夫婦で身につけたい“アサーション”って、ご存じですか?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

夫婦で身につけたい“アサーション”って、ご存じですか?

この記事では、“アサーション”がいかに夫婦にとって重要かについてお話します。夫婦の関係性でお悩みの方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

夫婦の関係性にお悩みではないですか?

夫婦でコミュニケーションをとる時、いつも夫が一方的にこちらの意見を聞かずに意見を押し付けてくるのに腹が立つとか、いざ自分の意見を夫に言おうとしても言えないとお悩みの方はとても多いのではないでしょうか?どちらかがマウントをとりどちらかが自分の意見を言えないでいる関係って、夫婦の関係性としてはアンバランスです。

 

 

一昔前までは、亭主関白が主流であった日本において、妻は夫の言うことに従い口ごたえをしないというのが当たり前の時代がありました。でも、今では男女平等であり、日本人が苦手とする自分の意見を相手に伝えることはとても重要なことです。夫婦がお互いに“言わなくてもそんなこと分かるでしょ”なんて、実際ありえないんですよね。一人一人が違う人間ですし、考えていることもエスパーではないんですから、言わなければ分かりません。また反対に、分かろうという姿勢がなければ相手を知ることなんてできません。

 

夫婦になるといつの間にかパワーバランスが出来てしまって、どちらかが命令してどちらかが従うという構図になってしまいがちです。それって、どちらかがずっと我慢をしながら生活していくことになるので、夫婦の関係性はとてもアンバランスですよね。そんな夫婦の関係性にお悩みの方は、夫婦で“アサーション”を身に着けてみてはいかがでしょう。

 

“アサーション”って何?!

“アサーション”という聞きなれない横文字に「何のこと?」と思われる方も多いかと思いますが、アサーションとは、「相手の意見を尊重しながらも、自分も大事にする」という対人コミュニケーションツールの一つです。これって簡単なようで結構難しいことですよね。ついつい自分の感情に任せて、自分の意見や感情を相手にぶつけてしまったり、相手がどう考えているか分からないけど相手を優先して自分のことを後回しにしたり犠牲にしたりしていませんか?

 

私はかなり後者が強い人間です。相手に嫌われたくないとか、争いたくない、良く思われたいという気持ちにプラスして、相手がどう思っているか分からないので、相手を優先することが夫婦関係でも友人関係でも多いですね。結果的に勝手に夫に対しても友人に対しても疲れてしまい、距離の取り方が時々分からなくなって一方的に距離をとりがちです。

 

だからアサーションはまさに私のような人間に必要なコミュニケーションツールです。相手の意見を尊重しながら、自分も大事にして自分の意見を伝えるというのは、理想的ですし出来たらいいんだろうなって思いますね。

 

アサーションが身につくとこうなる!

私の主人は営業の仕事をしていますが、日ごろから対人コミュニケーションスキルを磨いているだけあって、アサーションが身についているなと感じます。いつも私に対して「自分はこう思っているけれど、どう思う?」という聞き方をしてくれるので、私自身とてもコミュニケーションが取りやすいですね。この時ありがたいのが、主人は自分の意見をごり押ししないんです。冷静にただ自分はこう思っているとか、自分はこうして欲しいと思っていることを、感情的にならず伝えてくれるので、私自身の意見も言い出しやすいんです。

 

でも私自身はアサーションがそんなに身についていないので、相手に意見を聞きもせず勝手に相手のためと決めつけてやったのに、思うような反応が返ってこなかったりして勝手にモヤモヤしてしまうことがとても多いです。主人からも「なんで怒ってるの?」とか「言ってくれないと分からない」と戸惑わせてしまうことがよくありますね。相手がどう思っているのか、どう行動するのか分からない時には、まずは自分の意見を伝えてから相手がどう思っているのか聞いてみましょう。すると自分が思っていたよりも、もっと単純に問題が解決するんですよね。

 

アサーションを意識して夫婦で会話をするということは、自分も意見を相手にしっかり伝えて対等な立場で話をするということです。もちろん、それによって意見が食い違うこともあるかもしれませんし、それはお互いに話し合う必要があります。でも、夫婦において対等に意見を伝え意見を聞くというコミュニケーションこそが重要です。アサーションが身につくことで、よりパートナーのことを知り、よりよい関係を築くことが出来るようになりますよ!

 

私もできるだけ意識して主人に自分の意見を伝えるよう努力をしていますが、おかげで主人との会話はとても多いですし、自分が思っていたよりも深刻なことじゃないんだなって思うことが良くあるので、アサーションを身につけることはとても大事だと思います。

 

今からでもアサーションは身につく?

今からでもアサーションを身につけることは十分できます。そのためには、日々の夫婦の会話の中でも自分の意見や気持ちを伝える練習をしてみましょう。自分の気持ちや意見を伝えることが出来るけれど、人の意見を聞くことが出来ないで攻撃的になってしまうという人は、グッと堪えて感情的にならず自分の意見を伝え相手の意見を聞くというところまで頑張ってみてはいかがでしょうか?アサーションの書籍も販売されているので、気になる方は、良かったらチェックしてみてくださいね!

 

「夫婦・カップルのためのアサーション 自分もパートナーも大切にする自己表現」野末武義(著)金子書房

 

まとめ

夫婦の会話でアサーションが身についていれば、お互いにより分かり合え、良きパートナーになることが出来ます。でもアサーションが身についていななければ、どちらか一方が耐える結婚生活なんて、いずれ熟年離婚なんてことにもなりかねないかもしれませんよ。ぜひ夫婦で対等な素敵な関係を築いていけるよう、アサーションを身につけてみてはいかがでしょうか?


このエントリーをはてなブックマークに追加