夫との行為が辛い!どうしたらいいの?

夫との行為が辛い!どうしたらいいの?

この記事では、夫との行為が辛い時とうしたらいいのかについて、お話します。夫婦仲は良いけれど、どうしても夫との行為が辛くて困っている、また夫との関係が悪く行為が辛いという方は良かったら参考にしてみてくださいね。

 

夫との行為が辛い!

好き合って結婚して一緒に生活をしてきたけれど、夫との行為が辛くなってしまって悩んでいるという方はとても多いのではないでしょうか。原因は色々あるかと思いますので、いくつか例を挙げてみましょう。

 

  • 行為そのものが嫌
  • 夫が自分本位過ぎて嫌
  • 疲れていてしたくない
  • 痛みがあり苦痛
  • 全くそんな気になれない
  • 夫を異性として意識出来ない
  • 暴力的な行為が辛い

 

夫との行為が辛いと感じるのは、そもそもそういった行為が嫌という人もいるでしょうし、生活していく中で夫とするのが苦痛と感じてしまう何かがあったというケースが多いです。ですが、自分はしたくなくても夫はしたいという場合、性の不一致で夫婦仲が悪くなってしまうことがありますし、実際我慢して夫との行為をしているという人は少なくないのではないでしょうか。

 

どうしたらいいの?
何が嫌なのか、根本となる原因を探る

夫との行為の何がそんなに嫌なのか原因を探りましょう。なんとなく嫌だと思っていたけれど、実は夫の日常の態度が嫌で、行為の最中もそういった態度が出ていて嫌だという場合もあるかもしれません。また、自分は家事や育児、仕事も全部しているのに夫は仕事から帰ったらゲームや自分の時間を楽しんで、その上自分に行為を強要してくるのは納得出来ないという気持ちがあるかもしれませんよね。

 

実は、私はこのケースでした。何で自分中心の夫に付き合って、言われるがままに行為をしなければならないのかと思ったら、腹が立ちましたね。それに気が付いてから、気が乗らない時は断ったり、家事や育児を夫が自主的にしてくれた時はするというような方向に持っていきました。私自身の気持ちもかなり楽になりましたよ。

 

原因が分かれば必要に応じて話し合う

夫との行為が辛い原因が分かった場合、それが夫の日頃の言動が原因だったり、自分が疲れていて大変ということであれば、話をしましょう。セックス自体に不満があり、夫が自分本位で暴力的という場合は、「自分はこういうセックスの方が好きだ」ということをはっきり伝えなければ、男性は分からないです。

 

実際AVの影響で激しく暴力的なセックスを女性は好むと思っている男性は、すごく多いのではないでしょうか。自分の嫌なことは嫌としっかり伝え、その代わりに「こういう方が好き」ということを伝えてみてくださいね。

 

痛みは原因を考えて解決する

セックスの際に痛みを感じることで苦痛と感じているのであれば、ローションを使うなど痛みを軽減するための対策を考えてみましょう。夫の乱暴な行為が原因の場合は、ストレートに夫に言わなければ伝わりません。しっかり伝えて改善を求めましょう。

 

デートをしてみる

夫とセックスをする気持ちになれないというのであれば、一度デートをしてみてはいかがでしょうか。手をつないだりスキンシップを取ったりすることで、ちょっとドキドキするかもしれませんよ。実家や義実家が近ければ預かってもらって二人の時間を過ごしてみてくださいね。

 

性的なDVは離婚も視野に

夫婦間のセックスの相性は、離婚の原因にもなりかねません。セックスはそれくらい大事な行為です。ですから夫との行為が辛いと思っている原因が、夫の自分本位な行為が原因で、それを夫が理解できないないという場合は大問題です。何も気づかない夫は、不倫をしたり、それが原因で夫婦の離婚にもつながりかねません。

 

もちろん、もう夫と結婚生活を送るのは無理と思っているのであれば離婚を視野に入れて話し合えばいいですが、夫との行為以外は不満がなくこれからも一緒に生活していきたいというのであれば、よく話し合った方がいいですよ!

 

ただし、明らかに行き過ぎたセックスを強要したり、嫌がっているのに強姦のようなことをされたりすることが続き苦痛に感じているのであれば、それは性的なDVです。夫婦生活を人に相談するのは恥ずかしいという気持ちも分かりますが、自分が我慢して耐えなければならないということは絶対にありません。DV相談を請け負っている機関が自治体にはありますので、問い合わせて相談をしてみるのも一案です。

 

まとめ

夫との行為が辛いという女性は、口に出せないけれど多いのではないでしょうか。今後も夫と夫婦としてやっていくのかどうか、夫から性的なDVを受けていないか冷静に考え、対処を考えましょう。