旦那はお小遣い制が良い?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

旦那はお小遣い制が良い?

この記事では、旦那はお小遣い制がいいのかについてお話します。旦那のお小遣いをどうするか迷っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

旦那はお小遣い制が良い?

旦那さんをお小遣いにするかどうかは、まず各家庭の事情によります。

 

(1)お小遣い制
我が家はお小遣い制ですが、それには理由があります。私が専業主婦なので、旦那のお給料で家計をやりくりしているのですが、細かくそのお給料を振り分けて、貯蓄や支出と分けていくと、「好きなだけ遣っていいよ」という旦那のお小遣いは発生しません。「これだけがあなたが遣ってもらって大丈夫なお小遣いだよ」という感じで毎月渡しています。

 

私の友人は、旦那さんの浮気予防のためにあえて少なめの金額のお小遣いを渡し、後々必要であれば何に遣うのか聞いてからお金を渡すと言っていました。浮気予防の観点から言っても、お小遣い制はメリットがあるようですね。

 

(2)お小遣い制ではない
共働きの友人は、お互いに生活費や子どもの養育費、貯金を細かく出し合って、あとは全てお互いに自由に遣えるお金にしているという人もいます。これはこれでアリですよね!きちんと自分でお金を管理出来る旦那さんの場合は、お互いに納得しているのであれば、この方法で十分問題なくやっていけるのではないでしょうか。

 

また旦那さんの方から、必要な時にお金が必要だと言うので、特にお小遣いは必要ないという場合もあったりするようです。意外に私の周りに多いのが、旦那さんが家計を管理しているので、自分が旦那さんからお小遣いをもらうというパターンです。旦那さんが家計を管理できるなんてすごいなと思いますが、実際にどのくらい旦那が遣っているのか私は気になってしまいますね。

 

お小遣いの渡し方は?

(1)毎月1度まとまった額を渡す
お小遣いのオーソドックスな渡し方として、毎月1度まとまった金額を渡すという方法があります。
足りない分は後から足すという方法ですが、「ちょっと足して」と毎月月末が近くなると言ってくる旦那さんは結構多いみたいですね。

 

(2)月に何度かに分けて渡す
我が家では、旦那がお財布にお金があったらあった分だけ遣ってしまう人なので、色々試してみて、結局落ち着いたのが週に1度お小遣いを渡すスタイルになりました。始めのうちはそれでも「足して!」と言っていましたが、最近ではちゃんと自分でやりくり出来るようになったので、「足して!」は全くなくなりましたね。

 

旦那のお小遣いの金額はどう決める?

各家庭によって旦那のお小遣いは違いますが、家計に見合った金額を算出する必要があります。旦那さんによっては、役職についていて部下におごったりしなければならない状況だったりすると、ちょっと多めに渡してあげなければなりませんよね。でも旦那の浮気や夜の遊びが心配だから、出来るだけ沢山のお小遣いは渡したくないという人だっていると思います。お小遣いが少ないのでモチベーションにならないと、仕事に身が入らなかったり、夫婦仲が悪くなったりすることだって考えられます。

 

だから、旦那さんとどのくらいのお小遣いが妥当なのか話し合いをしましょう。もしも浮気が心配であまり多くのお金を渡したくないのであれば、「子どもやマイホーム購入のためにこれくらいのお金を貯めたいから、貯蓄に協力して欲しい」といったことをお願いして、上手に納得してもらえるようにするのがおすすめです。

 

まとめ

旦那のお小遣いをどうするか悩むところではありますが、旦那のお小遣い問題は、夫婦仲にも影響してくるので、お互いに納得出来る形で算出できるといいですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加