子なし夫婦の老後を楽しく過ごすには!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子なし夫婦の老後を楽しく過ごすには!

この記事では、子なし夫婦の老後を楽しく過ごす方法について、お話します。子どもがいないけれど、老後は寂しいんだろうかと不安に思っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

子なし夫婦の老後はさみしい?

子なし夫婦は子どもがいないので、さみしい老後をイメージされる方もいますが、決してそんなことはありません。子どもがいなかったからこそ夫婦でできることもたくさんありますし、夫婦で支え合って過ごしたかけがえのない時間もあります。また我が子のように、ペットに愛情を注いでいる夫婦も多いのではないでしょうか。

 

今は子どもが親を殺したり、親が子どもを殺したりすることが日常的に起きている時代です。子どもを産んで育てたから幸せという、単純な時代ではないのではないでしょうか。ただ、周りの家族に子どもがいて孫がいる生活を目の当たりにすると、寂しい気持ちになるというのも仕方のない感情です。特に配偶者が亡くなった後、一人になってしまったら、寂しさに押しつぶされそうになってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、これもまた、子どもがいても老後の年金生活の親にお金をくれと言ってきたり、暴力を振るわれたり、ほとんど子どもが家に寄り付かず孤独を感じたりする人もたくさんいます。だから一概に子どもがいる夫婦の老後は明るくて、子なし夫婦の老後は寂しいなんてことは、ありませんよ。

 

あえて子どもを産まないという選択をする夫婦も増えている

子どもを望んでいながら、縁がなかったという子なし夫婦がいる一方で、結婚しても子どもは産まないという選択をする子なし夫婦も多いです。私の周りにもいますが、子どもがいないことで、その分夫婦で楽しく過ごすことができるということにメリットを見出しているようですね。確かに子どもを育てることはお金がかかるので、その分のお金が必要なくなり自分たちのために遣うことができるとなると、夫婦で充実した時間を過ごすことができるかもしれません。

 

子なし夫婦が老後を楽しく過ごすために
介護が必要となった時のことを想定しておく

子なし夫婦は、介護が必要となった時に世話をしてくれる子どもがいないので、どうしても自分たちで老々介護になりやすいです。パートナーに介護が必要になったけれど、人に相談できず自分で抱え込んでしまい、虐待や心中といった最悪の結果にもつながりかねません。だから、介護が必要となった時にどこに相談をすればいいのか、あらかじめ調べておくと安心です。

 

介護なんてまだ先なんて思っていても、中年期に突入すると生活習慣病から脳梗塞を発症して、麻痺になってしまったりということも十分考えられます。若年性認知症を発症する可能性だってありますよ。老後楽しく過ごすためにも、まさかの時に適切な行動ができるよう、調べておきましょう。

 

自分の居場所を作る

老後、パートナーに何かあった時、孤独を抱えていくのは寂しいですが、そんな時自分を受け止めてくれる居場所をさがしておくのがおすすめです。一人になると、居場所がなければ家に閉じこもりがちになってしまい、認知症を発症するリスクが高くなってしまいます。自分の趣味を共有できるサークルや、自治体が実施している集いなどに積極的に参加して、顔なじみを作ったり、自分の居場所を作るようにしましょう。

 

ペットをかわいがる

老後になって、子どもがいないことを寂しく思うのであれば、ペットを飼ってかわいがるのもおすすめです。ペットは癒しを与えてくれます。アニマルセラピーがあるくらいですから、動物にはとても素敵なパワーがあるのでしょうね!老後ペットを飼うことは、もしかすると自分が先に死んでしまうかもしれないという不安もありますが、ペットよりも先に死ぬわけにはいかないという生きる糧にもつながりますよ。ただ、もしも万が一のことがあった時、ペットを引き受けてくれるところも探しておく必要はあります。

 

たくさん夫婦で過ごす

老後だからこそ楽しめる世界はたくさんあります。夫婦で習い事をするのもいいですし、定期的に旅行に出かけるのもいいですね!いろんなところに行って、色んなものを見て、また次の日から元気に生きる気力につなげましょう!

 

子なし夫婦の老後は、相続に注意!

通常子どもがいる夫婦の場合は、もしも夫が亡くなった場合、子どもと妻それぞれが夫の財産の2分の1ずつを相続することになっています。でも子なし夫婦の場合は、もしも夫が亡くなった場合、夫の親(親がいない場合は夫の兄弟)と妻が相続することになっているんです。夫の親や兄弟との関係が良好で、ぜひ相続してもらいたいというのであれば問題はありませんが、長年夫と一緒に蓄えてきた財産を疎遠な夫の親や兄弟に渡すのは嫌だという場合は、公的な遺言書を元気なうちに用意しておくのがおすすめですよ。

 

まとめ

子なし夫婦は子どもがいないから寂しいという気持ちももちろんあるかもしれませんが、それでも楽しく老後を過ごされている夫婦はたくさんいます。子どもがいても幸せではない夫婦もたくさんいるので、一概に子なし夫婦の老後が寂しいなんて決めつけは、そもそもおかしいですよね。若いころからしっかりお金を貯めて、老後を楽しく過ごしましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加