モラハラ旦那の呪縛から解かれたい!どうすればいい?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

モラハラ旦那の呪縛から解かれたい!どうすればいい?

この記事では、モラハラ旦那の呪縛から解かれるための方法についてお話します。旦那のモラハラに苦しんでいる、もしかするとうちの旦那はモラハラ旦那かもしれないと思っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

モラハラ旦那にうんざり!

モラハラとは、モラルハラスメントとのことで、精神的な嫌がらせを指して言います。だからモラハラ旦那とは、精神的な嫌がらせをしてくる旦那という意味ですね。モラハラ旦那には色んなパターンがあります。次に挙げるのは、モラハラ旦那のほんの一部です。

 

(1)妻の人格を否定する
モラハラ旦那は、妻の人格を否定してののしります。「お前はダメな人間だ」とか「こんなことも出来ないのか」といったことを、平気で浴びせてきます。

 

(2)妻のせいにする
「お前が俺にこうさせるんだ」といった、自分の言動を正当化するような言葉を妻に投げかけます。

 

(3)妻を閉じ込める
モラハラ夫の中には、妻から携帯を取り上げて家の中に閉じ込めたり、逆に外に締め出したり、病気になっても病院に行かせたりしないという行動をとる人もいます。中には、妻が外で友人と会ったりするのも嫌がるという人もいるんです。

 

(4)モノにあたって恐怖心を煽る
モラハラ夫は、モノにあたって大きな音をたてて妻の恐怖心を煽ったりします。モノに当たった上に言葉も加われば、いつ自分の方にそのこぶしが向けられるんだろうと思い、怖くなってしまいますよね。

 

(5)妻に過度な反省を求める
ちょっとしたことでもいちゃもんをつけては、妻に土下座を強要したり、反省文を書かせた李、長時間の説教をしたりします。妻からするとたまったもんじゃないんですね。

 

(6)自分が養ってやっているという圧力
モラハラ夫は、やたら「自分が稼いだお金」とか「誰のおかげで生活出来ているんだ」といったことを言ってきます。「自分が養ってやっているから、お前らはこうした暮らしが出来ているんだ」ということを、圧力をかけて言ってくるので腹がたちますね。

 

(7)妻を無視
モラハラ夫は、よく妻を無視します。妻に対して舌打ちしたり、無視したり、コミュニケーションをまともにとろうとしないことが多いのではないでしょうか。気分によって、妻に対してひどい態度を取ったりするので、「今日は機嫌が悪いな」とおびえる奥さんも多いです。

 

(8)子どもに妻の悪口を言う
モラハラ旦那は、しばしば子どもに妻の悪口を言います。妻に自分が悪いと思わせるためなのか、家庭内に妻の味方はいないと思わせるためなのかは分かりませんが、子どもを味方に付けようとするので腹が立ちますね。でも、子どもはお母さんのことが大好きです。

 

(9)お金を渡さない
モラハラ旦那は必要最低限の生活費しか渡さず、妻の交友費や美容費を使わせません。自分は自分のお金だからと好きなようにお金を遣うくせに、妻に関しては制限を強要するので困りますね。

 

モラハラ旦那はここが厄介!

モラハラ夫の厄介なところは、外面がいいところです。家の中では妻に対してひどいモラハラ旦那でも、外に出ると「お宅の旦那さんは優しくてとってもうらやましい」と言われるような外面の良さなので、なかなか人に理解してもらいづらいです。また、モラハラ旦那は自分が悪いと思うことはほとんどないのではないでしょうか。だからなかなか自分がモラハラ旦那であると自覚させるのは、難しいです。

 

「それってモラハラだよ」と言っても、受け入れないどころか逆ギレしたり、更にひどいことを言ってきたりすることも考えられるので、うかつに指摘出来ない部分もありますよね。友人から言ってもらうにしても、結局自分に更に攻撃が向くことになってしまうかもしれないため、慎重に行動したいところです。

 

モラハラ旦那にどう対応すればいい?!

(1)強気で!
モラハラ旦那に屈してしまうと、自分はダメな妻だとか、自分が旦那を怒らせているんだという風にマインドコントロールされてしまいます。決してそうではないのに、旦那からの精神的な嫌がらせに追い詰められ、自分自身が悪いように勘違いしてしまうんですよね。強気でいけるなら、強気でいきましょう。相手が理不尽であること、決して相手に屈しないという気持ちでいられるのであれば、それが一番です。

 

(2)受け流す
モラハラ旦那は、妻の傷ついたりおびえたりする顔を見たくてやっている面もあります。だから、難しいかもしれませんが、あまり反応しないようにするとか、受け流すようにすると良いのではないでしょうか。心の中で旦那を「このゲス野郎」とか「かわいそうな人」と見下してもいいじゃないですか。こっそり旦那に嫌がらせをしてストレス発散をしても、罰は決して当たりません。

 

(3)証拠を残す
旦那にこんなことをされたということを、全て書き留めて置いたり、録音出来れば録音したりして記録に残しましょう。今後離婚をする時にも、証拠として提出することが出来るので、結構重要です。場合によっては、証拠と共に夫を訴えることで、慰謝料を請求することも出来ますよ。

 

(4)離婚
モラハラ旦那は外面がいいので、なかなか周りから分かってもらうことが難しいですし、離婚に応じてくれません。だからすぐに離婚をしようと思っても、難しいのが現状です。まずは弁護士に相談をして、別居して別居期間が長くなれば、離婚も認められやすくなりますよ。

 

(5)離婚をちらつかせる
私の友人で、これまで旦那のモラハラに耐え続けていましたが、我慢の限界で突然家を出て旦那に離婚をちらつかせました。すると、謝ってきたそうです。でも結局、以前ほどではないにしろモラハラ旦那に変わりはないみたいですね。確かにあまり意味がないのかもしれませんが、離婚をちらつかせることで「自分の思い通りにならない」ということを分からせることもできるかもしれませんよ。

 

(6)公的な機関に相談する
もちろん周りに相談出来る友人がいれば、話を聞いてもらって気持ちをスッキリさせるのは大事なことです。でも、それだけでは根本が解決せず苦しいという段階になってしまった場合には、公的な機関に相談をするのもとても大事なことですよ。市によっては配偶者の暴力に悩んでいる妻への相談窓口もありますし、モラハラ旦那に苦しむ人の専門的な窓口もあったりします。カウンセリングを受けたり弁護士に相談をするという方法もありますよ。あなたは一人ではありません。

 

まとめ

モラハラ旦那に苦しむ女性は多いです。私の周りでも「それってモラハラじゃないの?!」という旦那さんがいますが、奥さんは耐えています。周りからすれば別れればいいのにとか、言い返せばいいのにと思ってしまいますが、実際に精神的に追い詰められてしまうと、怖くて何も言えなかったりしますし、子どもがいると簡単に別れることも選択出来ないですよね。モラハラ旦那は、妻を精神的に追い込んでマインドコントロールし、自分の支配下に置こうとしています。

 

基本的には、旦那には屈しないという気持ちを強く持つことが大事ですが、なかなかそうもうまくいかないので、別居や離婚も視野に入れて距離を取ったり、旦那の言うことを真に受けずスルーしましょう。モラハラ旦那の言いなりになることはありません。あなた自身の人生を大事にしましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加