新婚生活がしんどい!どうしたらいいの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

新婚生活がしんどい!どうしたらいいの?

この記事では、新婚生活がしんどい時どうしたらいいのかについて、お話します。想像していたよりも新婚生活がしんどいと感じている方は、息抜きがてらちょっと参考にしてみてくださいね!

 

新婚生活がしんどい
慣れない家事

結婚して、家事の分担に偏りがあったりするとしんどいです。実は私も新婚生活がしんどくて泣き続けた一人です。新婚当時の我が家の通勤時間は、主人が片道電車で1時間半、私が片道車で5分かかっていました。だから必然的に私が家事をすべてやっていました。長年一人暮らしで自由気ままに生活していた私にとって、家事が増えるというのはただただ不満でしかなく、「結婚したメリットって何?」とすごくしんどかったですね。

 

他人との生活

長く一人で気ままに暮らしていた人にとっては、他人との生活は気を遣うし距離感が近すぎてストレスに感じることも少なくありません。

 

思っていた感じと違う

いざ結婚すると、付き合っていた時と全く違って何もしないし、考え方も金銭感覚も違って不安でしんどいと感じる方もいるのではないでしょうか。付き合っている時はいいところしか見えていなくても、一緒に暮らすようになると、そうもいきませんよね。

 

お互いの実家との付き合い

付き合っている時には、特にお互いの実家なんて関係なかったと思いますが、結婚することによってお互いの実家との付き合いが必要となります。大事なパートナーを産んで育ててきた家族ですから、できるだけ良好な関係を築きたいところですが、干渉が激しくあたりの強い義実家の場合は、窮屈でしんどいと感じることも多いかもしれませんね。また義両親と同居することとなると、自分の時間が減ったり慣れない他人との暮らしが余計にしんどく感じてしまいます。

 

解決法は?
話し合い

新婚生活でしんどいなと思ったら、ため込まずにしっかりパートナーと話し合いをする必要があります。家事が片方に偏っているのであれば、激務で家事に関わることができないパートナーの場合だと、出来ることを少しでも関わってもらうといいのではないでしょうか。また、相手に自分の気持ちを聞いてもらって、自分がどう思っているのかわかってもらうだけでも、気持ちがちょっと軽くなるかもしれませんよ。

 

意見を出し合ってすり合わせていく

夫婦で生活しながら、「ここまでなら許せる」「ここは譲れない」という風に、お互い尊重し合いましょう。少しずつお互いの意見をすり合わせながら、生活を確立させる必要がありますよ。そのためには、自分の意見ばかり押し付けてばかりでは、夫婦生活は成り立ちません。ずっと一緒に生活していくことを考えるのであれば、お互いに歩み寄るという姿勢も必要です。

 

時間が解決

お互い赤の他人同士が一緒に暮らすわけなので、始めのうちはすれ違うことやぶつかることも多いかと思います。ですが一緒に生活をしていくうちに、お互いの関係性が出来てきます。だから、話し合いを重ねたりお互いに意見をすり合わせていくことで、時間が解決してくれる部分もあるかもしれませんよ。

 

実家はそれぞれが対応

義実家との関係に悩む方は、相手の実家のことも自分がすべて関わらなければと思っているのではありませんか?それはすごくしんどいです。それならば、お互いに自分の実家の両親への対応は自分がすると決めた方が楽ですし、うまくいきやすいですよ。

 

我が家も新婚当時はすべて私が関わるようにしていましたが、今は主人の実家のことは主人が関わるようにしてもらっています。私の気持ちも楽ですし、義両親も息子とつながっている感じを喜んでいるようですね。もちろん、私も義両親とよく話をしますし悪い関係ではありませんが、何か取り決めたりお願いすることがあれば、主人から言ってもらっていますよ。

 

まとめ

新婚生活は環境が変化するので、大好きな人と一緒に暮らすことが出来るという喜びと同じくらい、戸惑いもあったりします。他人同士が一緒に暮らすのだから、当たり前と言えば当たり前です。ただ、新婚の時の“しんどい”を放置して関係を築いてしまうと、結局パートナーに対して不満を持ったまま年月が過ぎてしまうので、あまりおすすめではありません。

 

始めだからこそ、しっかり話し合いってすり合わせながら、素敵な関係を築くことが出来るといいですね!しんどい時はしんどい気持ちを、相手に伝えてください。特に、男性に対しては“気づいて欲しい”が通用しませんよ。頑張りましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加