夫婦間の不満は相手にどうやって伝えたらいいの?

夫婦間の不満は相手にどうやって伝えたらいいの?

この記事では、夫婦間の不満を相手にどう伝えるのかについて、お話します。夫婦間の不満の伝え方が分からず困っているという方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

夫婦間の不満の伝え方が分からない

夫婦間の不満の伝え方を間違えてしまうと、大きなわだかまりになってしまったり、夫婦間に大きな溝が出来てしまったりしてしまうことになります。ですから、夫婦間の不満の伝え方は、よく考える必要があります。では、夫婦間の不満を相手にどう伝えればいいのでしょうか。

 

夫婦間の不満を相手に伝える時の注意点
感情的にならない

感情的になって夫婦間の不満を相手に伝えてしまった場合、ヒステリックになっていると受け取られ、適当に聞き流されてしまうことが考えられます。ヒステリックな状態では話し合うことができません。感情的にならないよう、まず深呼吸をして冷静に不満を伝えるようにしましょう。

 

一方的に不満をぶつけない

一方的に不満をぶつけてしまっては、相手は萎縮してしまったり、自分の話を聞いてもらえないとあきらめてしまったりしてしまいます。一方的に不満をぶつけないで、不満を解決できるよう話し合いができるといいですね。

 

人格を否定するような言葉は遣わない

夫婦間の不満を相手に伝える場合、人格を否定するような言葉は遣わないようにしましょう。「だからあなたはダメなのよ」というような言い方をしてしまうと、深く相手を傷つけますし、それによって夫婦間の信頼関係はなくなってしまうかもしれませんよ。

 

無視するなど、態度で示すのはNG

夫婦間の不満を相手に察知して欲しいからと、無視するなど態度で示すのは良くありません。言葉にして明確に相手に伝えなければ、まず伝わらないです。意固地になって、どんどん自分の気持ちを伝えるきっかけを失ってしまいますよ。

 

他の夫婦や家族との比較はNG

よく隣の芝生は青く見えると言いますが、他の夫婦や家族と比較しても仕方のないことです。他の旦那(奥さん)と比べられていい気はしないですよね。じゃあその人と結婚すればいいということになってしまいます。ですから、他の夫婦や家族との比較はしないようにしましょう。

 

夫婦間の不満の効果的な伝え方は?

夫婦間の不満は感情的にならず、冷静に相手の話を聞きながら伝えましょう。
一方的に自分の不満を伝えるのではなく、まず深呼吸をして自分の伝えたい不満を整理してから伝えるようにしてみてくださいね。自分の不満を伝え、相手の話を聞き、話し合うことによって夫婦間の不満を解決することができるかもしれませんよ。

 

まとめ

どうしても夫婦間の不満は一方的に相手にぶつけがちですが、話し合う気持ちを持っていれば、夫婦間の不満を解決することができるかもしれません。まずは冷静に、相手と対話をすることを意識して不満を打ち明けてみてください。