを言い訳にする
「仕事で疲れているから」とか、「子育てが大変だから」を言い訳にして、パートナーの話を聞かなかったり、子育てを手伝わなかったり、セックスを何度も拒否するというのは、相手の心が離れても仕方がないことかもしれませんね。自分の方を見てくれないと思って当然です。

 

(4)パートナーを思いやっていない
仕事や子育てが忙しかったり、結婚してからの時間が長くなれば長くなるほど、相手への思いやりを忘れがちです。それに気が付かないまま、気が付いたらパートナーガ去っていたなんてことにもなりかねません。「親しき中にも礼儀あり」なんですけどね。

 

(5)お金
夫婦になってこれまで自分の好きなように遣えていたお金が、自分の思うように使えなかったり、専業主婦になって旦那さんの収入だけになったことで、収入が少ないことなど、お金が原因で夫婦仲がうまくいかないという夫婦も多いです。

 

(6)2人で過ごす時間がない
夫婦2人でゆっくり過ごす時間がないと、スキンシップやコミュニケーションをとる時間なんてありませんし、すれ違って夫婦うまくいかないと思うのは当たり前です。

 

夫婦仲がうまくいくためには

(1)思いやる
夫婦は片方が思いやることを忘れてしまうと、残念なことにうまくいきません。我が家でも思いやれない時期ってありましたが、今ではお互い意識して口に出して思いやりの言葉を言うようにしています。私は「お疲れ様」「ありがとう」特にこの二つを主人に言わない日はないです。主人も意識して、私を思いやる言葉をかけてくれます。思いやってくれるのが当たり前ではなく、互いに思いやりの言葉をかけらえるかどうかがポイントですね。

 

 

(2)話し合う
とにかく、夫婦うまくいかないなら話し合うことが重要です。話をすることで、相手が何を思っているのか知ることができます。自分が全く気にもしていなかったことが、相手にとって一番嫌なことかもしれません。話し合いの時間すらもてていなかったなと気づく夫婦も、実は多いのではないでしょうか。

 

また、スマホに目をやりながら話を聞いているなんて人も、問題外です。スマホは置いて、パートナーの目をみて話しましょう。夫婦なんだから言わなくても分かるなんて言うのは、ナンセンスですよ。エスパーじゃないんだから、わかるわけがありません。

 

(3)相手に価値観を押し付けない
どうしても、話し合いの中でヒートアップして自分の価値観を押し付けてしまうという人も中にはいるかもしれません。でもあなたの価値観が、必ず相手に当てはまるなんてことはありません。相手の話も聞いて、受け止める姿勢ってすごく大事ですよ。

 

「自分を受け止めてもらえた」「話を聞いてもらえた」この気持ちは、“次もまた相手と話をしてみよう”につながり、夫婦が真剣にぶつかり合うことができます。片方がぶつかることを諦めてしまったら、夫婦の関係は崩れ、うまくいかなくなります。ただ、自分はこう思うという気持ちを伝えることも夫婦がうまくいくためには重要です。お互いがぶつかり合うために、価値観を押し付けず相手の話を聞くようにしてみてくださいね。

 

(4)2人の時間を大事にする
夫婦になり、子どもが生れるとどうしても子ども中心の生活となります。でも父と母である前に夫婦であることから、もっと2人の時間を大事にしましょう。一緒にテレビを見たり、お酒を飲んだり、子どもを預かってもらってデートに行ったり、2人の時間を意識して大事にすることで、お互いを大事に思えたりしますよ。

 

(5)相手に求めすぎない
我が家は主人に対して、もともと子育てや家事を期待していません。専業主婦になるまでは、私も働いていたので、「どうして全てを私がやらなければならないのか」と思うと、イライラするしその気持ちをぶつけていました。でも、専業主婦になったことに加えて、もともと期待するから期待通りにいかなかった時の落胆が大きいんだと気が付き、それからは一切期待しなくなりました。

 

すると、もともと手助けなんてないものだと思っている所に、旦那が夕食を作ってくれたり、子どもを連れて遊びに出かけたりしてくれたりすると、ものすごく嬉しいですし感謝の気持ちでいっぱいになります。そこへ感謝の気持ちを伝えたり褒めると、次にまた褒められたくてやってくれるんです。お互いのためになっていいですよ。

 

(6)スキンシップをとる
夫婦仲がうまくいかない時って、お互いにふれあったりすることってありませんよね。特に結婚生活が長くなったり、子どもが生れたりすると、スキンシップが減るなんて夫婦はとても多いです。でも触れ合うことで、相手のぬくもりを感じたり、相手を近くに感じることが出来るので、ちょっと話をしてみようかなと思うきっかけになったりしますよ。

 

まとめ

夫婦仲がうまくいかない時って、どの夫婦にも一度はあるのではないでしょうか。小さなすれ違いが重なって、「いつものことだから」で片づけていると、気が付いたらお互いに修復不可能となり、離婚をするという結果にもなりかねません。

 

夫婦仲がうまくいくための策は、基本的には難しいことは何もありません。誰しもが付き合い始めた時には、お互いに思いやり尊重していた気持ちを、もう一度思い出すための基本的な対人スキルが必要なだけです。うまくそのスキルを活かして、夫婦仲がうまくいくといいですね。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加