子育て中の夫婦は役割分担がポイント!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て中の夫婦は役割分担がポイント!

この記事では、子育て中の夫婦の役割分担についてお話します。役割分担をしたいけれど、どうしたらいいか分からないと悩んでいる方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

専業主婦の役割分担

我が家は私が家にいるので、基本的に家の中のことは自分の仕事で、夫は外に出てお金を稼いでくるのが仕事という役割分担です。子育てに関しては、理想的なのは夫婦協働ですが、どうしても家にいる母親である私の仕事という感じになってしまっているのは否めません。でも、実際夫の仕事は朝早くから夜遅くまでなので、なかなか普段の生活で子育てを手伝って!とは言えない感じもありますね。

 

その代わり、家事や子育ては自分の時間と割り切るためのオンとオフが難しいため、主人の休日に主人に「お昼ご飯を作る」とか「子どもを公園に連れて行く」「家の中の力仕事をする」「金魚の水槽掃除をする」といった役割を担ってもらっています。専業主婦は家政婦ではないので、ちゃんと夫に休日があるように、妻も休日は必要です。

 

昔は自分が全部やって当たり前でしたが、今は夫に協力をちゃんと要請して役割分担ができるようになったので、気持ちもすごくらくです。子どもが大きくなってきたことに加えて、夫婦の距離感や関係性も変化して上手にお互いを思いやれるようになってきたことが、今夫と役割分担を上手にできている要因かなと思いますね。

 

共働きでの役割分担

共働きの場合は、家事も子育ても夫婦で役割分担をしておかなければ成り立ちません。どちらかが仕事が忙しいからということを口にしてしまうと、「自分も仕事をしているのに」という不満になりかねないので、柔軟な対応ができることがポイントになります。

 

基本的な役割分担を決める
  • 朝食の準備
  • 洗濯
  • 後片付け
  • 子どもの朝の身支度
  • ゴミ出し
  • 保育園への送迎
  • 夕食の買い出し、準備
  • 夕食後の後片付け
  • お風呂
  • 子どもの寝かしつけ
  • 掃除

 

これらのことを、仕事をしながら一人でこなすというのは、無理です。夫婦でまずは基本的な役割分担をする必要がありますよ。例えば、妻が朝食の準備をして洗濯をしている間に、夫は子どもの朝の身支度をして一緒に朝食を取り、出勤する時にゴミ出しをするとか話し合っておくと、忙しい朝もスムーズに進みます。

 

この時、夫とよく話し合って役割分担をする必要がありますよ。男性は言わなければ分からないという人が多いので、なんとなくやってくれるだろうと待っているだけでは伝わらず、「自分ばっかり頑張っている」と慌ただしい毎日にイライラしてしまいがちです。よく話し合って何をして欲しいということを明確に伝えると、後々のイライラが軽減できます。夫婦のコミュニケーション、大事です!

 

柔軟な対応を

基本的な役割分担をしたら、お互いに自分の役割を果たすことができない場合は、柔軟に補い合いましょう。また掃除に関しては休日に二人でしたり、子どもを夫が連れ出して遊ばせている間に、妻が掃除をするといった役割分担をすることもできます。必ずこれをこうしなければならないというのでは、出来なかった時のイライラが大きくなってしまい、夫婦の衝突につながってしまいます。だからガチガチに「これはあなたの役割でしょ!」というのはせず、柔軟な対応をした方がうまくいきますよ。夫婦の思いやり、大事です!

 

子育ての役割分担

我が家は、子どもの世話に関してはほぼ私が役割を担っていますが、子育てで何か決定をする時は主人に任せています。どれだけ忙しくても、何かこれだけは自分の役割というのを夫に持ってもらうと、子どもとの関りが途絶えることはありませんし、妻としても「夫は子育てで何もしない」とイライラすることも減りますよ。また、私の子育ての役割として、夫のことを悪く言わないことを大事にしています。

 

「パパ、お仕事頑張ってるね」とか「パパが頑張って働いてくれたお金でご飯が食べられているんだよ」「パパが褒めてたよ」といった、子どもと夫をつなぐことは、私の中でとても重要な役割だと思っています。子どもたちも、パパとの関りがそんなになくても、パパのことが大好きで円満な関係が今のところ築けていますよ。そして子どもを叱る時に、叱るのは自分でフォローはパートナーの役割というのもあらかじめ決めておくと、子どもを叱った後のフォーマでしっかりできます。

 

我が家の場合は、どうしても私が叱ったら夫が私の味方をしてしまうので、夫に叱ってもらって私がフォローをするようにしています。夫婦によって形があると思うので、よく話し合ってみてくださいね。

 

まとめ

子育ては役割分担を決めて、柔軟に対応すると、夫婦のどちらかばかりに負担がかかっているというイライラやストレスにつながりにくくなります。夫婦には夫婦の数だけ役割分担の方法もあるかと思いますので、よく夫婦で話し合って、お互いにストレスのない役割分担ができるといいですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加