新婚の家事疲れが辛い!どうしたらいい?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

新婚の家事疲れが辛い!どうしたらいい?

この記事では、新婚の家事疲れを改善するためには、どうしたらいいのかお話したいと思います。新婚で張り切って家事をしてきたけれど、もう疲れた!という方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

新婚は家事疲れしやすい

私も経験があるのでよくわかるのですが、新婚は家事疲れしやすいです。

家事に慣れていない

結婚を機に家を出て、慣れない家事をするようになったという人の場合は、新婚の家事疲れが出やすいのではないでしょうか。家事は慣れるまでは要領を掴めませんし、時間がかかることも多いです。

 

二人の生活に慣れていない

これまで別々に生活してきて、結婚を機に一緒に住むようになったのであれば、新婚で二人の生活に慣れず家事疲れをすることも考えられます。私も一人暮らしがとても長く、自由で好き勝手に生きてきたので、新婚の時期は同じ空間にずっと人がいるというだけでも疲れました。家事も自分の分だけでなく、二人分になると、ご飯も適当でよかったのがちゃんと作らなければという気持ちになりましたし、自分のペースが乱されて家事疲れしやすかったです。

 

張り切りすぎてしまう

新婚生活で張り切りすぎて、凝った料理を何品も作ったり、掃除も洗濯も完璧にこなそうと頑張りすぎてしまうと、家事疲れしやすくなります。頑張りすぎは良くありませんね。

 

家事分担が出来ていない

新婚だとつい家事は自分がやらなければと意気込んでしまいがちですが、始めに家事分担ができていないと、そのままズルズル妻が家事をするというスタイルが定着してしまいがちです。特に新婚で共働きの場合は、二人無理なく家事分担をしないと、家事疲れしやすくなりますよ。

 

我が家は主人の勤務地が遠方で、朝早くから夜遅くまで働いていたので、家事を分担するまでもなく全て私がしなければなりませんでした。「結婚しても私ばかりやることがいっぱいで、家政婦になったみたい」と悲しくて泣いたことがありますよ。今思えば、ごみ捨てくらいお願いすればよかったなと思いますね。

 

新婚で家事疲れしないためには
家事を分担

新婚でつい張り切ってしまいがちな家事ですが、出来るだけ一緒に暮らす時に家事を分担するようにしましょう。きっちりこの家事をすると決めてしまうと、イレギュラーなことがあって自分の家事が出来ない時に、相手がやって欲しい家事をしなかったら「これくらいやってくれたらいいのに」とイライラしてしまいます。だから先に帰った方がご飯を作るとか、出来る方がするといった具合に、緩く家事を分担して、とりあえずお互いに家事をするという意識を持つようにしてみてはいかがでしょうか。

 

楽する日を作る

新婚で家事の要領が分からない時期は、全てを頑張りすぎてしまいがちですが、意識して“楽する日”を作りましょう。料理が苦手なのに毎回頑張って作るというのは疲れるので、お惣菜の日を作ったり、外食を楽しんだり、無理なくするのがおすすめです。

 

便利家電を活用

最近では、便利な家事家電が多くあるので、上手に生活に取り入れるのもおすすめです。食器洗い乾燥機や全自動お掃除ロボット、乾燥機能付き洗濯機など、家事をサポートしてくれる家電は私たちの生活にとって大きな戦力です。食材や調味料を入れるだけで、本格的な料理を作ってくれる便利調理器もありますし、おすすめですよ。

 

まとめ

新婚の時期はすごく心もウキウキしますし、相手のために“奥さんらしく”尽くしたいという気持ちもわかりますが、やっぱり疲れます。現代は夫婦共働きが多いですし、夫も家事をするのが当たり前という時代に、なりつつありますよね。まずは、新婚の時から夫婦でよく話し合って家事をお互いにする癖をつけましょう。後々の生活で、家事のことで言い合いになったりするのを防ぐことができますし、家事疲れしにくくなりますよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加